Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年11月号
    実話BUNKA超タブー2021年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    ▼「自分は正しい」と信じる迷惑な奴が多すぎる 反ワクチン派とゼロコロナという極論2大バカたち ▼統一教会と安倍晋三 カルト宗教と政界のドンの不適切な関係 ▼爆笑問題太田光は弱小事務所なのに天皇松本人志いじりが許される理由 ▼自民 公明 立民 維新に投票するなんて一票のムダ 総選挙の投票先は共産党一択だ ▼親否定するバカな子供だらけの末期社会 話題の親ガチャより子ガチャがリスク ▼”突破者”宮崎学が工藤會総裁死刑判決に異議「極刑は警察庁の意向で最初から決まっていた」 ▼ほんこん 千原せいじ 小籔千豊 ブラックマヨネーズ吉田 ネトウヨ化した知性が絶望な芸人たち ▼猪苗代湖ボートひき逃げ殺人 佐藤剛容疑者 田舎成金の品性下劣な外国人斡旋業 ▼安倍と麻生にクビ切られた無能宰相菅義偉が復讐の鬼と化した ▼なぜオタクの凶悪犯罪が後と絶たないのか分析した ▼映画監督森達也が見つめるコロナ禍の世界 ▼デカ盛り有名メニュー地獄の実食調査 ▼美女がクズ男にヤラれる胸クソAVのススメ

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー  岡崎二朗他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年12月号
    実話BUNKAタブー2021年12月号

    10/15発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼「眞子さまがPTSDだから小室さん問題を批判するな」と言い出した正義マンたちの愚か▼皇室を揺るがす青年は一体何者なのか 完璧プリンス小室圭さん◯裏全史▼安倍前首相の靴を舐め続けて遂に総裁総理に 岸田文雄の媚び媚び下僕人生▼日本の至宝を「二刀流」とおだてて、はした金で搾取し続ける異常 大谷翔平はエンゼルスの「奴隷労働者」▼メシがまずい都道府県ランキング 第一位沖縄▼メリー氏が亡くなりマスコミへの圧力統制が不可能に ジャニーズ事務所弱体化でキムタク独立▼こんなトンデモ政党が議席増なんて世も末 維新の会不祥事&犯罪事件簿▼社会学者宮台真司インタビュー「売買春は女性搾取」という大間違い▼実食調査 一番まずいオムライスはどこ? ガスト ジョナサン ジョイフル ココス ビッグボーイ ラケル ポムの樹▼女性差別で騒ぐフェミニストたちが無視する男性差別▼千葉ロッテマリーンズ優勝争いロッテ日韓に巣食う骨肉争い財閥▼漫画テコンダー朴第52話「独島ライダー参上! 独島は韓国の領土!!」▼子供の人生は本当に親のランク次第なのか? 親ガチャ失敗女子5人の告白

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「我々はなぜ小室圭さんに魅了されてしまうのか」

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2020.01.31(金)

