Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年10月号
    実話BUNKA超タブー2022年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    特集:世界の陰謀のすべて ▼ベンジャミン・フルフォードが暴露 コロナ大流行も起こした欧米旧権力 ハザールマフィア ▼人気YouTuber&芸人が世界の真相を解説 コヤッキースタジオ 世界ミステリーch コミックパンダ ジャックのゆっくり解説室 極太ダイナマイト SHINGEN ワンダーウォール! イチゼロシステム ナナフシギ THCオカルトラジオ MATT もてぃす おみそちゃんねる 太郎(大人ノ学校) URASEKI キック くろ丸。 御茶ノ水ゆにばーす 中沢健(UMA評論家) ▼統一教会と戦っていた安倍晋三を殺した闇の組織 ▼広島・長崎に原爆が落とされた本当の理由 ▼三浦春馬の死と芸能界の搾取システム ▼ウクライナにナチスは存在した ▼マイクロチップ埋め込みによる人類家畜化 ▼歴代天皇が唱え続けてきた謎の言葉 ▼茨城県牛久市でプテラノドンが目撃 ▼世界から孤立した言語 日本語 ▼大仙古墳立入禁止の真実 ▼浮世絵に描かれたスカイツリー ▼コロナ流行もサル痘流行もビル・ゲイツに予言させた支配者層 ▼Web3.0がもたらす格差社会 ▼氷河期到来で人類はメタバース生活 ▼漫画『ワンピース』が示唆 サル痘による有色人種抹殺計画 ▼長篠の戦いを勝利に導いた六芒星の一族 ▼日常に潜む悪魔の数字 ▼東京のち家空間の謎 ほか ◎まんが 罪に問われない呪い代行ビジネス/Jリーグに忍び寄る賭博マフィアの闇 ※今号は特集号につきコラムなど一部企画をお休みしていますが、 次号は通常号に戻ります。

  • 実話BUNKAタブー 2022年11月号
    実話BUNKAタブー2022年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼ネトウヨが喧伝する偉大な業績とやらを再検証 安倍元首相は本当に国葬に値するのか▼銀座ホステス性加害で絶体絶命の香川照之 でも本当の悪は店で間違いなし!▼東京五輪を牛耳った挙げ句逮捕の末路 元電通高橋治之が溺れたカネと権力と女▼ 統一教会だけじゃない 宗教とズブズブ IQ不足荻生田光一という政治家▼中国は台湾をどう攻める? 日本が対中最前線になる時▼高橋元理事長逮捕でハッキリした巨大利権 五輪ビジネスの腐敗と終焉 日本は一刻も早く手を切れ▼怒り心頭の創価学会は選挙協力を解消か 統一教会問題打開のために解散なら落選危機の大物議員▼元信者の多田文明が経験した勧誘&教義&集金活動&合同結婚式 なぜ統一教会に多くの人が騙されたのか?▼「政治の力」に屈服したエセ報道機関 テレビ朝日が統一教会批判に及び腰な理由とは▼過酷な人生を強いられるのは統一教会2世だけじゃない 創価学会2世が直面する苦悩▼江ノ島の水着ギャルに安倍国葬の是非について聞きました

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2022.09.16(金)

鬼邪高校全日制に通う轟洋介くんが少し大人になっていたこと~ 映画『HiGH&LOW THE WORST X』を見て:ロマン優光連載221

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第221回 鬼邪高校全日制に通う轟洋介くんが少し大人になっていたこと~ 映画『HiGH&LOW THE WORST X』を見て

 先日、ハイローシリーズ最新作 『HiGH&LOW THE WORST X』を見に行ってきたのですが、非常に良かったです。
 LDHが製作する不良バトルアクション・ハイローシリーズがどんなものであるか、どのような変化を遂げてきたかについては、本連載の過去記事

(・極私的『HiGH&LOW』の楽しみ:ロマン優光連載65 https://bucchinews.com/mobile/subcul/5888.html
・鬼邪高校全日制に通う轟洋介くんのこと~ 映画『HiGH&LOW THE WORST』 を見て~:ロマン優光連載146
https://bucchinews.com/subcul/6550.html
を参考にしていただけるとありがたいですが、おそろしく簡単にまとめると、3次元化された不良漫画です。不良漫画を実写映画化とかではなく、3次元で提示された不良漫画そのもの、それがハイローシリーズです。

