Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年11月号
    実話BUNKA超タブー2021年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    ▼「自分は正しい」と信じる迷惑な奴が多すぎる 反ワクチン派とゼロコロナという極論2大バカたち ▼統一教会と安倍晋三 カルト宗教と政界のドンの不適切な関係 ▼爆笑問題太田光は弱小事務所なのに天皇松本人志いじりが許される理由 ▼自民 公明 立民 維新に投票するなんて一票のムダ 総選挙の投票先は共産党一択だ ▼親否定するバカな子供だらけの末期社会 話題の親ガチャより子ガチャがリスク ▼”突破者”宮崎学が工藤會総裁死刑判決に異議「極刑は警察庁の意向で最初から決まっていた」 ▼ほんこん 千原せいじ 小籔千豊 ブラックマヨネーズ吉田 ネトウヨ化した知性が絶望な芸人たち ▼猪苗代湖ボートひき逃げ殺人 佐藤剛容疑者 田舎成金の品性下劣な外国人斡旋業 ▼安倍と麻生にクビ切られた無能宰相菅義偉が復讐の鬼と化した ▼なぜオタクの凶悪犯罪が後と絶たないのか分析した ▼映画監督森達也が見つめるコロナ禍の世界 ▼デカ盛り有名メニュー地獄の実食調査 ▼美女がクズ男にヤラれる胸クソAVのススメ

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー  岡崎二朗他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年12月号
    実話BUNKAタブー2021年12月号

    10/15発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼「眞子さまがPTSDだから小室さん問題を批判するな」と言い出した正義マンたちの愚か▼皇室を揺るがす青年は一体何者なのか 完璧プリンス小室圭さん◯裏全史▼安倍前首相の靴を舐め続けて遂に総裁総理に 岸田文雄の媚び媚び下僕人生▼日本の至宝を「二刀流」とおだてて、はした金で搾取し続ける異常 大谷翔平はエンゼルスの「奴隷労働者」▼メシがまずい都道府県ランキング 第一位沖縄▼メリー氏が亡くなりマスコミへの圧力統制が不可能に ジャニーズ事務所弱体化でキムタク独立▼こんなトンデモ政党が議席増なんて世も末 維新の会不祥事&犯罪事件簿▼社会学者宮台真司インタビュー「売買春は女性搾取」という大間違い▼実食調査 一番まずいオムライスはどこ? ガスト ジョナサン ジョイフル ココス ビッグボーイ ラケル ポムの樹▼女性差別で騒ぐフェミニストたちが無視する男性差別▼千葉ロッテマリーンズ優勝争いロッテ日韓に巣食う骨肉争い財閥▼漫画テコンダー朴第52話「独島ライダー参上! 独島は韓国の領土!!」▼子供の人生は本当に親のランク次第なのか? 親ガチャ失敗女子5人の告白

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「我々はなぜ小室圭さんに魅了されてしまうのか」

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2017.02.19(日)

『全部、言っちゃうね。~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~』を読んでみた:ロマン優光連載77

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第77回 『全部、言っちゃうね。〜本名・清水富美加、今日、出家しまする。〜』を読んでみた

「千眼美子の本、家のポストに放り込んどいたから、 今回はそれでよろしく」という編集氏からのメール。恐る恐るポストを見に行ってみると、確かにポストに入ってましたよ、『全部、言っちゃうね。本名・清水富美加、今日、出家しまする。』が。俺、これから、これを読んで感想を書くのか…。

 読後の感想としてはまず、字が大きくて非常に読みやすいです。読みやすいというのは良いことです。読み終わるまで、一時間かかりません。読むのに多く時間を割かなくてもいいのも評価できるところです。逆にいうと、あっという間に読み終わるのでコスパが悪ともいえます。以上!

 って、そういうわけにもいかないですよね。なんか、気になったことをポツポツ書いていこうかと思います。
 千眼さんの語った内容を文字に起こしたという体の本なのですが、実際のところは本人がどこまで語ったことなのかはわかりません。そこは今の私には事実を確かめることはできないので、文章の印象から語っていくことになります。
 全体的な印象としては、非常に楽しそう。レプロ時代のつらかった体験についても語られていますが、それすらたまにユーモアも交えたりしながら語られていて、全体としては希望に溢れているような生き生きとした印象です。まあ、苦しかった生活から解放された上に、千眼さんにとっては神にも等しい大川総裁に直接対面しているわけですから、それは幸せでいっぱいになっても不思議ではありません。
 一番、面白かったのが大川総裁による自分の守護霊インタビューを読んだ感想です。「冗談言ったり、話そらしたり、全然話かみ合ってないし、勘弁してよって感じでした。」(p.134より引用)と語られていて、自分の守護霊があんな感じだったとはショックだったという意味の記述もあります。なんというか、出家するほど幸福の科学の教えに帰依している千眼さんにとっても、守護霊インタビューというのは素直には納得し難い内容だったわけですよ。
 そういう記述を読むと「そこがおかしいと思うんなら、気づけよ!」と思う人は多いでしょう。でもね、何かを信じたい人にとっては、こういうことはたいした問題ではないのです。それを信じなければ自分のアイデンティティが失われてしまうのです。大川総裁は絶対に正しいという答えを前提に全てが成り立っている以上、守護霊の様子がおかしいのは自分の守護霊が悪いのであって、守護霊インタビューという形式自体は絶対に間違っていてはならないのです。その前提がなくなったら自分が壊れちゃいますから、どんなにおかしいと思うことがあっても、なかなか前提を疑ったりせずに、思考停止状態で矛盾をスルーしてしまうもんなんですよね。
 まあ、こういう教団にとって、あまり得にならないようなことは教団内の他人がなかなか思いつかないだろうから、本人の語りおろしの可能性は非常に高い気もします。

