Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年10月号
    実話BUNKA超タブー2022年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    特集:世界の陰謀のすべて ▼ベンジャミン・フルフォードが暴露 コロナ大流行も起こした欧米旧権力 ハザールマフィア ▼人気YouTuber&芸人が世界の真相を解説 コヤッキースタジオ 世界ミステリーch コミックパンダ ジャックのゆっくり解説室 極太ダイナマイト SHINGEN ワンダーウォール! イチゼロシステム ナナフシギ THCオカルトラジオ MATT もてぃす おみそちゃんねる 太郎(大人ノ学校) URASEKI キック くろ丸。 御茶ノ水ゆにばーす 中沢健(UMA評論家) ▼統一教会と戦っていた安倍晋三を殺した闇の組織 ▼広島・長崎に原爆が落とされた本当の理由 ▼三浦春馬の死と芸能界の搾取システム ▼ウクライナにナチスは存在した ▼マイクロチップ埋め込みによる人類家畜化 ▼歴代天皇が唱え続けてきた謎の言葉 ▼茨城県牛久市でプテラノドンが目撃 ▼世界から孤立した言語 日本語 ▼大仙古墳立入禁止の真実 ▼浮世絵に描かれたスカイツリー ▼コロナ流行もサル痘流行もビル・ゲイツに予言させた支配者層 ▼Web3.0がもたらす格差社会 ▼氷河期到来で人類はメタバース生活 ▼漫画『ワンピース』が示唆 サル痘による有色人種抹殺計画 ▼長篠の戦いを勝利に導いた六芒星の一族 ▼日常に潜む悪魔の数字 ▼東京のち家空間の謎 ほか ◎まんが 罪に問われない呪い代行ビジネス/Jリーグに忍び寄る賭博マフィアの闇 ※今号は特集号につきコラムなど一部企画をお休みしていますが、 次号は通常号に戻ります。

  • 実話BUNKAタブー 2022年11月号
    実話BUNKAタブー2022年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼ネトウヨが喧伝する偉大な業績とやらを再検証 安倍元首相は本当に国葬に値するのか▼銀座ホステス性加害で絶体絶命の香川照之 でも本当の悪は店で間違いなし!▼東京五輪を牛耳った挙げ句逮捕の末路 元電通高橋治之が溺れたカネと権力と女▼ 統一教会だけじゃない 宗教とズブズブ IQ不足荻生田光一という政治家▼中国は台湾をどう攻める? 日本が対中最前線になる時▼高橋元理事長逮捕でハッキリした巨大利権 五輪ビジネスの腐敗と終焉 日本は一刻も早く手を切れ▼怒り心頭の創価学会は選挙協力を解消か 統一教会問題打開のために解散なら落選危機の大物議員▼元信者の多田文明が経験した勧誘&教義&集金活動&合同結婚式 なぜ統一教会に多くの人が騙されたのか?▼「政治の力」に屈服したエセ報道機関 テレビ朝日が統一教会批判に及び腰な理由とは▼過酷な人生を強いられるのは統一教会2世だけじゃない 創価学会2世が直面する苦悩▼江ノ島の水着ギャルに安倍国葬の是非について聞きました

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2019.10.04(金)

あのちゃん脱退:ロマン優光連載145

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第145回 あのちゃん脱退

 あのちゃんがゆるめるモ! を脱退するという報告を見た時、今後はアイドルと呼ばれるような領域での活動をすることはないのかな、という感想を抱いた。あのちゃんのような世界と折り合いがつけにくい潔癖な人が、アイドルという虚構の世界を守るためのある種の本音と建前が横行する場で五年以上活動をしてきたことは凄いことだ。もっと早くに辞めていてもなんら不思議ではない。

 あのちゃんという人はアイドルの領域を押し広げた人、アイドルの概念に革新を起こした人だ。それは、ある意味、ももクロ以降の流れの中でも、BiSやBABYMETAL、でんぱ組.inc よりも大きなものかもしれない。他のグループが、その音楽性やキャラクターで、受け手の意識に対してアイドルという概念の領域を新しいものに広げたとするならば、あのちゃんが一番影響を与えたのは、アイドルになろうとする女の子たちの意識だ。もちろん、あのちゃんの個性に新しいアイドルの姿を見出だした受け手も多いだろうし、そういった面での影響も大きいだろう。しかし、従来のアイドルに憧れたりはしなかったであろうタイプの女の子、アイドルが好きだとしてもアイドルになろうとはしなかったであろうタイプの女の子が、自分の中の名付け得ない何かを人前で表現するための場としてアイドルという領域を選ぶようになったこと。それに対するあのちゃんの影響というものとは比べものにならないだろう。
 あのちゃんに興味がなかったり、ゆるめるモ! というグループに好感を抱いてなかったようなアイドルオタクが、あのちゃんという存在を通してアイドルの形というものを認識したような女の子たちがアイドルになっていくことで、彼女たちの誰かを知り、オタクが意識するしないに関わらず、そのアイドルと接することで間接的にあのちゃんという「スタイル」を刷り込まれていくような現象があったわけで、それはすごいことだったと思う。
 あのちゃんの影響といえば、あのギャルという存在があるように、髪型やファッションセンスといった部分が思い浮かぶ人が多いと思う。実際、あのちゃんのコスプレをしてるかのような地下アイドルが大量に存在した時期もあった。しかし、あのちゃんがどんなに可愛くてセンスがよかろうと、それだけではあのような強い求心力は生まれてはこない。いつも何かに抗っているような、世の中と折り合いがわるい、あのちゃんの言葉に対する共感があってこそ、それは生まれてくる。

