Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年10月号
    実話BUNKA超タブー2022年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    特集:世界の陰謀のすべて ▼ベンジャミン・フルフォードが暴露 コロナ大流行も起こした欧米旧権力 ハザールマフィア ▼人気YouTuber&芸人が世界の真相を解説 コヤッキースタジオ 世界ミステリーch コミックパンダ ジャックのゆっくり解説室 極太ダイナマイト SHINGEN ワンダーウォール! イチゼロシステム ナナフシギ THCオカルトラジオ MATT もてぃす おみそちゃんねる 太郎(大人ノ学校) URASEKI キック くろ丸。 御茶ノ水ゆにばーす 中沢健(UMA評論家) ▼統一教会と戦っていた安倍晋三を殺した闇の組織 ▼広島・長崎に原爆が落とされた本当の理由 ▼三浦春馬の死と芸能界の搾取システム ▼ウクライナにナチスは存在した ▼マイクロチップ埋め込みによる人類家畜化 ▼歴代天皇が唱え続けてきた謎の言葉 ▼茨城県牛久市でプテラノドンが目撃 ▼世界から孤立した言語 日本語 ▼大仙古墳立入禁止の真実 ▼浮世絵に描かれたスカイツリー ▼コロナ流行もサル痘流行もビル・ゲイツに予言させた支配者層 ▼Web3.0がもたらす格差社会 ▼氷河期到来で人類はメタバース生活 ▼漫画『ワンピース』が示唆 サル痘による有色人種抹殺計画 ▼長篠の戦いを勝利に導いた六芒星の一族 ▼日常に潜む悪魔の数字 ▼東京のち家空間の謎 ほか ◎まんが 罪に問われない呪い代行ビジネス/Jリーグに忍び寄る賭博マフィアの闇 ※今号は特集号につきコラムなど一部企画をお休みしていますが、 次号は通常号に戻ります。

  • 実話BUNKAタブー 2022年11月号
    実話BUNKAタブー2022年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼ネトウヨが喧伝する偉大な業績とやらを再検証 安倍元首相は本当に国葬に値するのか▼銀座ホステス性加害で絶体絶命の香川照之 でも本当の悪は店で間違いなし!▼東京五輪を牛耳った挙げ句逮捕の末路 元電通高橋治之が溺れたカネと権力と女▼ 統一教会だけじゃない 宗教とズブズブ IQ不足荻生田光一という政治家▼中国は台湾をどう攻める? 日本が対中最前線になる時▼高橋元理事長逮捕でハッキリした巨大利権 五輪ビジネスの腐敗と終焉 日本は一刻も早く手を切れ▼怒り心頭の創価学会は選挙協力を解消か 統一教会問題打開のために解散なら落選危機の大物議員▼元信者の多田文明が経験した勧誘&教義&集金活動&合同結婚式 なぜ統一教会に多くの人が騙されたのか?▼「政治の力」に屈服したエセ報道機関 テレビ朝日が統一教会批判に及び腰な理由とは▼過酷な人生を強いられるのは統一教会2世だけじゃない 創価学会2世が直面する苦悩▼江ノ島の水着ギャルに安倍国葬の是非について聞きました

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2021.12.24(金)

