Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

毎週月曜セ・パ2本

野々垣武志の週刊NOMOスポ

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年12月号
    実話BUNKA超タブー2020年12月号

    コンビニ・書店で11/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    アメリカという最悪のバカ国家/まずいラーメン屋の特徴/非喫煙者も罹患する肺がんの真実/最下位は板橋!東京23区ワースト10/アニメオタクはネトウヨ率が高いのか/こんなもん食い続けたら病気まっしぐら 飲食店の超高カロリー飯/池袋暴走"上級国民"飯塚幸三 母子ひき殺して「無罪主張」は悪なのか/サラリーマンでもできる節税/レズビアンフーゾクキャストが教える正しい〇EXテクニック ほか

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 澁谷果歩他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年1月号
    実話BUNKAタブー2021年1月号

    11/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価612円(税込)

    進学や結婚事情&脱会は可能なのか 創価学会員二世三世の実態/菅義偉いくらなんでもバカすぎる/祝・最下位脱出 都道府県魅力度ランキング茨城7年連続最下位の理由/暴飲暴食を控えることだけでは予防できないがん死因3位肝臓がんの恐怖/冬の光熱水費節約マニュアル 月3000円はカット可能/親が死んで直面する家の相続&空き家問題/一番まずい唐揚げの店はどこ?/人気ぽっちゃりセクシー女優の抱き心地/世紀の駄作「鬼滅の刃」あんなものが大ヒットしてしまうワケ/80年代アイドル今のアイドルと同様に歌下手でショボかった/岡村隆史は確実にすぐ離婚する/テコンダー朴『沖縄の微笑み』-日帝140年の時を超えて/グラビア 森咲智美 西本ヒカル 加藤圭 他

    ●連載第26回!『ロマン優光の好かれない力』は「大阪都構想で悪目立ちした橋下徹というアホな男」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2020.11.20(金)

cakesのホームレス記事:ロマン優光連載174

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第174回 cakesのホームレス記事

 つい最近、cakesに掲載されたホームレス取材記事が炎上するということがありましたが、あの記事にリンクが貼ってあったnoteの記事があったことで、あそこまで話題になったのだと思います。cakesの記事単体だと微妙な不快感や違和感を感じながらも、そこまで強く感情が動かされる人は少なかったかもしれません。ただ、あのnote読んでしまうと、記事の印象は確実に余計に悪くなりますね。
 ホームレス人生ゲームを製作する記事(現在は消されている。そのアイディアがお気に入りだったみたいで二回も記事をあげていた)が特に話題になってますが、それ以外も色々と困ってしまう文章がたくさんあります。彼らに対する批判に対して、ホームレスがかわいそうな人であるという物語に反する原稿であるために批判されているという意見がありますけど、別にかわいそうな人像に反しているから批判されてるわけじゃないでしょう。一言でいうと単純に失礼な感じなんですよ。対象がホームレスだからどうとかじゃなくて、相手がオタクだろうが、独身中年男性だろうが、フェミニストだろうが、天皇陛下だろうが、ああいう書き方をしたら対象に対して失礼でしかないみたいな文章が多いんです。
 noteではホームレスの人たちに対して個別にアダ名を着けている(本人たちの前では使わず、記事中や夫婦間だけで使っていると思われる)のですが、微妙に「バカにしてるの?」みたいなものがあったり。その中の一人の紹介文に、性欲もあるようだとかわざわざ書いていたり。知的障害者を意味するネット用語とセットで対象をバカにするニュアンスで使われることが多い「パワータイプ」という言葉を「パワータイプのホームレス」みたいな使い方をしていたり。なんか、まだいっぱいあるけどキリがないので。
 あと、あまり何かについて、深く考察しないんですよね、この人たち。ホームレス生活をしている人の中に料理が得意だったり、木を斬り倒すのが得意だったりする人がいたら、「以前はそういう職についてたのかな?」とか想像したりするじゃないですか。彼らは、ホームレス生活をすることでそういう力が引き出されたと考えるんですよ。別に人はホームレス状態になることで別の種族になるわけではないので、個々の技能はかつての個々の生活と連続性があると考えるのが自然だと思うのですが。
 上野公園のホームレスと彼らが交流している河川敷の住人たちを比較して、「田舎に住むおじさん達は、もうちょっと思考をしている顔つきに見えます」「これは、都心に住むホームレスは日雇いの仕事や、炊き出しがあるから生活についておじさん達より考えることが少なくて済む環境にあるのかもしれません。」と書いているのですが、彼らの、のんきで、悪気なく、世間知らずで、思慮が浅く、勉強不足で、文章が雑という特徴が凄く現れています。襲撃される危険性は都会の路上生活者の方が河川敷の人たちよりも高いとか、都会は都会で考えなきゃいけないことも色々あるわけだし、そういうことではないと思うわけで…。
 別にホームレスを扱う文章だからといって、社会派でなければいけないわけではないし、深刻である必要もないのです。しかし、先行しているホームレスに関して取材した色んなタイプの本をちゃんと勉強していれば、ああいう呑気でトンチンカンで、そういうつもりでなくても意図的にバカにしているように見えるようなことを書かずにすんだと思うんですよ。
 彼らの場合、ホームレスに関する知識があまりにも少なかったため、三年間の間に(彼らにとっては)意外な事を非常にたくさん知り、びっくりしたりしながら自分たちの思い込みに気付いてきたんではないでしょうか。ただ、不思議なことに、自分たちが過去に偏見を持っていたことについてどう思っているのか、具体的な言及がないんですよ。だから、あまり偏見が無くなったように見えないんですよね。