 あのちゃんを「メンヘラ」という言葉で片付けようとする人は多い。ただ、私にとっては「思春期」そのもののような人だ。世界に対する違和感。裏表ありありで、うまいこと立ち回るような人間に対する怒り。誰も自分のことをわかってくれないという孤独感。汚れた「大人」に対する潔癖な軽蔑。自分が未だ何者でもないということに対する焦りと不安と、自分が何か特別な存在であるかのような確信という相反する気持ち。自分の中の名付け得ない何かから沸き上がる突拍子もない衝動。そういった思春期の想いというのは、鮮烈で綺麗であると同時に滑稽でみっともなく愚かしく、痛々しくて気恥ずかしいと同時に切なくて忘れることのできないものだ。
 そんな「思春期」を、ステージ上の身体と声とSNS上の言葉で純化した形で表現していたのが、あのちゃんという人なのだと思う。

 あのちゃんとゆるめるモ! の関係性も少し不思議な気がする。芸能畑以外の運営がいわゆるアイドルポップス以外の楽曲を扱う「サブカル」っぽい新しい形の地下アイドルのはしりであり、そういった部分で話題になっていたゆるめるモ! なのだけれど、あのちゃんがメンバーであるという部分のみに焦点があたるような扱いを世間的には受けるようになっていった。現場に通わないような人であれば、あのちゃんがたまたま所属しているだけのグループというような認識をしている人もいるだろう。それは違うのではないかとは思う。
 あのちゃんは確かに容姿も優れているわけで、その一点で考えれば、地下でも全然方向性の違うグループや、思いっきり芸能畑でデビューする可能性もあったかもしれない。しかし、渡辺淳之介の元でアイドルをやるあのちゃんというものはどう考えても想像できないだろう。あのようなあり方と一番相性が悪いのがあのちゃんだと思う。やっぱり、田家さんでなければならないのだろう。
 芸能系の事務所ならば、あのちゃんのようなSNSでのあり方は到底許されないだろう。あのちゃんという個性のあり方は芸能的なノウハウを持たない新興のサブカルアイドルグループであったからこそ成立したものだ。

 初期ゆるめるモ! の本来アイドルではない人がアイドルをやっている感じ、同時に本来アイドルではやらないような楽曲をやっているのにアクの強くない感じが、あのちゃんがアイドルになるためには必要だったのだと思う。そこでしかアイドルになれなかった人と、そこでしかアイドルにならなかった人が交錯する場であのちゃんは我々の認識しているあのちゃんになっていった。メンバーとの関係性がどのようなものであったとしても、あのメンバーたちとの関係性があって成り立っていったものだ。それはやはり必然というものであり、ゆるめるモ! でなければならなかったのだろう。

 あのちゃんからの影響からアイドルになった女の子と言っても色々な形がある。素直にあのちゃんのようになりたいとただただ無邪気に憧れている子。あのちゃんに近い資質を持っていた女の子が、あのちゃんの存在を知ることで自分もできるはずだと思い始めた子。あのちゃんに憧れて始めたのだけれど、あのちゃんではない自分のスタイルを発見した子。あのちゃんになれない自分との葛藤であのちゃんに対するアンビバレントな感情の中で自分のスタイルを見つけようともがいている子。影響を口にすることもなくスタイルをパクる子。
 個人的な話だけど、あのちゃんよりも、たまたま資質が近いためにどうしても似てると言われてしまうことと戦っている子だったり、女の子が内なるあのちゃんに別れを告げるための「飛翔」を見ている方がなんとなく好きだ。それはクラッシュよりも、クラッシュに影響を受けたパンクバンドの方が好きなのと同じようなものなのかもしれない。

 何年か前にたまに見に行っていたアイドルがいる。ゆるめるモ! とはほど遠い、古典的なタイプの芸能系の事務所の地下アイドル。その子は特にかわいいわけでもなく、歌パートもほとんどなく、ダンスもダメダメ。物販でも挙動不審でオドオドしているか、変に失礼かどちらかしかないような子だった。当然、グループ内では不人気メンバーであり、オタクばかりかメンバーにも不人気で、年下のメンバーに客の前であからさまに下に扱われたり、バカにされてたりするような子だった。
 高校生なのだけど不登校。両親は不仲で経済的にも苦しく、親からもろくな扱いを受けていない。友達もいそうにない。そんなあの子の憧れの人があのちゃんだった。本来、アイドルに向いてないあの子がアイドルになろうと思ったのはあのちゃんがいたからだった。何もかもが上手くいかない生活の中で、あのちゃんだけが光だったのだと思う。

 Twitterの別垢で大人への不信や活動の不平不満や内部情報を書き散らかしたり、いわゆるバカッターみたいなことをやっているのがメンバーの密告で事務所にばれてグループをはずされ、別垢を禁止するという罰則を与えただけで事務所はサブカルっぽいアイドルとして再デビューさせようとしてたのだけど、新しく作った垢で元メンバーの悪口を言い散らかしているのを元メンバーに密告され解雇になるという、なんともいえない間抜けな終わりかただった。
 そういうどうしようもない子だったのだけど、あのちゃんのことをTwitterに書く時だけはキラキラとした言葉が綴られていた。あの子にとってあのちゃんだけが救いだったのだと思う。あの子はあのちゃんになれなかったし、なれるわけもなかったのだけど、それでも、あのちゃんに成りたかったんだと思う。なれるわけがないとわかっていても。

(隔週金曜連載)

おすすめ新書:「10年続くアイドル運営術~ゼロから始めた“ゆるめるモ! "の2507日~」大坪ケムタ・田家大知(コア新書/コアマガジン刊)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15948474/

在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_029.html

★ロマン優光の新書最新作! ネット書店・全国書店でご購入いただけます★

「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作とも電子書籍版出ました。主要電子スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」11月号(発売中)にて『ロマン優光の好かれない力』連載中! コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ ゆるゆるベイスターズファン 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6