Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年7月号
    実話BUNKA超タブー2021年7月号

    コンビニ・書店で6/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    こちょっと運動ができるだけで大金を稼ぎ庶民に「感動を与える」と勘違い/五輪選手筆頭にアスリートは傲慢で国民の敵/家飲み&路上飲みで酒クズが買いがちなマズいビール選手権/ガッキー結婚で大ショックとか大騒ぎしてる奴らに告ぐ! 本当に30過ぎの年増女優の結婚がそんなに悲しいのか?/五輪に利用される悲劇のヒロイン池江璃花子と電通の醜い共犯関係/日本を焦土にしたアメリカよりも経済的にうまみのある中国のほうが100倍マシ/セ○○スは死ぬ危険が高まる 新型コロナ 心臓発作 B型肝炎 咽頭がん/プロ野球無能監督アホ采配事件簿 工藤公康 野村謙二郎 金本知憲 与田剛/自治体無能&政府無責任でワクチン接種が大混乱/二大コロナ地獄徹底対決大阪VSインド/貯金なし独身アラフィフおっさんがファイナンシャルプランナーに相談してみた/ヘア解禁前の時代の工口本は狂っていた/新垣結衣美ボディメモリアル画像/コロナ禍は「さざ波」髙橋洋一の誰もを馬鹿にしてきた半生/好きに飲み食いしながら高血糖を解消するには/コロナ不況でも絶対に会いたくない地雷パパってどんな人?/あえて松屋好きアピールする奴がキモい/文化のない地方でもできる田舎者がやりがちな趣味/カリスマが語る個人○春の歴史/動物虐待競馬と「男のロマン」とかほざく競馬好きが気持ち悪い/芸能界隠れ巨乳選手権第2の長澤まさみを探せ! etc……

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー さらば青春の光・森田他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年8月号
    実話BUNKAタブー2021年8月号

    6/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    菅政権支持急落を利用して史上最悪の宰相が第100代総理の座に 安倍晋三総理再登板を絶対に許すな/鬱病告白を称賛するバカが知らない大坂なおみの称賛できない正体/ネットフリックスなどコロナ禍でバカが絶賛の配信作全部つまらない/五輪開催強行で国民大虐殺 自民&公明に破防法適用せよ/誰が深田恭子を適応障害に追い込んだ? 石原さとみ結婚と胡散臭い実業家の彼氏/国民の80%以上反対でもどうしても五輪を中止にできない裏事情/1億5千万を手にする漢・小室圭さま大解剖なンだわ/プロ野球最悪な球場ランキング/コロナ禍最新詐欺事情/一番まずい弁当チェーン決定戦/テコンダー朴第48話「金正男 散る-太平洋、血に染めて」

    グラビア 藤乃あおい/柳瀬さき/未梨一花/由衣

    連載 小田嶋隆/小田原ドラゴン/白石和彌/デーブ八坂/適菜収/堀江貴文/松子/ロマン優光 他

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「菅野完はなぜモテるのか?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2021.05.28(金)

『ゴースト刑事』:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載7

 

