Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年10月号
    実話BUNKA超タブー2022年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    特集:世界の陰謀のすべて ▼ベンジャミン・フルフォードが暴露 コロナ大流行も起こした欧米旧権力 ハザールマフィア ▼人気YouTuber&芸人が世界の真相を解説 コヤッキースタジオ 世界ミステリーch コミックパンダ ジャックのゆっくり解説室 極太ダイナマイト SHINGEN ワンダーウォール! イチゼロシステム ナナフシギ THCオカルトラジオ MATT もてぃす おみそちゃんねる 太郎(大人ノ学校) URASEKI キック くろ丸。 御茶ノ水ゆにばーす 中沢健(UMA評論家) ▼統一教会と戦っていた安倍晋三を殺した闇の組織 ▼広島・長崎に原爆が落とされた本当の理由 ▼三浦春馬の死と芸能界の搾取システム ▼ウクライナにナチスは存在した ▼マイクロチップ埋め込みによる人類家畜化 ▼歴代天皇が唱え続けてきた謎の言葉 ▼茨城県牛久市でプテラノドンが目撃 ▼世界から孤立した言語 日本語 ▼大仙古墳立入禁止の真実 ▼浮世絵に描かれたスカイツリー ▼コロナ流行もサル痘流行もビル・ゲイツに予言させた支配者層 ▼Web3.0がもたらす格差社会 ▼氷河期到来で人類はメタバース生活 ▼漫画『ワンピース』が示唆 サル痘による有色人種抹殺計画 ▼長篠の戦いを勝利に導いた六芒星の一族 ▼日常に潜む悪魔の数字 ▼東京のち家空間の謎 ほか ◎まんが 罪に問われない呪い代行ビジネス/Jリーグに忍び寄る賭博マフィアの闇 ※今号は特集号につきコラムなど一部企画をお休みしていますが、 次号は通常号に戻ります。

  • 実話BUNKAタブー 2022年11月号
    実話BUNKAタブー2022年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼ネトウヨが喧伝する偉大な業績とやらを再検証 安倍元首相は本当に国葬に値するのか▼銀座ホステス性加害で絶体絶命の香川照之 でも本当の悪は店で間違いなし!▼東京五輪を牛耳った挙げ句逮捕の末路 元電通高橋治之が溺れたカネと権力と女▼ 統一教会だけじゃない 宗教とズブズブ IQ不足荻生田光一という政治家▼中国は台湾をどう攻める? 日本が対中最前線になる時▼高橋元理事長逮捕でハッキリした巨大利権 五輪ビジネスの腐敗と終焉 日本は一刻も早く手を切れ▼怒り心頭の創価学会は選挙協力を解消か 統一教会問題打開のために解散なら落選危機の大物議員▼元信者の多田文明が経験した勧誘&教義&集金活動&合同結婚式 なぜ統一教会に多くの人が騙されたのか?▼「政治の力」に屈服したエセ報道機関 テレビ朝日が統一教会批判に及び腰な理由とは▼過酷な人生を強いられるのは統一教会2世だけじゃない 創価学会2世が直面する苦悩▼江ノ島の水着ギャルに安倍国葬の是非について聞きました

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2017.05.26(金)

