Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年8月号
    実話BUNKA超タブー2022年9月号

    コンビニ・書店で8/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    安倍元首相銃撃容疑者の殺害動機に日本が震撼 統一教会だけじゃない日本を喰い物にするおぞましい宗教・カルト/歴史に名を残したい男安倍元首相の暗殺は本当に非業の死なのか?/不健康デブから人気の夏の新定番 ラーメン二郎系冷やし中華全部まずい/統一教会と安倍元首相暗殺 日本中が山上容疑者の掌で踊らされているという危険/安倍の死が炙り出したマスゴミと醜悪なコメンテーターたち/理系コミュ障どもがネットで大絶賛の痛々しさ auの大規模通信障害を絶対に許してはいけない理由/セブン・帰マン・A・タロウ・レオ・80 昭和ウルトラマン全作つまらない/自民党内勢力図の変化で再来年夏にも総選挙か 安倍派が分裂し岸田・麻生・茂木の3大派閥と菅が対立/こんな奴らに国防を託せるのか?レ◯プ・セクハラ・陰湿ないじめが常態化 自衛隊がひた隠す腐りきった実態/未成年売◯が横行し立ちんぼスポットは梅◯だらけ S◯◯と犯罪が蔓延る街 令和歌舞伎町のヤバい実態/新人グラドルがガチ検証100円ショップの冷感グッズって本当に涼しいの?/新法のせいで大ピンチ ビデオで今後観られなくなる9ジャンルの必見作品/不美人が多い都道府県×10 不美人が少ない都道府県×5/辛い! まずい! 酸っぱい! 甘い! 臭い! 色々な世界一の食べ物を食べてみた/ガーシー、山本太郎、しみけん、新庄剛志、松崎しげるほか色黒で素敵な有名人男性名鑑

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 御守ミコ(きのホ。)他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2022年9月号
    実話BUNKAタブー2022年9月号

    7/15発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼就職サイトの「底辺の仕事ランキング」が大炎上 必要不可欠な仕事なのに冷酷な国民と政府から底辺として扱われている仕事▼那須川天心・武尊・朝倉未来なんかがもてはやされる格闘技ブームは子供たちにとって明らかな害悪▼BTSを活動休止に追い込んだ韓国社会の闇▼ウクライナ女性モデルとパーティーだけじゃない 若い白人が大好き!? 楽天三木谷浩史の恥知らず所業とは▼美智子上皇后の雅子皇后への感情が、秋篠宮家のが小室さん問題の原点だった!?▼民度がくて迷惑な集団なのはどっち? プロ野球ファン VS Jリーグサポーター▼山下達郎とシティポップ再ブームの空虚▼値上げラッシュを招いた岸田政権の無能▼「ちむどんどん」の無能ニーニー描写は正しい 沖縄男特有の無職でDQNな生態▼トム・クルーズに騙されるな トップガンに憧れる老害がバカすぎる▼実食調査回転寿司チェーン店激マズ店決定戦▼ウクライナ美女と◯◯Xチャレンジフェミニストがなぜ声を上げないか意味不明 女性性を搾取している悪質な職業▼AV新法で仕事を失う女優たちに訊いたリアルな肉声 誰のためにもならない法律のせいでAV女優という存在が”殺される”!?▼凄いとされている日本の発明全部ショボい インタビュー姫川風子 アイドルはなぜ自◯未遂をしたのか

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 参政党というバカ組織

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2022.06.10(金)

西原理恵子の「暴力」性:ロマン優光連載214

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第214回 西原理恵子の「暴力」性

 生身の人間に関することを書いて人に読ませるという行為には「暴力」が内包されている。ここでしているのは、対象に対して攻撃的だったり批判的であることを不特定多数の前で発言すると相手を傷つけるというような話でもないし、ネットリテラシーとかコンプライアンス的な問題の話でもない。それはまた別に語られるべき話ではあるが、ここで語っているのは違う話だ。
 人間について書くということは、その人を外部から勝手に規定することに他ならない。それは意味を与えることであり、役割を与えることだ。書く側の動機が善意に溢れたものであろうが、本人の意にそぐわないものであれば相手を苦しませることになるだろう。本人が喜んで受け入れたとしても、それが相手の資質にそぐわないものであれば、結果として相手の人生を悪い方に導いてしまうことにもなりかねない。世間に流布された自分ではない「自分」像に苦しんだり、他人が規定した「自分」を自分として受け入れて道を誤ってしまう人がどれだけいることか。書くということは混沌に目鼻をつける行為に陥ってしまいがちであり、対象を褒めていようが愛情がそこにあろうが「暴力」がそこに内包されていることはかわらない。愛情は書くということの無垢や無謬性の担保にはなり得ない。

