Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

毎週月曜セ・パ2本

野々垣武志の週刊NOMOスポ

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年11月号
    実話BUNKA超タブー2020年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    法務大臣と国家公安委員長に子飼い押し込み 検察と警察を完全掌握 菅義偉の恐怖人事/大川隆法が認可あきらめた幸福の科学大学の正体/池田エライザハ×撮り流出疑惑の真相誌上公開/独裁者菅義偉の言論統制術 メディア言いなりにして総理総裁に/放置すると死期を早める お腹と大腸の健康維持/血税がキムタクCM制作に 日産に国民のカネ1300億が投入される/元竹中組竹垣悟が語る山口組ヒットマンの戦歴/ほぼアメリカ人の大坂なおみを日本国籍だからと応援するバカたち/連続する芸能人自殺 事務所とテレビ局の無責任対応/辻丸史郎官能画/小倉由菜・伊織いお・西永彩奈・薄井しお里グラビア コスプレイヤー真中つぐオススメ「おもちゃ」企画/韓国美女 ほか

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 姫野桂 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年12月号
    実話BUNKAタブー2020年12月号

    10/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価612円(税込)

    誰もが〇殺に追い込まれる〇殺大国ニッポン(Webのため表現を抑えています)/菅首相が小池百合子を許さない理由/強欲竹中平蔵のせいで一億総貧困社会へ/巨人軍優勝記念 原辰徳監督黒い疑惑の数々/GoToイートタダ同然で外食するマル秘テク/業界のカリスマが語る 地下アイドルやグラドルも普通に金で抱ける アイドルとのパパ活エグいプレイの実態/一生人工透析・失明・脚の切断も 静かに忍び寄る糖尿病/テコンダー朴「琉球唐手VS米軍海兵隊格闘術」/親の死後起こる寺との泥沼トラブル集/グラビア 橋本ひかり 小鳥遊くれあ 他

    ●連載第25回!『ロマン優光の好かれない力』は「男のフェミニストはヤバいやつが多い?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2020.10.09(金)