人は何を信じてもいい

 幸福の科学の今回の動きというのは非常に人気取りに走っている感じがあります。最近、話題になることが多い『芸能プロダクションの闇』というか『レプロの闇』。それと立ち向かう正義のイメージを作って信者獲得を狙っているように見えます。しかし、彼女を追い込んだレプロに問題があるのは確かですが、幸福の科学は彼女の本当の味方なのでしょうか? 敵の敵は必ずしも味方ではなく、それは別の敵でしかないかもしれない。精神的に追いつめられて弱っていた彼女につけこんで、広告塔として利用しようとする幸福の科学もまた本当の意味での彼女の味方ではないのではないでしょうか? レプロも幸福の科学も強い力を持っている団体です。芸能人からレプロのやり方が「昔からそうなんだから」と擁護される一方で、めんどくさい相手だから幸福の科学を非難することもせず、彼女ばかりが「無責任」だと責められる。ほんとひどい話です。
 彼女は親の代からの幸福の科学信者なわけですよね。そういう人が精神的に追いつめられた時に、子供の頃からの信仰にすがってしまうのは仕方がないことのような気がします。物心ついた時には価値観の根底にそれが植え付けられているのだから。そこにいっちゃいますよね。それをバカバカしいとかいうような人間は想像力も思いやりもない人間だと思いますよ。
 宗教というのは本来生きている人間の心の平穏のためにあるものです。それを信じると現実が良くなったり、信じないと現実に罰が当たるというようなものであってはいけないはずなんです、少なくとも現代の日本においては。新興宗教の中には、現世利益をうたったり、信じないと罰が当たると脅したりする団体もあります。さらには、心が弱っている人につけこんで財産を巻き上げようとする問題外のところすらあります。自分の欲に都合よく相手の精神をコントロールすることで偽りの心の平穏を与えることが本当の救いとは思えないです。こういうやり方は一部の悪質な宗教に限ったことではなく、芸能プロだって、会社だって、学校だって、あらゆる組織の中に見られます。千眼さんの場合、芸能界で頑張って成功するためには色んな理不尽を受け入れなければならないという、それまでの『信仰』が崩れた時に、別の『信仰』につけ込まれてしまったような気がします。
 人は何を信じてもいいんですよ、それが本当に自分で選んだものなら誰が何を言おうと信じていいんです。(それはあくまで原則論で精神的世界の問題で、現実では不利益を受けたり刑事的な処罰を受けることだってあるでしょうから、各自がよく考える前提です。)自分の意志で何かを信じるのと、他者が上手いことすり寄っていってコントロールして、選ばざるを得ないようにしておきながら、さも自分が選んだように思わせて信じ込ませるというのは違うんですよ。特に宗教/思想の勧誘をしてくる人は危険です。他人に影響を受けて何かを信じるようになることはあります。しかし、それは他人の行動や主張をこちらが見て感銘を受けることから始まるものです。こちらの個別の事情に寄り添ってきて、実のない言葉で勧誘してくるものに、動かされるべきではないのです。
 何を信じるのも結局は同じ、どれも偽りの心の平穏ではないかという話もあります。まあ、そうかもしれません。しかし、他人の心に割り込んで偽りの平穏を与えるという行為は全然違う話です。自分が勝手に信じたことで人生が台無しになるのは本人の責任ですが、他人に信じこませて他人の人生を台無しにするのは、信じ込ませた奴の方が絶対に悪いのです。魔法はいつかとけてしまいます。魔法使いが生きているうちは魔法が有効だとしても、死んだ後に魔法がとけてしまった人たちのことは知らないとかいうのは非常にひどい話です。
『仮面ライダーフォーゼ』の時の清水さん、とても可愛いかったですよね…。

(隔週金曜連載)※今週は都合により日曜掲載

写真:『全部、言っちゃうね。本名・清水富美加、今日、出家しまする。』千眼美子(幸福の科学出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14707272/

★ロマン優光の話題作★

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://bit.ly/2kztBT0(案内ページへ)

ネット書店各社、全国のサブカルに理解ある書店でもお求めいただけます。お近くで入手できない場合はお取り寄せください。

______________________________

★前作は電子書籍でも発売中★

筆者の前作『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! しかも紙版よりかなり安くなってます。各電子書店のスマホアプリを利用すれば、専用端末がなくてもすぐに、どこでも読めます! ※なお紙書籍版も、全国書店・ネット書店にご注文いただければ現在も入手可能です。
◎電子版主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。
http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

【ロマン優光:プロフィール】

ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


実話BUNKAタブー 2021年12月号

新品価格
¥620から
(2021/10/15 20:05時点)




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 ゆるゆるベイスターズファン 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6