 これは原則的な話であって、書く側・書かれる側それぞれの資質・才能・方法論・関係性によって、さまざまな着地点があり、たいていは無難なところに落ち着く、あるいは問題に双方も周囲も気づかないまま特にトラブルになることもなく進んでいく。
 西原理恵子氏という人は他人について書くことが内包する「暴力」性に自覚的であり、それを活用してきた人間だと思う。西原氏の場合、他者を描く際に傍観者として描いているわけではなく、自分を中心とした関係性の中で漫画のキャラクターとしての自分を輝かせるためのサブ・キャラクターとして周囲の人間を上手く描いてきた。漫画のキャラクター・サイバラのイメージは現実の西原にフィードバックされる。エッセイ漫画のたぐいはそういう一面があったりするものだが、自分のイメージを現実社会で利益化するための道具として他者を描くことに近年もっとも長けていて、もっとも自覚的にそれをおこなってきた一人は彼女なのではないだろうか?
 そこに描かれているのはキャラクターであって本人ではない。あくまで作者・西原理恵子が都合がよいように脚色され演出された存在だ。その中でももっともいいように使われたのが前夫・鴨志田穣氏だったように私は思っていた。こう見られたいという彼女の願望、彼女のその時々の都合によって、彼は色々な風に描かれてきた。よい話も悪い話も、全て彼に関する事実が反映されているというのはそうだろう。加害者としての鴨志田氏も実際にいたのだろう。しかし、それは事実ではなく、西原氏の都合によって脚色され演出されたものだ。よく描いている時も、悪く描いている時も、その時の彼女の見られたい自分を提示するための小道具として描いているわけで、鴨志田氏自体を描いているわけではない。
 人間・西原理恵子と人間・鴨志田穣の間には色々な想いが互いにあったことだろう。ただ、漫画家・西原理恵子が描いているのは、そういった想いから生まれてくる良いところも悪いところも愛情も憎しみも踏まえた立体的な人間・鴨志田穣の姿ではなく、キャラクター・鴨志田穣がその時々の与えられた役割をはたしている姿のように見える。漫画という表現形態の特色というだけではないように感じる。鴨志田氏自身が書いた文章を読んだり、彼が歩んだ軌跡を思い出すたびに哀しい人だったなと思うし、いつも切ない気持ちになる。彼がやってしまったことで苦しんだ人はいただろうし、許せない人がいるのも仕方ない。ただ、そういう風に生きてしまったこと、生きざるを得なかったことがただ哀しい。

 最近、西原氏・鴨志田氏二人の間に生まれた鴨志田ひよ氏(氏は舞台役者であったり、音源にも参加するなど活動している人であり、今回のTwitterでの対応を見るに、人前に出るという意思のもと現在行動していると感じたので名前を記す)のblogがSNS上で話題になった。西原氏のヒット作『毎日かあさん』で描かれていた家族像を否定する、告発めいた内容であった。話題になったエントリーは消去されているが、その他のエントリーからも母や家族に対する想いはうかがうことができる。
 ひよ氏の書いたものからは色々なことが読みとれるし、様々な立場の人が言及している。普遍的な事象をそこに見いだして社会に問題提起することもできるが、それは多くの人がやっているので、自分はそれをやろうとは思わない。自分が彼女の文章から感じたことは、ただ単に自分の意思と関係なく(拒絶しても勝手に)プライベートを晒され続けたということの辛さだけではなく、自分ではない「自分」が勝手に流布され、そういう「自分」として扱われていくことへの恐怖、自分でない何かとして生きていくことを強いられることへの恐怖だ。それは彼女の父がされてきたことだと彼女は感じているし、彼の死後もそれがなされていると感じているだろう。父は彼女にとって大きな支えであり、自分の良き部分の象徴であるのではないだろうか。彼女の抱いている鴨志田氏像が事実と照らし合わせてどうかということはわからない、しかし彼女にとってはそれは生きていくために必要なものなのだろう。
 一つのエントリーで、彼女は父と血が繋がってないかもしれないということを書いている。それが事実かどうかとかそんなことはわからないし、彼女が何を理由にそう感じたのかもわからない。ただ、重要なのは彼女がそのような言葉をblogに書き付け、人に読んでもらおうとしたことだ。大きな支えである父との関係性への不安を吐露してしまうほどの母に対する苛烈で悲痛な感情に対して、私は言語化して解釈しようとすることもできない。ただ、たちすくむだけだ。

(隔週金曜連載)

【画像】「毎日かあさん」12巻 母娘つんつか編(毎日新聞出版)
※リンク先は楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/13465558/

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書4作 すべて電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。また、コアマガジンでも近く新刊準備中です。

『90年代サブカルの呪い』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
『SNSは権力に忠実なバカだらけ』https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

★「実話BUNKAタブー」では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 発売中7月号のテーマは『トンデモ団体・神真都Qはなぜ支持されるのか』。また、次号8月号は6月16日発売!コンビニや書店・ネット書店で!

★ロマン優光、太郎次郎社エディタスのWebマガジン「Edit-us」での連載からの単行本が2022年9月発売予定(延期されました)。以下から予約可能!
https://books.rakuten.co.jp/rb/16982369/

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで予約
(タイトルは変更になることがあります)




アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス ゆるゆるベイスターズファン アイドル フジテレビ 童貞 NHK DVDレンタル
Powered by Vivvo CMS v4.6