Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

毎週月曜セ・パ2本

野々垣武志の週刊NOMOスポ

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年11月号
    実話BUNKA超タブー2020年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    法務大臣と国家公安委員長に子飼い押し込み 検察と警察を完全掌握 菅義偉の恐怖人事/大川隆法が認可あきらめた幸福の科学大学の正体/池田エライザハ×撮り流出疑惑の真相誌上公開/独裁者菅義偉の言論統制術 メディア言いなりにして総理総裁に/放置すると死期を早める お腹と大腸の健康維持/血税がキムタクCM制作に 日産に国民のカネ1300億が投入される/元竹中組竹垣悟が語る山口組ヒットマンの戦歴/ほぼアメリカ人の大坂なおみを日本国籍だからと応援するバカたち/連続する芸能人自殺 事務所とテレビ局の無責任対応/辻丸史郎官能画/小倉由菜・伊織いお・西永彩奈・薄井しお里グラビア コスプレイヤー真中つぐオススメ「おもちゃ」企画/韓国美女 ほか

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 姫野桂 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年12月号
    実話BUNKAタブー2020年12月号

    10/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価612円(税込)

    誰もが〇殺に追い込まれる〇殺大国ニッポン(Webのため表現を抑えています)/菅首相が小池百合子を許さない理由/強欲竹中平蔵のせいで一億総貧困社会へ/巨人軍優勝記念 原辰徳監督黒い疑惑の数々/GoToイートタダ同然で外食するマル秘テク/業界のカリスマが語る 地下アイドルやグラドルも普通に金で抱ける アイドルとのパパ活エグいプレイの実態/一生人工透析・失明・脚の切断も 静かに忍び寄る糖尿病/テコンダー朴「琉球唐手VS米軍海兵隊格闘術」/親の死後起こる寺との泥沼トラブル集/グラビア 橋本ひかり 小鳥遊くれあ 他

    ●連載第25回!『ロマン優光の好かれない力』は「男のフェミニストはヤバいやつが多い?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2017.07.21(金)