 不良漫画界のエースの一人である髙橋ヒロシ先生の代表作・『クローズ』シリーズとのコラボ作品であり、映画としては二作目にあたる本作。前作 『HiGH&LOW THE WORST』以上にヒロシ色が強く、初期ハイローに比べるとストーリーや台詞や演出などドラマ部分の破天荒さやめちゃくちゃさはほぼ影を潜めています。超人バトルと不可解な出来事と発言の連続だったオリジナル・ハイローに比べると、登場人物の強さや起こる出来事もヒロシ的な常識の範疇におさまりがちで、従来のハイローファンの中には寂しさを感じる人もいるようです。こころなしか、辻と芝マンのテレパシー描写も少なかったような気もします。
 初期のハイローシリーズのめちゃくちゃさは、作り手がよくわからないまま初期衝動で突っ走った結果として生まれたものであり、それは確かに従来の映画のルールを大きくはみ出した魅力的なものでした。
 演奏技術もあまりなく、曲の作り方も録音方法もよくわからず、やる気にまかせて造り上げたパンクバンドの1stアルバム。それが今まで聴いたことないくらいめちゃくちゃで最高なサウンドで溢れている。初期ハイローの魅力はこれと同じです。ただ、人間というのは同じことを続けていくと学習してしまう生き物です。初期衝動だけだったからこそ成立した奇跡を繰り返すことは出来ません。だんだん、ちゃんとしていくのは仕方がないことです。意図的にかっての自己を模倣しても同じようにはならないし、逆に鼻についてしまう場合も多いわけで。
 かっての奇妙さは影を潜めつつも、凄まじい集団バトル、横に並んで行軍してくる様子、不良たちの生き生きとして描写といった元からキャッチーな部分はそのままに、シナリオやドラマ部分の演出は丁寧さを増し、いい意味でわかりやすさが出てきたし、これはこれでいいんだと自分は思ってます。
 本来ハイローは、HIROさんが『クローズ』シリーズを映画化したかったものの諸事情で実現化できなかったことから、自前で『クローズ』のような作品をつくろうとして生まれたという経緯があり、本作の主人公・ 花岡楓士雄たちが通う鬼邪高校は『クローズ』の舞台となる鈴蘭高校の影響が非常に強い存在です。本家・鈴蘭が登場するにあたり、二者の差別化をどうするのかというのが気になるところ。定時の村山さんにしろ、全日の楓士雄にしろ、なんだかんだ愛されるリーダーがいて一本化(定時と全日は別もんなんで、そこはまとまらないですが)されている校風の鬼邪高。それに対して、鈴蘭最強の男・ラオウの派閥は人数的には最小派閥で他の派閥の連中が平気でラオウ派に突っかかっていくという描写をわかりやすく入れることで鈴蘭の本気のめんどくささを表現し、両者の違いを簡潔に見せていて上手いなと思いました。こういうところが今のハイローの良さなんだと思います。
 一応「作品」解説みたいなものを書いてみましたが、個人的には登場人物とバトルがかっこよかったので、それだけで別にいいのです。というか、そういう話じゃなくて、どっかの平行世界で実際に生きているかのように生き生きと魅力的な連中の話がしたいだけなのです。というわけで、ここから先の話はネタバレに繋がる可能性があるので、それが嫌な人は読まないでください。

 ラオウをはじめ、鈴蘭がかっこよくて安心した。特にマーシー。
 看護士さんに従順なところをはじめ、清史が全編に渡りかわいい。
 ジャム男が「殴った」ではなく「人を叩いた」というのが人柄の良さをうかがわせる。
 冷飯を食わされ続けていた司にようやく見せ場が。
 今回、楓士雄はチャリはパクらなかったが、マーシーのアイデアをパクっていた。
 サボテンの全てがゲスで何のいいところもなく小悪党としての矜持を見せつけていて、非常に良かった。
 須嵜が切ない。雌雄が決した後、何があっても天下井のことを決して裏切らない人間が存在することを天下井に証明するために、たった一人で勝ち目のない勝負に挑む須嵜が切ない(勝負はついたのだから別に帰ってもいいのに須嵜の気持ちを受け止めるために対マンをうける楓士雄は本当に成長したと思う )。道を間違えた天下井に対して最後まで怒鳴ったりせずに敬語であり続け、友達からやり直そうと訴える須嵜が切ない。とにかく須嵜が切ない。
 風神・雷神と辻・芝マンのタッグ屋同士のバトルが見たかったし、轟戦も見たかった。