平手友梨奈というアイドル:ロマン優光連載153

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第153回 平手友梨奈というアイドル

「平手友梨奈が欅坂46脱退したことについて何かあります?」という編集氏からの依頼に困ってしまった。アイドルが好きだからといっても、みんながみんなメジャーなアイドルが大好きで追いかけてるというわけではないし、その動向に一喜一憂してるわけではない。「平手友梨奈が欅坂46脱退」について考える時間よりも、「元めんたるゆばんたるのメンバーが仙台で新しいユニットを始めた」ということや「東京地下アイドルシーンにおける、はわわ☆ステーション周辺の人脈相関図というかファミリーツリーを作る必要があるのではないか?」という、日本で10人ぐらいしか気にしてないようなことを考えている時間の方が圧倒的に多いオタクというのはいるのである。まあ、私ですけど。
 しかし、別に提示されたコロナ流行というテーマについて書くよりはまだ書けることはある。俺は医療従事者でも何でもないから「手洗い! 殺菌! マスク! うがい!」みたいなことしか言えないだろうし、バカなデマとか、便乗差別ツイートみたいなのをいちいち探して検証して具合が悪くなったりしたくはないのだ。それに、欅という存在から直接的な影響はないとはいえ、自分がどんなアイドルを見たいかということを考えるにあたり、間接的な影響は確実にある。それは「スーパー転校生のサイマジョカバーが最高だな」という話とは別にだ。
 平手さんを中心にした欅坂46のあり方というのは、非常に歪な雰囲気を感じていた。大人に対する不信感、社会に関する違和感、孤独感を感じるようなタイプの女の子に、そういったテーマの歌詞を歌わす。彼女がいっそう、その不信感や孤独感をつのらせていくような環境において、それをやらしていくというのやり方には、怖さを感じていた。そういう資質の子を、そういう気持ちにさせる環境にさらして、そういうテーマの歌を歌わせれば、それは真に迫ったものになるだろう。テレビで見てすら感じる、異様な切迫感を感じずにはいられなかった。それは確かにかっこよかったのである。
 アイドルに興味がない、あるいはアイドルを嫌いな層にしてみれば、平手さんのパフォーマンスする、反抗や孤独の歌など、業界人が金のためにやらせてる茶番にしか思えないだろう。しかし、それがどんな目的のために書かれた歌詞であろうと、そのテーマを本気でとらえて本気で演じれば、本物になる。もっとも卑俗な部分に真実がやどってしまう。演者が本気でやれば、受け手にもその本気が伝わる。外野がなんといおうと、本気で信じる演者がいて、本気で信じる受け手がいれば、その歌のメッセージは真実として機能する。平手さんはそういう力を持っていたと思う。少なくとも映像の中では。
 身を削るような表現は人の心をとらえる。平手さんのやっていたことはそういうたぐいのことだ。だから、彼女は多くの人の心をとらえた。ただ、それを本人が表現として自発的に選びとったというよりは、周りの環境がそういう風にしていったのではないかという感じが拭えない。それはどこまで意図的に行われたのかはわからない。なんにしろ不自然な感じがして、彼女のパフォーマンスが素晴らしくても、なんとなく敬遠したいような気分があった。自分自身を追い込んで生まれるような表現、切迫した気持ちの中から生まれるような表現は、それを自発的に内的な必然性が本人にあって行われるぶんには別にかまわない。しかし、そういうある意味危険を伴う表現を他人にやらす、しかも10代の少女にやらせているように見えることにツラさを感じていたからだ。
 単に大人にやらされているのではなく、やらされている環境の中で、自分の意思で何かを自発的にやろうとするアイドルはその人らしさが見えて、自分は好きだ。周囲の環境や理不尽に対して自分の頭で考え、自分の意思で動くようなアイドルが好きなわけだが、それは活動していく中で偶発的に生まれてくるものだと思う。それが欅坂46の場合は、そういった部分すら最初から織り込み済みで、ビジネス的に回収されるのが最初から決まっているようなやり方をしているように感じていた。アイドルの魅力の一つに「やらされている感」があるというのは、よく言われることだが、それが本来アイドル自身の中から自発的に生まれてくるような部分までコントロールしようとしているような、心の領域に踏み込んでしまっているような変さを感じていたのだ。黒い羊をわざわざ作ろうとするのは違うだろうと思った。

 脱退について言えば、露骨に限界を感じさせるようになってから今までよく持ったなと思うし、彼女にとってはよかったのではないかと思う。パフォーマーとしては才能がある人なのは間違いないので、大人が書いた安易な物語に回収されないような活動をしていってほしい。

 最近、欅坂に影響を受けた地下アイドルグループを見た。メンバーが欅が好きということで始めた感じで、楽曲的にはそんなテーマでそんな曲調なんだけど、MCになったとたんニコニコでちょっと間抜けなトークが始まり、非常に健やかで、「表現としての精度は低いかもしれないけど俺はこっちの方がいいや」と思った。そんな感じだ。

(隔週金曜連載)

おすすめ雑誌バックナンバー:ROCKIN'ON JAPAN 2019年6月号(ロッキングオン)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15898020/

★ロマン優光の新書最新作! ネット書店・全国書店でご購入いただけます★

「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作とも電子書籍版出ました。主要電子スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」3月号(発売中)にて『ロマン優光の好かれない力』連載中! コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


実話BUNKAタブー 2021年12月号

新品価格
¥620から
(2021/10/15 20:05時点)




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 ゆるゆるベイスターズファン 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6