奇妙な死亡報告:ロマン優光連載88

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第88回 奇妙な死亡報告

 SNS上では時として不可思議な出来事が起こります。いや、書き込む人が報告しているだけなので、それが現実に起こったことかどうかもさえもわからない。事件性があるわけでもないなら警察が介入することもないし、記事にするほどのネームバリューがある人物でなければマスコミが取材して裏付けをとるようなこともない。せいぜい、それにまつわる書き込みがネット上でまとめられる可能性があるだけで、たいていの場合、真実が明らかになる日が訪れることもない。
 そういう出来事の典型的な例が、「クリエイター系の仕事をしているSさんの死亡報告」にまつわる一連の出来事でした。Sさんの仕事とか詳しい履歴とか動機とかは本稿において別に重要なものではないので概略を軽く説明するなら、Sさんは仕事で一部で高い評価を受けている反面、取引先とトラブルをたびたび起こしていることでも知られている人物。SNS上での発言もどこかピントがずれた軽く物議をかもすようなものが多い人でもあります。仕事上の不当な扱いだとSさんが認識していることについて一方的な告発(事実関係は実際わかりません)めいたことをSNS上で発言したため、先方の反論にあい、法的な話し合いがおこなわれることになった模様です。その件で軽い炎上めいたことが起こり、一部からバッシングも受けました。元から精神的に不安定な発言の多かった人なのですが、これくらいの時期から「仕事をやめる→やっぱり、やめない」「死にたい→死なないです」といった発言や、アカウントを消す→復活といったことを繰り返すようになりました。
 そういう流れの中で突如として本人のアカウントで、『このアカウントのパスワードを共有していた元スタッフ』を名乗る人物からSさんの死亡報告がなされたのです。前日には遺書めいた書き込みがなされており、死亡原因も「心不全」という自殺を遂げた人に対して使われることが多いものだったこともあって、明記されていないものの、自殺を匂わせるものでした。
 ただ、この死亡報告は色々と疑念を抱かせるものでした。世間にこのことを広めたくないと言いながら、SNS上で発信していること。死亡報告が某日の深夜0時16分に行われたのに、その死亡日が某日その日だったこと。広めたくないはずなのに、Sさんスタッフを名乗る人物がSさんのアカウントから死を悼む発言や過去の彼女の仕事を絶賛する発言をいいねしたり、RTしたりして注目を浴びるような行為にでていたこと。報告した人間の名前と問い合わせ先を名乗る人間の名前が違っており、その名前が似通っていて、名字しか書かれていないこと。
 普通に考えれば、Sさんの死を広めたくないのであれば、SNS上で報告するのではなく、知人や仕事先にメールで報告して内密にするようにお願いしそうな気がしますし、死亡確認から十数分で死亡報告をしたりはしない気はします。しかし、我々は裏付けがとれない以上、Sさんが死に際し連絡先を消去した上に、元スタッフが非常識な人物であったため、このような事態が起こった可能性を否定できないのです。死亡日時も間違っただけかもしれません。複数の元スタッフが分担して作業していたため、複数の名前が出てきただけで、たまたま名前が似ていただけかもしれません。裏付けがとれない以上、可能性は否定できないのです。この時点では、Sさんと直接関わりがあった人や、Sさんについて知ってる媒体関係の人、こういう話題を好みそうなライターの人たちは、この件について公の場で発言をすることは全くといっていいほどありませんでした。それは、あまりにも情報が不自然だったのが理由なのではないかと思います。素直に受け取って悼むことも、否定をする証拠もないので疑念をはさむこともできない、という感じですよね。
 その後、元スタッフが管理しているSさんのアカウントに匿名掲示板による誹謗中傷を理由に鍵がかけられました。さらに一般人としてSさんを悼む発言をしていたアカウントがSさんを名乗り、死ぬ気だったが死にきれなかったため、このようなことになってしまったと謝罪。さらに、匿名掲示板で住所と本名を晒されているため、身の危険を感じているという発言。さらにそのアカウントは消え、突如Sさんの旧友を名乗るアカウントが出現し、今後Sさんの窓口になること、Sさんは精神的病いの疑いがあり治療することなどの報告がなされ、最新の報告としてはSさんの病気の内容が報告されています。
 結局、『自称・なにがし』から様々な報告がされているだけなので真実はさっぱりわかりません。Sさんが死んでいるとするなら、Sさんを自称した後に消えたアカウントや旧友アカウントは酷いイタズラです。Sさんが生きていたとしたら、元スタッフは本人の詐称だったと考えるのが自然ですけど、元スタッフが実在していて共犯だった、あるいは騙されていた可能性だって完全に否定できもしないのです。Sさんの窓口になることを宣言した旧友を名乗るアカウントも色々と不自然ですが、そういった不自然さも「Sさんは変わった人なので友人も変わった人なのかもしれない」ということで説明がつくと言えばつくのです。そういえば、Sさんとして遺言めいた発言をしたアカウントも、当初はSさんのアカウントだったのが、弟子としての目線でSさんのことと自分の話を語るアカウントになり、再びSさんとしてのアカウントになったのでした。
 登場人物の正体が全てSさんであると考える人は多いですが、証拠がない以上それが真実かどうかはわからないわけで。この程度の知名度の人物による、この程度の出来事を手間暇とお金をかけて裏付け調査する第三者など普通いないと思われますし、登場者が現れて正直に語るしかないのですが、それが正直に語られているかは検証することは難しいというか、面倒くさいので誰もやらないでしょうね。だから、真相めいたものが語られたところで、結局それが真相かどうかわからないまま、なんとなくの『真相』が一部で広まり、やがて忘れられていくのでしょう。
 ただ、Sさんがその名前で、以前と同じような形で仕事をできる日が来ることはないのではないでしょうか。生死いずれかを問わず。

(隔週金曜連載)

写真:写真AC

______________________________

★ロマン優光 出演映画「チョコレートデリンジャー」の今後の情報は、以下のツイッターをフォローしてください★
https://twitter.com/choco_derri2017

★ロマン優光がサブカルの定義に鋭く斬り込む異色作★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前作は電子書籍でも発売中★
筆者の前作『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! 
◎電子版主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

★「実話BUNKAタブー」(毎月16日発売)で杉作J太狼XSと社会時評対談連載中!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 杉作J太狼XE 新日本プロレス 山口明 アイドル 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6