TIFの配信が不評だった件:ロマン優光連載171

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第171回 TIFの配信が不評だった件

 TIFの配信がいまいち不評だったわけですが、友人から「テレビ局がアイドルライブの配信に力を入れたら、今まで歌番組などで蓄積されたノウハウやセットのスケールに、そこら辺の地下アイドルイベンターの配信では絶対かなわない」とたびたび力説されていたんですよね。まあ、世間の評判は全然そんな感じにはならなかったなあと思いました。
 ステージが組まれなかったことに対して、TIFは自分たちのコンテンツの良いところがわかっていないという批判がありますが、単純に予算が厳しくてそうなったような気もします。予算に余裕があれば見栄え考えて普通にステージ組んだんじゃないですかね。あと、出演者多すぎで、いくら時間で割ると一組辺りの料金は格安と言われても、全部見る人なんているかどうかもわからないレベルなんだから、買う方としては高いですよね。個人的にはフェスみたいな大量に出演者が出てライブがずっと続くものって配信には不向きだと思うんですよ。そういう大規模イベントってライブ会場でも全部ライブを見る人はほとんどいなくて、合間に他人と交流したり、場の雰囲気を楽しむものだったと思うんですよ。単純にライブ見に行くというより、お祭りなんですよね。当たり前なんですけど、フェスに限らず現場でライブ見るのと配信でライブ見るのとでは楽しみ方が全然違うし、だから配信ライブがどうしても好きになれない人がいるわけです。現場の雰囲気で興奮してるから何本もライブ見れるけど、家だとどうしても集中力持たない人も多いと思います。出演者多ければ多いほどダレちゃって集中して見れないし。好きなものだけ選んで見ると、なんか割高な感じになるし。
 個人的にはグループアイドルの配信ライブって、録画してちゃんと編集したものを配信するか、カメラ一台で流しっぱなしかどっちかがいいと思うんですよね。
 ライブ現場でアイドルを見るときって、みんな自分なりの見所を中心に切り取りながらライブを見ていると思うんですよ。推してるメンバーの目立つパートみたいなわかりやすいところもあれば、前に出て真ん中で歌ってる子の後ろで行われている他のメンバーのダンスや、何でもないようなパートでのステップの足の動きだったり。色んなこだわりがある人がいると思います。それが配信だと、全ての視点が自分の意思とは関係なく決められてしまってるので、見たいとこが見ることができなかったりする場合もあるわけです。こういった観点から配信ライブを苦手にしている人もいます。
 それでも、最大公約数的な見せ場にしっかり合わせてくれるような配信だったら、それはそれでいいんですよ。でも、大サビなのに歌ってる子を抜けてない、キメのポーズのとこなのに全身じゃなくて顔を抜いてしまうとか、ライブハウスでの対バンだと、そういう配信もあるんです。
 でも、仕方ないのはわかるんですよね。ライブハウスの店員さんがいきなり経験無しにやらされてるわけじゃないですか。そんな急にやらされてセンスがとか言われても、なんというか基本的にはいきなりは無理じゃないですか。楽曲の構成、ダンスの構成、歌割とかをかなりしっかり把握していても、リアルタイムで構図やスイッチがばっちりの配信なんて難しいですよね。ライブアイドルのワンマンライブの配信で見ることができるクオリティの高い配信って、撮影のプロにちゃんとお金を払って、プロ側も色々とグループのこととか把握して、リハも綿密にやってみたいなやり方でやってるもんだから、通常のライブでそこまでお金も時間もかけられないですよね。
 そう考えていくと、変に生にこだわるより、録画してちゃんと編集されたものの方が見ている方は安心して見れるし、撮影・編集の力量によってはライブの代用ではない別のコンテンツにもなる可能性もあるわけで。ちなみにステラシュガレットの寺田町Fireloopからの配信ライブがこんな感じで凄くよかったです。 でも、この方式ってたまたまライブハウスのスタッフや仲間内にセンスがある人がいないと、なかなか成立しないわけですよね……。
 そう考えると、ワンカメで流しっぱなしというのは誰でもできるので安心です。誰が安心なのかはわからないですが。オタクがスマホで撮ってYouTubeにあげてるライブ動画みたいな臨場感があっていいんですよね。できもしないのに半端にカメラワークとか凝られるより全然いい。多少アングルが悪くても、ライブハウスで立ち位置が悪かった時のような気分であきらめがつく。
 友人がテレビ局のアイドル配信ライブに期待していたのは高い技術と豪華なセットだと思うんですが、女性アイドルが一般的に注目を浴びるコンテンツではない現状があって、その状況ではたいしたスポンサーがつかないだろうし、テレビ局もあんま儲かんないだろうからやらないというか、やっても制作費そんなでもないだろうし、友人の期待したようなものは出てこない気がするんですよね。ド地上のアイドルの配信ライブをテレビ局制作でやったら数は見るだろうけど、まんまテレビのコンサート中継って感じになりそうだし、それは友人が夢想していたものとも違うような気がします。地下アイドル見に行ってるような人がそれを見たいかといったら別の話になるだろうし、既にジャンル自体が違うみたいなもんで別に負けたとは思わないでしょう。アイドルの配信ライブが次の段階に進むとしたら、テレビみたいな旧メディアではなくて、金はなくても知恵を使ってるような人たちの手によってではないかと思うのです。

(隔週金曜連載)

イラスト提供:イラストAC/Konさん

★そろそろ電子書籍版が出るんじゃないかという噂も!?……現時点では、紙の本を書店・ネット書店で「ご注文」してご入手ください。★

「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作は電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」(発売中)では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 11月号は「安倍辞任に涙する松任谷由実ってどうよ?」コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 杉作J太狼XE 新日本プロレス 山口明 アイドル 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6