Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年10月号
    実話BUNKA超タブー2022年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    特集:世界の陰謀のすべて ▼ベンジャミン・フルフォードが暴露 コロナ大流行も起こした欧米旧権力 ハザールマフィア ▼人気YouTuber&芸人が世界の真相を解説 コヤッキースタジオ 世界ミステリーch コミックパンダ ジャックのゆっくり解説室 極太ダイナマイト SHINGEN ワンダーウォール! イチゼロシステム ナナフシギ THCオカルトラジオ MATT もてぃす おみそちゃんねる 太郎(大人ノ学校) URASEKI キック くろ丸。 御茶ノ水ゆにばーす 中沢健(UMA評論家) ▼統一教会と戦っていた安倍晋三を殺した闇の組織 ▼広島・長崎に原爆が落とされた本当の理由 ▼三浦春馬の死と芸能界の搾取システム ▼ウクライナにナチスは存在した ▼マイクロチップ埋め込みによる人類家畜化 ▼歴代天皇が唱え続けてきた謎の言葉 ▼茨城県牛久市でプテラノドンが目撃 ▼世界から孤立した言語 日本語 ▼大仙古墳立入禁止の真実 ▼浮世絵に描かれたスカイツリー ▼コロナ流行もサル痘流行もビル・ゲイツに予言させた支配者層 ▼Web3.0がもたらす格差社会 ▼氷河期到来で人類はメタバース生活 ▼漫画『ワンピース』が示唆 サル痘による有色人種抹殺計画 ▼長篠の戦いを勝利に導いた六芒星の一族 ▼日常に潜む悪魔の数字 ▼東京のち家空間の謎 ほか ◎まんが 罪に問われない呪い代行ビジネス/Jリーグに忍び寄る賭博マフィアの闇 ※今号は特集号につきコラムなど一部企画をお休みしていますが、 次号は通常号に戻ります。

  • 実話BUNKAタブー 2022年11月号
    実話BUNKAタブー2022年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼ネトウヨが喧伝する偉大な業績とやらを再検証 安倍元首相は本当に国葬に値するのか▼銀座ホステス性加害で絶体絶命の香川照之 でも本当の悪は店で間違いなし!▼東京五輪を牛耳った挙げ句逮捕の末路 元電通高橋治之が溺れたカネと権力と女▼ 統一教会だけじゃない 宗教とズブズブ IQ不足荻生田光一という政治家▼中国は台湾をどう攻める? 日本が対中最前線になる時▼高橋元理事長逮捕でハッキリした巨大利権 五輪ビジネスの腐敗と終焉 日本は一刻も早く手を切れ▼怒り心頭の創価学会は選挙協力を解消か 統一教会問題打開のために解散なら落選危機の大物議員▼元信者の多田文明が経験した勧誘&教義&集金活動&合同結婚式 なぜ統一教会に多くの人が騙されたのか?▼「政治の力」に屈服したエセ報道機関 テレビ朝日が統一教会批判に及び腰な理由とは▼過酷な人生を強いられるのは統一教会2世だけじゃない 創価学会2世が直面する苦悩▼江ノ島の水着ギャルに安倍国葬の是非について聞きました

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2021.01.01(金)

K-POPと日本のアイドル&2020年度ロマン優光アイドル楽曲大賞:ロマン優光連載177

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第177回 K-POPと日本のアイドル&2020年度ロマン優光アイドル楽曲大賞