杉作J太郎の
DVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画

4本目・『ゴースト刑事』

 むかし、町にはレンタルビデオ屋がたくさんあった。駅前の大型店から路地裏の木造モルタルアパート2階の超小型店まで。本当にいろいろ、たくさんあった。商店街の途中にいきなりあったり、郊外の寂しい道路沿いにぽつんとあったりもした。そのほとんどがなくなってしまった。まるで夢か嘘か魔法である。
 たとえば木造モルタルアパート2階にあった店。これはもうふつうの部屋を店舗にしているので6畳ぐらいの広さしかなかった。棚がふたつかみっつありビデオが全部で100本あっただろうか。100本はあったかもしれないが200本はなかった。ビデオをたくさん持っている友達の家みたいな感じだった。この中から見たいビデオを探す作業はほとんど無理やりである。ありきたりのものしかないのだがそのありきたりの中から選ばなければならない。ズバリ見たいものがあるわけではないので妥協点を見つけなければならない。借りずに出ていくというのも店が広くて客が私以外にもいれば簡単だが狭い6畳の部屋では難しい。店主が期待に満ち満ちた顔でこちらを見ている。
 最初、知らずに私はその小さなレンタルビデオ屋に飛び込んだのである。ある日突然、駅の近くのアパート2階にレンタルビデオ屋のカンバンが出ていたから。
「えーっ? こんな2階に?」
 とは思ったが、冒頭に記したように当時は本当にいろいろな規模のレンタルビデオ屋がたくさんあった。小さな駅で周辺に3店舗ぐらい。大きな駅だと大小合わせて5店舗ぐらいあっただうか。そしてそれぞれ置いてあるビデオの傾向が違っていた。なにからなにまで揃えるほどそれぞれ大きくない。おのずとタイトルを絞り込まなければならない。大昔のいわゆるクラシックが多い店、アニメや特撮といった子供向けが充実した店、やくざ映画が強い店、あー、この店の人はこういう映画が好きなんだな、というのが伺えてたのしかった。
 その頃、私はレンタルビデオ屋の業界誌にも連載を持っていた。業界誌の勧めるタイトルというのもはっきりあって、そういうタイトルにはポップやポスターだけでなく特典やおまけが付いてくることを知っていた。そういう特典付き、おまけ付きのタイトルを多く仕入れている店もあった。そういう店はなんか雰囲気が平板でつまらなかった。つまり個性に欠けてくるのであった。私は好きなタイトルが多い少ないよりも、偏りの強い個性的なレンタルビデオ屋に行くほうがたのしかった。好きなタイトルはすでに見ているわけだし、新しい映画との出会いをくれるのは偏りの強い店だからだ。そしてそういう店は外観、内装、雰囲気、どこか個性的でたのしかった。
 そうした個性は商売としてはあったほうがよかったのか、なかったほうがよかったのか。超大型チェーン以外、ほとんどが姿を消してしまったいま、どちらも結局同じ道を辿ったということではあるのだろうけれども。
 いや、まだ全国のどこかには小さな店だけど営業を続けておられるレンタルビデオ屋もあるのではないだろうか。あるような気もしてきた。そしてそれはやはり個性の強い店だろうという気はするのです。
 話戻して。木造モルタル2階のレンタルビデオ屋。その品揃えはどうだったかというと。大ヒットした洋画を中心に、いま、その時代に最も有名であろうタイトルを並べていた。そのほとんどは私が別に見たくない映画で、ほんのすこしでも興味のあるものはすでに見ていた。
 それでもなんとか一本選んでレジに持っていくと会員登録だがこれはなんと自分で会員登録ノートに住所氏名を書き込んで終わりだった。免許証を見せたかどうか。見せたかもしれないがコピーを取ることはなかった。目視確認であった。そして借りるタイトルは別のノートに店主がタイトルと日付を書き込む。
 こういう店も全国にあったんだろう。それからよせばいいのに返しに行ってまた借りた。何度か続いた記憶がありますがもう限界だと思ったのでしょう。家が近所だったので便利ではありましたが借りるのをやめた。やめても近所にはまあまあの大型店がひとつ、商店街にも小さなコンビニぐらいの大きさの店がひとつあったので困ることはなかった。
 レンタルビデオ屋が世の中にたくさんあった。メガチェーン以外ほとんど消えた。冒頭に「むかし」と書きましたがまだ20~30年ぐらい前の話である。
 レンタルビデオが隆盛を迎えていた、その頃。蟹江敬三さん主演の『ゴースト刑事』は世に出たのだ。

『ゴースト刑事』(1992年・日本クラウン)
出演/蟹江敬三、石橋保、松下京子、津村鷹志、坂西良太、石田太郎、不破万作
撮影/加藤正幸
音楽/津島利章
監督・脚本・企画/水川淳三

(この項、つづく)

<隔週金曜日掲載>

写真:おすすめDVD/『ゴースト刑事』(発売元:徳間ジャパンコミュニケーション)※写真はVHS版。

杉作J太郎(杉作J太狼XE) twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/毎月2日発売 7月号6/2発売でコラム「熱盛サウナおやじの伝言」連載中! コンビニ・書店・ネット書店にてぜひ!(電子書籍版や一部読み放題でバックナンバーもお読みいただけます)

【著者最新刊のお知らせ】
東映実録バイオレンス 浪漫アルバム(徳間書店)
【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/

【ラジオのお知らせ】
週に4回!! 愛媛・南海放送ラジオで、新番組「杉作J太郎のファニーナイト」放送中。火・水・木/19:00~21:30, 土/21:00~23:00。アプリ「radiko」のプレミアム会員なら日本全国で聞けちゃうし、タイムシフト(あとから聴くこと)もできちゃう! ラジオの未来のためにもみんな聴いてね!

◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

【杉作J太郎松山サミット】
松山から配信! 次回は2021/5/31 20時から「セカンドキャリア~これからの生き方」をテーマに。 出演はレナ/しまおまほ/ひなた狼/ダースレイダー/角田龍平/住倉カオス/杉作J太郎/劔樹人/ロマン優光。オンラインチケットはこちらから。

https://blog.rnb.co.jp/matsuyamasummit/

【杉作先生のLINEスタンプ】
発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める(男の墓場改め)狼の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/


 


[PR]

※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6