Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年8月号
    実話BUNKA超タブー2022年9月号

    コンビニ・書店で8/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    安倍元首相銃撃容疑者の殺害動機に日本が震撼 統一教会だけじゃない日本を喰い物にするおぞましい宗教・カルト/歴史に名を残したい男安倍元首相の暗殺は本当に非業の死なのか?/不健康デブから人気の夏の新定番 ラーメン二郎系冷やし中華全部まずい/統一教会と安倍元首相暗殺 日本中が山上容疑者の掌で踊らされているという危険/安倍の死が炙り出したマスゴミと醜悪なコメンテーターたち/理系コミュ障どもがネットで大絶賛の痛々しさ auの大規模通信障害を絶対に許してはいけない理由/セブン・帰マン・A・タロウ・レオ・80 昭和ウルトラマン全作つまらない/自民党内勢力図の変化で再来年夏にも総選挙か 安倍派が分裂し岸田・麻生・茂木の3大派閥と菅が対立/こんな奴らに国防を託せるのか?レ◯プ・セクハラ・陰湿ないじめが常態化 自衛隊がひた隠す腐りきった実態/未成年売◯が横行し立ちんぼスポットは梅◯だらけ S◯◯と犯罪が蔓延る街 令和歌舞伎町のヤバい実態/新人グラドルがガチ検証100円ショップの冷感グッズって本当に涼しいの?/新法のせいで大ピンチ ビデオで今後観られなくなる9ジャンルの必見作品/不美人が多い都道府県×10 不美人が少ない都道府県×5/辛い! まずい! 酸っぱい! 甘い! 臭い! 色々な世界一の食べ物を食べてみた/ガーシー、山本太郎、しみけん、新庄剛志、松崎しげるほか色黒で素敵な有名人男性名鑑

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 御守ミコ(きのホ。)他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2022年10月号
    実話BUNKAタブー2022年10月号

    8/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼統一教会と創価学会はいかにカネを稼いでいるのか 日本人が理解してない宗教と政治とカネの三角関係 ▼バカな愚民たちに暗殺の模倣はできない 報道されない山上徹也の素顔 活かされなかった高い能力 ▼山上徹也、加藤智大…就職氷河期が凶悪犯罪の原因だという妄想をするバカ ▼一貫性のない発言を連発し失笑を買うデタラメとすり替えの女王 自称国際政治学者三浦瑠麗の絶望的な知性 ▼経済対策も外交も大失敗 安倍晋三の功績は全て虚像国葬に値しない非道政治家の姿 ほか

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 小田嶋隆を追悼してみた

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2022.08.05(金)

自分の名前を冠したフェスを開催する神経:ロマン優光連載218

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第218回 自分の名前を冠したフェスを開催する神経

 編集氏から「個人名をそのまんまつけたフェス、最近あるじゃないですか。例えば、やついフェスみたいな。ダサく感じるのですが、あれ、どんなんでしょうね。普通に受けられてんですかね」というメール。
「いや、そんなのどうだっていいよ。俺、そもそもフェス自体に興味ないし…。そういうつくりの名前のフェスがあっても、別にかまわないのでは」と思ったものの、これは仕事である。仕事である以上は考えなければならない。