2021年、アイドルについて考えたこと:ロマン優光連載202

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第202回 2021年、アイドルについて考えたこと

 錦鯉のまさのりさんこと長谷川雅紀さんが50才でM-1王者に輝く一方で、林家三平師匠が51才で笑点のレギュラーを卒業するという、そんな年の瀬。おじさんにも色々な人がいるということだし、いくつになっても何が起こるかわからないということでもある。
 だから、生き方が大事というわけだけど、まさのりさんと三平師匠の人生を比べたときに、親の言うままに家業をつぎ常識的に見える生き方をしてきた三平師匠の方が普通に考えれば世間的に正しく過ごしてきたといえば正しく過ごしてきたわけだけど、芸事の世界でそれが正しかったのかどうかといえばどうだったのか。錦鯉の優勝を感動話として受け取って消費している人の中にも、M-1優勝という結果がなければ、40才過ぎても独身で貧乏暮らし、先の見えない売れない芸人生活をしているまさのりさんのような生き方を否定する人も大勢いるだろう。しかし、その生活がなければM-1で優勝する可能性すらなかったのも確かである。
 普通に生きることがいいことばかりでもないし、他人から見てそれをやるのに恵まれた環境に生まれながらにいたとしても、本人の資質にもそれをやることに対する向き不向きはあるし、そこで期待されてる結果をだせないことも当然ある。他人から見てろくでもないような暮らし方をしていても、それはそれで楽しさもあったり、そこから何かを掴んでくる人もいる。他人の生き方に何を言ったところで何が正解かなんてわからないということだ。そして、現時点で失敗しているように見えても、それが本当に失敗であるかどうかもわからない。
 編集氏に「今回のテーマ、三平笑点卒業でどうですか。高田文夫とかいじってて」と言われ、そういうことをボンヤリと考えていたのだけど、私は高田氏ではないので特に三平師匠についてこれ以上語れることもなく、ここからは今年一年地下アイドルを見ながらボンヤリ考えたことについて書くことにしよう。
 知人に女性アイドルの飲酒や喫煙を許せるかということを執拗に聞かれたことがあって、知人は否定的な意見を持っていて、私は「成人であるなら問題はないし、それを見せることでその人がやっているアイドルのスタイルが私の中で変にかわらないなら別にどうでもいい。アイドルによる」という考えだった。知人は嫌煙家というわけでもないし、アイドルでない女性が飲酒や喫煙をしていることに対しては特に問題視をしているわけではない。彼の中に正しいアイドル像があって、その中に「アイドルは飲酒や喫煙をする姿を人前やSNSで見せてはいけない」というのがあるということだ。
 そう考えると、私は私の中に「正しいアイドル像」という具体的な形を既に持ち合わせてはいないのだろう。向こうが自分はアイドルだと主張し、私がアイドルだと思えれば、その人は私にとってアイドルだという漠然としたものがあるだけだ。極端な話、ステージ上で泥酔してめちゃくちゃな状態であっても、私がアイドルだと思えばアイドルだし、古典的な清純なアイドル像を完璧にステージ上で表現していたとしても、私がアイドルだと感じなければ、その人は私にとってアイドルではない。
 色々な人がいて、その人たちが自分の想うアイドル像をそれぞれ表現し、それを色々な人がそれぞれの嗜好でそれをアイドルととらえたり、アイドルではないと判断する。誰かにとってのアイドルは誰かにとってはアイドルではないかもしれない。
 古典的なアイドル像を踏襲したアイドルを好む人にとっては派手髪やピアスはアイドルとかけ離れた否定されるべきものだが、そういうアイドルを愛する人が好みそうな清純な髪型や服装をオタクを釣るために意図的にやっているアイドルよりは、自分の好きな髪型をしているアイドルの方が心が純粋であるともいえる。知人にもそういう人がいて、彼にとってのアイドルと呼べる存在が年々減っていくことを嘆いているのだが、派手髪は古典的なアイドルを愛するアイドルオタクの彼にとっては不良というイメージかもしれないが、今の世の中そういうわけでもない。そういったファッションの地下アイドルには、いわゆる陰キャだったり、オタクだったり、社会に馴染めないタイプの人も多いだろう。社会に疎外感を感じながらアイドルを支えにして生きてきた先の見えないおじさんの抱える孤独を共有しているのは、そういう派手髪の人なのではないか。そういうことも思ったりもする。
 しかし、おじさんの考えるアイドル像において派手髪は正解でない以上、派手髪のアイドルと出会って幸せになるなんてことも有り得ないのだ。そのこだわりが彼の人生の何かを支えてきたのだから、それを無理に捨てることが正しいこととも言えない
「これはアイドルとしての一つの正解である」と思わせられてしまうアイドルが現実に存在することもある。声も容姿も性格もかわいらしく、清純でおとなしそうで頭も良く、音楽・文学・漫画などにも造詣が深くセンスのいい、ある種のサブカルおじさん・文系おじさんの理想像そのもののような女の子が何の狙いもなしに自然に存在して、アイドルをやっているということもある。曲も良ければ、ライブも良い。現場の雰囲気もおだやかである。ある種の人にとっては完璧な正解でしかないアイドル。自分も好きな要素しかないはずだ。好きな要素しかないはずで、アイドルとしての一つの理想像であるとも思っているのに、なぜかはまらない。本来の私の趣味性からいえば非のうちどころがないくらい正解ではあるけれど、別にそういうものは自分が見なくても誰かがちゃんと見るだろし、 それが私のアイドルに対する正解というわけことではない。
 自信過剰で大言壮語を吐くのに打たれ弱い人。すぐに怒る心が狭い人。現場やオタクに対する愛に満ち満ちた結果、なぜか物販の時にオタクに思いきり噛みついてしまう人。常にホラを吹いている人。偏屈でモラトリアムな世界で生きている人。自己評価がひたすら低くてほめられても信用できないような人。ひたすらキモオタでめちゃくちゃ早口で自己完結している人。世界を憎んでいる人。無邪気に無意味な悪意に溢れている人。才能は確実にあるのにメンタルにムラっ気がありすぎてカラ回りしがちな人。才能まみれなのに間違った時に間違った場所に常にいてしまうような活動をしてしまう人。そういう世間的には正解とはとても言えないような、なんだか間違っていて、どこか間が抜けている変な人たちが自己をアイドルであると規定してアイドルとしてステージに立っている姿を見るのが好きだし、それは私にとってはアイドルとしての正解だ。アイドルというものは、そういった人たちの表現を確実にすくいとることができる。それは他人からしていれば間違っているのだろうけど、そんなことはどうでもよくて、ただ私は私が好きなものを見るだけだ。
 色々と書いてきてはみたのだけれど、2021年のクリスマスイブに私が何を考えているかというと、東京ぴ炎の「モノクローム」とRATEL OF LOVEの「OPEN THE 脳」のスタジオ音源がはやく出ないかなということでしかないのである。

(隔週金曜連載)

【画像】林家三平オフィシャルサイト(報道目的引用)

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書4作 すべて電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。

再注目。『90年代サブカルの呪い』

https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
紙書籍の在庫があるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』

https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』

http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』

https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 12月16日より発売中2月号のテーマは「なぜ伊集院光はパワハラしてしまうのか」コンビニや書店・ネット書店で! 

★ロマン優光、太郎次郎社エディタスのWebマガジン「Edit-us」での連載終了。気になる人は「Edit-us」で検索してみてください。単行本が2022年6月発売予定。もう予約可能!
https://books.rakuten.co.jp/rb/16982369/

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ ゆるゆるベイスターズファン 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6