 年末、K-POPと日本のアイドルを雑に対比して日本のアイドルをくさす、文春のweb記事が一部で話題になっていました。 K-POPを持ち上げるために48系に代表させた日本のアイドルを叩いているだけの記事ですね。全般的に知識がいい加減であり、日本のアイドルのみならず、K-POPに関する記述も問題があり、自分が書きたいことのためには事実を犠牲にするタイプの不誠実な内容です。あの記事に関していえば、取り上げられている事柄について知識があまり無い人を対象に、知ったふうなことを言ってるだけの記事であり、K-POP好きな人にとっても、日本のアイドルが好きな人にとっても益がない、門外漢が「ふむふむ」とか言いながら読んで内容をすぐに忘れたり、48系嫌いが48系が下げられてるのを見て喜んだりするためだけにある、昔ながらの「親父週刊誌」に載ってるようなタイプのいい加減なあれです。本来だったら K-POP好きの人の目にも日本のアイドル好きの人の目にもとまらないような記事なんですけど、ネットだと対象外の人の目にも触れちゃったわけです。
 あの筆者の人って、よく知らないことに対して偏見で小馬鹿にするようなことを言っては批判されることを度々繰り返してきた人なんですけど、未だに編集者から需要があるのを見ると不思議になりますね。情報部分の正確さよりも、編集が求めているような内容をわかりやすく書いてくれるライターに需要があるということなのでしょうか? 編集者がよく知らないジャンルに関しては、編集サイドからファクトチェックができないのもあるとは思いますが、K-POPを評価するにしても、48系を批判するにしても、他にちゃんとして書き手がいるのではないでしょうか。
 話は変わるんですが、K-POPと日本のアイドルの比較する場合、世界戦略を企てるタイプのもの同士を比べるとか、スキルの高さが重要視されるようなもの同士を比べるような、同一の価値観を持っているもの同士を個々に比べないと意味がないと思うんですよ。スタジアムコンサートをするようなバンドと、アンダーグラウンドで活動するハードコアパンクやメタル、アヴァンギャルドのバンドを比較して、売れてる売れてないとか、技術がある技術がないみたいな話をしても意味がないですよね。「ダニエル・ジョンストンはアリアナ・グランデより歌が下手だからダメ」と言われても、ダニエル・ジョンストン好きな人にとっては「なんじゃ、それ?」みたいなもんです。日本のアイドルをこの十年で細分化が激しく、送り手の音楽性や価値観、受け手の需要も多岐に渡っています。ライブ活動の楽しさに主眼をおいて活動している人もいる。それをひとまとめにして、K-POPの世界的に成功している部分と比較したところで、界隈によっては全く関係ないというか。 K-POPの側にたって比較している人が日本のアイドルに関して多岐に渡って精通しているわけでも、日本のアイドル好きもK-POPの細部まで知ってるわけでもないでしょうし。両方の細部に渡り精通している人でないと、そんな大きな主語を使って語れないわけですよ。多分、そういう人は大きな主語を使って雑に語ったりしないし。だいたい、K-POPと比較すべきなのはJ-POP全般でアイドルだけを取り出すのも変な話です。
 ここでまた話は変わりますが、日本の女性アイドルに関していうと、本来一般的なポピュラリティのない音楽をアイドルを通して発信することで、その楽曲が本来持っているポピュラリティ以上に売ることができるというものだと思っています。その「ポピュラリティのない音楽」の中には、ノイズやプログレのようなアンダーグラウンドなもの、マニアックで良質な広義の意味でのポップス、単に出来のよくない普通のJ-POP、製作した意図がよくわからない偶然産み出された事故のような楽曲までが含まれています。その人の聴いてきた音楽歴であれば本来聴くことのなかったような音楽を、アイドルというフィルターを通すことで「良い曲」として需要できるようになる。そういうふうになってるんですよね。
 マニアックなパンクやメタルを聴いてきた人が、BABYMETALやWACK系のアイドルを入り口にアイドルのライブに行くようになり、のめり込んでいくうちに普通のアイドルポップスが好きになったりする例はよく見聞きされます。他にもクラブ・ミュージックが好きな人、ギターポップが好きな人とか、音楽歴も入り口も色々ありますが、マニアックな音楽側にいた人が普通のアイドルポップスを需要するようになるという例は数えきれないくらいあるでしょう。
 その一方で、今までの人生で全くマニアックな音楽に興味がなかったおじさんが、アイドルを通すことでシューゲイザーのような楽曲を良い曲だと思うようになってたりもするわけです。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインを聴いてもうるさいくらいにしか思わなかったであろう人がアイドルが似た形式の楽曲をやれば良い曲だと認識してしまう。アイドルの身体性(身体能力とかそういう話ではなくて)を通して楽曲を需要する、その楽曲の良し悪しが規定されるという聴き方をするのが、「アイドル・ポップス」なのだと思います。
 私は人生の中でハウンド・ドッグというバンドのことが全然好きであったことがありません。当然、その楽曲を良いと思ったことがありません。ところで、中野カルチャーセンターという東京のローカル・アイドル・グループがあるのですが、私は最近好きなんですよね、中チャ(※中野カルチャーセンターの略称)のことが。当然ながら、その曲も大好きです。そこで重要なことが一つあって、中チャの楽曲を制作しているのはハウンド・ドッグのキーボーディストであり、バンドの楽曲制作の中心人物である蓑輪単志さんなんですよ。意識して聴くと、キーボードのフレーズとかハウンド・ドッグのヒット曲みたいだったりもするんですよ。ポップ・ミュージックというものは、演者によって楽曲の魅力を規定する割合が高いということに改めて気づかされます。大友康平氏の身体を通してなされる表現は私には届かなかったけど、いぬいぬいさんの身体を通してなされる表現は私に届く。そういうことなんですよね。
 そういうわけで、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 長々と書き連ねてきましたが、私の2020年度の個人的アイドル大賞(12月30日調べ)を書かせてもらいますね。順不同。日によって気分も変わるのでノミネート作も入れ替わりますが、こんな感じです。ジャーナリスティックな視点などいっさい入ってません。

楽曲部門
・季天烈ノンフィクション/スチャラカサンデー
・佐倉雅/この病は一生治りません
・ステラシュガレット/ニャンとワンだふる
・中野カルチャーセンター /てずくりモノレール
・どうして友達がいないのか。 /ティーチャーテイチャー
・鈴田ねこ /惑星Q
・リリスリバース /ジュブナイル
・美味しい曖昧 /角砂糖とセイロン
・小日向由衣 /ネコみたいに
・回せグルーヴ!開発部 /♯FFFFFF

ベスト配信ライブ
・鈴田ねこ「生誕記念3daysワンマンライブ」(8/8~8/10) 

(隔週金曜連載)

写真:中野カルチャーセンターのシングル『金曜劇場 好きだけじゃダメみたい』(音楽配信サイトで配信中)

★「90年代サブカルの呪い」電子書籍版が昨年12月11日より発売になりました。KoboやKindle等各社電子書籍プラットフォームで販売中です。紙の本よりかなりお安いので、年明けの読書にぜひ!人気チャート持ち上げてください!★

(書籍版)「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
紙書籍の在庫があるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作は電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」(発売中)では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 2月号は「ナイキのCM賛美する人と非難する人がいる問題」コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで予約

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ ゆるゆるベイスターズファン 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6