 おそらく、編集氏の言いたいことは「自分の名前をつけてフェスとか、自分の趣味の良さをひけらかして自己顕示欲を満たしてる感じがイタい」と感じるということなのであろう。果たして、個人名を冠したフェスはそういうものなのだろうか?
「三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス」の場合、ニッポン放送の山下さんがメイン・パーソナリティーを勤める番組から出てきたライブイベントであり、番組ファン・山下さんのファンに向けたイベントなので山下さんの名前がフェス名に付いていても普通だろう。
 小籔千豊氏の「コヤブソニック」。酒席で盛り上がったフェス話を実現化させたというフェスである。小籔氏の名前を出さなくても、別に音楽フェスなんて成立するのではないかという考えもあるが、フェスはやるのに金がかかる。有名タレントの小籔氏の名前を前面に出すことで協賛がとりやすいというメリットがあるわけである。
 安田大サーカスのクロちゃんの名前を冠した「クロフェス」。クロちゃんプロデュースのアイドルフェスということになっているが、これは非常に不自然な企画だ。TBS『水曜日のダウンタウン』の番組内企画でアイドルグループ・豆柴の大群をプロデュースすることになったクロちゃん。その流れからのアイドルフェス開催のように見えるが、主催の一つにテレビ朝日の名前がある。TBSではないのだ。
 それはともかく、アイドルフェスを開催したい会社がテレ朝を巻き込むために彼の名前を使った、テレ朝と共同主催のアイドルフェスを開催を考えていた会社が世間に対する宣伝効果を考えて彼の名前を使ったとかいう感じで、クロちゃんから出てきた企画ではないだろう。名義貸しみたいなものなのではないか。
 こう考えていくと、番組発という正統な理由や、大人の事情によって名前が冠せられてる場合がほとんど。基本ファンであったり、大人の事情を理解して参加する人だったりで問題視する人はあまりいないのではないか。
 インディー規模でも個人名が冠せられたフェス形式のライブは色々あるだろうが、諧謔まじりに名付けたられたものがほとんどだろうし、主催も界隈の人に愛されてるよう人である場合が多いだろうし、身内で楽しんでるだけの話で別になんでもないというか。

 やついフェスをわざわざ例としてあげてくることから考え、編集氏が個人名がつけられたフェスに反感があるのは、単に「やついフェス」、あるいはやついいちろう氏に対する否定的なイメージがあり、それゆえに他のフェスまで偏見の目で見ているのではないだろうか。編集氏の中のやつい氏のイメージの悪さが、私にこのような取り組むことに難しさを感じさせる原稿を書かせる原因になったとすれば、迷惑な話だ。しかし、やつい氏のイメージが編集氏の中で良くならない限り、編集氏の個人名を冠したフェスへの反感は無くならないのかもしれないし、やついフェスに関わる原稿依頼はこれからもあるのかも知れない。え、お前がやついフェスをそう思ってるから、そういう風に解釈したのではないかですって? いや…そんなことはないと思います…。

 確かに別の理由で編集氏がこだわっている可能性もある。田中フェス、小林フェスみたいに名前とフェスという言葉が並ぶのが言語感覚的に許せないという話だったのかもしれない。そうだとすれば、それこそ他人には何ともいいようがないのである。

 こういう依頼を受けて記事を書いたことで、「個人名を冠したフェスについて触れながら特に否定的なことを言わないのは、ロマン自身が好きなアイドルを集めてロマンフェスをやろうとしている」という疑いをかけられたらどうようという不安でいっぱいだ。お金も人望も知名度もないから、そんなフェスやるの無理! 無理だから!

(隔週金曜連載)

画像:クロフェスのロゴ(2020年のもの)
主催:ライム・ライト/テレビ朝日
プレスリリースより

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書4作 すべて電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。また、コアマガジンでも9月にコア新書「嘘みたいな本当の話はだいたい嘘」を準備中です。ネット書店では予約できる所もあるので是非ご予約ください。
↓楽天ブックスで予約

https://books.rakuten.co.jp/rb/17220159/

『90年代サブカルの呪い』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
『SNSは権力に忠実なバカだらけ』https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

★「実話BUNKAタブー」では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 発売中9月号のテーマは『参政党というバカ組織』。コンビニや書店・ネット書店で!

★ロマン優光、太郎次郎社エディタスのWebマガジン「Edit-us」での連載からの単行本がまもなく2022年9月発売予定。以下から予約可能!
https://books.rakuten.co.jp/rb/16982369/

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで予約
(タイトルは変更になることがあります)




アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス ゆるゆるベイスターズファン アイドル フジテレビ 童貞 NHK DVDレンタル
Powered by Vivvo CMS v4.6