 色々な要素が相まってすごく不思議な人に見えるんですけど、文章が雑なせい、下手なせいで余計に変に見えてる部分もあるとは思います。あと、彼らくらい緩い素人は大勢いるんだと思います。ただ、彼らを選んだ編集者側の方が彼らより絶対ヤバい。別に編集の人が、あの文章を読んで不快に思わなくてもいいんですよ。一定数以上そういう人がいるのもわかるし。しかし、あれを不快に感じる人が多数存在する可能性に気付かないというのがヤバいんです。編集者としての仕事を全然果たせてないじゃないですか。変な穴を埋めてあげなきゃいけないのに、逆にリード文で悪い方にリードするし。彼らを晒しものにしたかったのでしょうか…。noteにしても、あんな内容のnoteあったら批判されるに決まってますよね。ホームレス人生ゲームのエントリーとか先に消させないですか? なんで、わざわざnote貼っちゃうかなって同じ会社の姉妹コンテンツだから、貼るのが普通ですけど、そんならnoteの内容も先にチェックしてからにしないと。あ、チェックした上で何も思わなかったんだったらどうしよう……。
 あそこ、幡野広志氏が人生相談でやらかしたばかりじゃないですか。あれも編集者が仕事できてなかったですよね。幡野氏が相談者を嘘つき呼ばわりしたのもひどかったですけど、相談者が夫につかれた嘘の内容を差して、こんなの嘘だと相談者を嘘つきだと断定する材料にしたところ! 要するに、相談の内容を全然読めてないんです。せめて編集者はそこは指摘しなきゃだめでしょう。それとも、氏に恥をかかすためにわざと……?

 あのホームレス記事がnoteにあげられただけなら、他のエントリー同様にクオリティ相応の人数の目にしか触れることなく、炎上することもなかったと思います。メディアに掲載されてしまえば、同じ内容でも見る人の数も違うし、見られ方も、内容に対する責任も変わってしまう。ああいう状態であれを掲載させた人は本当に罪作りなことをしたと思うし、色々と「あそこ大丈夫?」という感じになっちゃいますな。

(隔週金曜連載)

【編注】
cakes……有名クリエイターなどの記事がたくさん読める、有料(一部無料)サイト。編集部発注型。
note……投稿プラットフォーム。自由に参加し、文章などさまざまなコンテンツを発表できる。自分の記事を販売することも可能。

Photo:写真はイメージで、記事中の取材先などとは無関係です。画像提供:フリー素材ドットコム

★「90年代サブカルの呪い」そろそろ電子書籍版が出るんじゃないかという噂も!?……現時点では、紙の本を書店・ネット書店で「ご注文」のうえご入手ください。★

「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作は電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」(発売中)では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 1月号は「大阪都構想で悪目立ちした橋下徹というアホな男」コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 杉作J太狼XE 新日本プロレス 山口明 アイドル 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6