映画『チョコレートデリンジャー』について:ロマン優光連載84

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第84回 映画『チョコレートデリンジャー』について

 吾妻ひでお・原作、杉作J太郎・監督による映画『チョコレートデリンジャー』が約10年の年月をかけて、遂に監督の故郷である愛媛県松山市で公開された。公開されたといっても、地方での公開ということもあり、私も含めた出演者の多くが現在の形を未見であるという状態。付け加えるなら、公開後も未だに編集作業が加えられ続け、常に最新ヴァージョンが生まれていっているわけで、最終的な姿はまだまだ見えてこない。いや、そもそも、この映画には最終的な形というのは存在しないのかもしれない。ジャンルを逸脱し、映画的コードから離脱し、実験すら乗り越えた不定形な混沌、それが『チョコレートデリンジャー』なのかもしれない。
『チョコレートデリンジャー』の撮影に入る時点で、この映画がそのような存在になることを想像したスタッフ、出演者は誰一人いなかっただろう。杉作監督本人も含めて。
『任侠秘録 人間狩り』『怪奇!!幽霊スナック殴り込み! 』の2作品を経験した杉作監督及び撮影スタッフのスキルは確実に上がっていた。役者兼スタッフという形で多くの人が参加していた前2作に対して、衣装さん、メイクさんといったプロ経験のある専属スタッフも増えていた。出演者もプロの役者さんが増えていたし、ロケ先も多岐に渡った。予算も格段に増えていた。「原作の漫画をそのまま絵コンテとして使用する」という斬新なコンセプトによって方向性にも迷いなく、シナリオも非常にしっかりしていた。何より、主演は現役のメジャー・グラビアアイドルの松本さゆきだ。彼女を中心に据えて、低予算・出演者の多くが演技の素人などの縛りはあるが、前2作よりもわかりやすい、商業性の増した、ポップな小品ができあがると思っていた人がほとんどだったのではないのだろうか。(伴映作品も企画され、ある程度進行していたはずだが、私はそちらには直接関わっていないために詳細は不明だ)。
「監督が商業的完成度のより高い作品を撮ることで普通に評価され、最終的には一般的な商業作品を撮れるとこまで行けたらいいな」と思っていたし、あのまま順調に進行すれば『チョコレートデリンジャー』はそういう意味を含んだ作品になっていたかもしれない。
 しかし、実際はそうはならなかった。最初のクランクアップから現在に至るまでの紆余曲折、そこで何が起こっていたかについては、後に語られた監督本人の言葉で知るしかない。私たちはクランクアップ後も延々と続く撮影、増え続ける出演者、ニューヴァージョンが生まれ続ける予告編、といった状況に戸惑っていた。まったく状況がわからないまま、話を聞かなくなり、もう公開はされないのではと思い忘れかけると、突如として思い出したように新情報がもたらされる。何年もそういう状況が続いた。そして今年、遂に『チョコレートデリンジャー』は公開された。
 現在公開されているものの原型になるであろう長尺の予告編を初めて見た時に私はのけぞった。かって想定された完成形からかけ離れたそれは、その時点で完全なる混沌だった。実験的とはいえる。しかし、実験映画には実験映画のスタイルというものが存在するわけだが、そういった文法から明らかに逸脱している。そのわかりにくさは同時にわかりやすいくらいに杉作J太郎その人であり、その姿はそのまま『チョコレートデリンジャー』の9年であり、杉作J太郎の過ごした9年間だった。
 未だに現時点での完成形(そして、それは更新され続けている)を見ていない私だが、これだけはわかっている。「いやー、あれヤバいよねー。」とかいう『サブカル』的な浮ついた見方をしていい作品ではないということだ。「ヒドすぎて笑っちゃう! 最高!」みたいな捉え方をしていい作品ではないということだ。面白い、面白くないという判断は個人が勝手にすればいい。感動する人も、酷評する人もいるだろう。ただ言えるのは、作品を見るからには真っ直ぐに向かい合わなければならないということだ。
 杉作J太郎という人は全てにおいて何かに反対することではなく、何かにならないこと、何かでないことを貫いてきた人だ。「そんな風に人は言うけれど、本当はそうではないかもしれない」ということを発し続けてきた。「あなたはそうかもしれませんが、私はそうではないのです。」と優しい笑顔で言ってきた男なのだ。

 反○○などというものは○○が存在しないと成り立たないものだが、○○でないということは○○が存在しなくても成立する。『反』などというものは対象があって初めて成立するもので、対象の陰画でしかない場合だって多い。反体制の革命家が独裁者に変わったり、反権力の言論人が自分に対するフェアな批判に不当な圧力をかけたり、そのような例は数限りなくある。『○○でなくある』ということは、そういった下らないループから逃れ、陳腐でわかりやすい物語から独立した存在であるということだ。そして『チョコレートデリンジャー』という映画も、そういう存在なのだと思う。
 関わった多くの人たちの人生と交錯しながら、「苦節何年、ついに傑作が!」という美談でもなければ、「苦労の甲斐なく駄作ができた!」というようなゲスな悲喜劇でもなく、単純な物語に回収されない名付け得ない状況を生む作品ができたこと、そういった作品が産まれる自由が世界にはまだあること、そういう作品をつくるしかない人生を生きている男がいることを私は幸せに思う。

(隔週金曜連載)

写真:映画『チョコレートデリンジャー』より

______________________________

★ロマン優光 出演映画「チョコレートデリンジャー」の今後の情報は、以下のツイッターをフォローしてください★
https://twitter.com/choco_derri2017

★ロマン優光がサブカルの定義に鋭く斬り込む異色作★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前作は電子書籍でも発売中★
筆者の前作『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! 
※なお紙書籍版も、全国書店・ネット書店にご注文いただければ入手可能です。
◎電子版主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ ゆるゆるベイスターズファン 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6