 色々とあるわけですが、なんといっても轟でしょう。
 まず、轟の成長ぶり。あの対人コミュニケーション能力ゼロだった轟が趣味を通じて友人ができたり、仲間のことを思うようになった成長ぶりには胸が熱くなりますね。
 あとね。轟が全くかわっていないところ。あの流れで楓士雄に頭を下げられたらわかりそうなもんなのに、自分がもういらない子になってしまったと思ってしまう空気の読めなさ。すごく轟です。
 あの場面のいいところは他にもあります。ワナだから行くな、戦略を考えろ的なことをいう轟ですが、具体的なアイデアは全く出てきません。それに比べて、轟にちゃんと考えろと言われていた楓士雄ですが、 佐智雄からの手紙(あれは何かあったら助けてくれが本題ではなく、何かあったら頼れというのをさりげなく恩を売らない形で言ってあげてるのでは。さっちーは気を使える男) があったとはいえ、適切な行動をとっているんですよね。楓士雄の方が実は賢く、轟は眼鏡をかけてるから賢そうに見えるだけの人だというのが伝わってきて、非常に良い轟です。
 かっての轟のファイトスタイルの特徴としては格ゲーの拳法のような動きがあったのですが、今回は見ることができません。そこに寂しさを感じた人は多いことでしょう。
 しかし、心配はいりません。あれには理由があるのです。
 かっての轟は他人の気持ちなど考えることもなく、ひたすらゲームを見ながら体を鍛え不良を叩きのめすという自己完結した生活を送っていました。しかし、村山さん、辻・芝マン、 楓士雄たちとの出合いによって仲間というものに目覚めていった轟。他人の心にも想いを寄せるようになっています。今回の騒動のきっかけの一つに、轟が不良狩り時代に風神・雷神を無慈悲に叩きのめしてしまったこともあり、そういう過去の自分に後悔があるのは間違いありません。
 その結果、自分より確実に弱い相手には自然と全力をぶつけることができなくなった、ようするに格ゲームーブを使うことができない体質になってしまったのではないでしょうか。だから、ファイトスタイルが変わってしまったのです。
 しかし、心配はいりません。今回登場した人物の中で唯一オリジナル・ハイロー、しかも琥珀さんクラスの力をもつ男がいます。鈴蘭のラオウです。完全に規格外であるラオウ相手ならリミッターを外した戦いができるはずなのです! 多分、そう! しかし、過去の轟のファイトで考えると、琥珀さんクラスには勝てる可能性は少なく、何とも複雑な気持ちに…。しかし、轟が轟らしければ自分は何でもいいのです。

『HiGH&LOW THE WORST X』と轟は本当に最高だし、とにかく須嵜が切ないので見た方がいいと思います。

(隔週金曜連載)

映画『HiGH&LOW THE WORST X』大ヒット上映中
(C)2022 「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 
(C)髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

【著者新刊のお知らせ】コア新書_030『嘘みたいな本当の話はだいたい嘘』(ロマン優光)発売:コアマガジン
紙の新書は全国の書店・ネット書店で。電子書籍は各サイトで順次発売。プレゼントにも喜ばれます!(実際、某A販売店では欲しい物ランキングに入ってます)なお、以下のURLには各ネット書店のリンクが掲載されています。

コアマガジンHP・一般 
https://bit.ly/3ChRAxV

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書5作 全作電子書籍版があります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。

新刊 コア新書『嘘みたいな本当の話はだいたい嘘』
https://books.rakuten.co.jp/rb/17220159/

既刊『90年代サブカルの呪い』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
既刊『SNSは権力に忠実なバカだらけ』https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
既刊『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
既刊『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

★「実話BUNKAタブー」では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 発売中11月号のテーマは『中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?』。コンビニや書店・ネット書店で!

★ロマン優光、太郎次郎社エディタスのWebマガジン「Edit-us」での連載をまとめた単行本がまもなく2022年9月末頃発売予定。以下から予約可能!一緒に買ってね!
https://books.rakuten.co.jp/rb/16982369/

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ ゆるゆるベイスターズファン 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6