Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年11月号
    実話BUNKA超タブー2021年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    ▼「自分は正しい」と信じる迷惑な奴が多すぎる 反ワクチン派とゼロコロナという極論2大バカたち ▼統一教会と安倍晋三 カルト宗教と政界のドンの不適切な関係 ▼爆笑問題太田光は弱小事務所なのに天皇松本人志いじりが許される理由 ▼自民 公明 立民 維新に投票するなんて一票のムダ 総選挙の投票先は共産党一択だ ▼親否定するバカな子供だらけの末期社会 話題の親ガチャより子ガチャがリスク ▼”突破者”宮崎学が工藤會総裁死刑判決に異議「極刑は警察庁の意向で最初から決まっていた」 ▼ほんこん 千原せいじ 小籔千豊 ブラックマヨネーズ吉田 ネトウヨ化した知性が絶望な芸人たち ▼猪苗代湖ボートひき逃げ殺人 佐藤剛容疑者 田舎成金の品性下劣な外国人斡旋業 ▼安倍と麻生にクビ切られた無能宰相菅義偉が復讐の鬼と化した ▼なぜオタクの凶悪犯罪が後と絶たないのか分析した ▼映画監督森達也が見つめるコロナ禍の世界 ▼デカ盛り有名メニュー地獄の実食調査 ▼美女がクズ男にヤラれる胸クソAVのススメ

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー  岡崎二朗他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年12月号
    実話BUNKAタブー2021年12月号

    10/15発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼「眞子さまがPTSDだから小室さん問題を批判するな」と言い出した正義マンたちの愚か▼皇室を揺るがす青年は一体何者なのか 完璧プリンス小室圭さん◯裏全史▼安倍前首相の靴を舐め続けて遂に総裁総理に 岸田文雄の媚び媚び下僕人生▼日本の至宝を「二刀流」とおだてて、はした金で搾取し続ける異常 大谷翔平はエンゼルスの「奴隷労働者」▼メシがまずい都道府県ランキング 第一位沖縄▼メリー氏が亡くなりマスコミへの圧力統制が不可能に ジャニーズ事務所弱体化でキムタク独立▼こんなトンデモ政党が議席増なんて世も末 維新の会不祥事&犯罪事件簿▼社会学者宮台真司インタビュー「売買春は女性搾取」という大間違い▼実食調査 一番まずいオムライスはどこ? ガスト ジョナサン ジョイフル ココス ビッグボーイ ラケル ポムの樹▼女性差別で騒ぐフェミニストたちが無視する男性差別▼千葉ロッテマリーンズ優勝争いロッテ日韓に巣食う骨肉争い財閥▼漫画テコンダー朴第52話「独島ライダー参上! 独島は韓国の領土!!」▼子供の人生は本当に親のランク次第なのか? 親ガチャ失敗女子5人の告白

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「我々はなぜ小室圭さんに魅了されてしまうのか」

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2016.12.09(金)

2016年のアイドル:ロマン優光連載72

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第72回 2016年のアイドル

 編集氏から「2016年のアイドル界を振り返ってベストテン的なものを」というお題をもらったのですが、非常に困惑しております。なぜなら、私はアイドルシーン全体を俯瞰で見渡せるほどアイドルについて知らないからです。私がある程度は把握できているかも知れないのは、自分がライブを見に行ってる東京ローカルのインディーズアイドル、地下アイドルのシーンの極々一部に過ぎず、今の膨大な数のアイドルが存在する上に細分化が進んでいるアイドルシーン全体について語ることができるわけがないからです。
 2010年から2011年くらいにかけての、ももいろクローバーが名前にZがつきブレイクするまでの『アイドル戦国時代』と一部で呼ばれていたような時期から、もう何年も過ぎました。あの頃、今までアイドルに興味がなかった人がももクロにはまり、「ももクロはアイドルの枠を超えた!」「ももクロは他のアイドルとは違う! ももクロはアイドルではなく○○だ!」と言い出すという現象が見受けられました。BiSがブレイクしていく過程でも、BiSに対して同じような言説があったと思います。こういった言説は今までアイドルという文化を下に見ていたのにアイドルが好きになってしまった自分が恥ずかしくて仕方ないので、ろくにアイドルについて知らないくせに己の無知をかえりみず、他のアイドルを卑しめることで自己正当化をはかる非常にみっともない行為でしかないと思います。
 確かに、そのアイドルはその人にとって特別な存在なのでしょう。それはそれで良いことだと思います。それなら「私は今までアイドルに興味がなかった/アイドルは好きではなかったけど、アイドルにも良いものがあるのだな。」と思えばいいだけで、◯◯はアイドルとは違うと強弁するのは、結局自分のプライドの問題に過ぎないのです。基本的には、あなたにとって特別であるということは、それが絶対に他より優れているということを意味するわけではなく、それはあなたがそれを好きなだけなのです。
 こういった人たちの多くは時間が過ぎ色んなアイドルを知ることで、そういった自分のイタさを知り、落ち着いていくわけですが、もうすぐ2017年にもなろうかというのに「AKBはサブカル。地下アイドルは風俗」とか言い出す、地下アイドルについて全く知らないといってもいいレベルの知識しか持ってないような人が現れるのを見ると絶望的な気分になります。風俗といっても、さすがに世相や生活文化の特色という意味の方だとは思いますが、無意識のうちに上から目線が発動してる感じしかしませんね。その人の価値感の中ではサブカルというものは最高の価値があり、自分の好きなものはサブカルでなければならないし、それ以外はダメなものと言ってるに過ぎないからです。できるだけ良く解釈してみても、AKBをその人が想定しているサブカル的なコンテキストで語りたいという欲望の発露であって、それに無意味に地下アイドルに対する侮蔑意識が付け加えられてるようにしか取れません。「私はAKBをサブカル的なコンテキストで分析、研究をしたいです。」と言えばいいだけのことをなんで無用のマウンティングを付け加えるのか理解に苦しみます。私はアイドルというもの自体は芸能であると思っています。アイドルに限らず、対象が何であれサブカル的な視点で語れば、その語りはサブカルになってしまうという話で、最近アイドルがサブカル的に言われる機会が多いのは、単にサブカル文化圏の人でアイドルを語りたがる人が多くなったからというだけのことで、アイドル自体はサブカルではなくアイドルであり芸能なのです。それを自分の好きなアイドルはサブカルで他は違うなどというのは知性とは程遠い恥ずべき言動だと思います。

 ちなみに私はパンクが好きですが、基本的に「あのアイドルはパンクだ!」みたいな言い方したことはないですね。パンクはパンク、アイドルはアイドルですから。確実に言った覚えがあるのは偶想DROPの零ちゃんに関してだけですね。これは仕方ないです。

ここから本題

 最後に少しだけ、自分の見ている範囲のアイドルに関して振り返ってみたいと思います。まず、インディーズアイドルと地下アイドルを私はそれぞれ違う意味で使用しています。BiS以降に増えた、自分の音楽や表現をアイドルを通して実現しようという節のあるアーティスト性のある運営が経営している小規模なアイドルがインディーズアイドル(シーンにはアイドルに近いが微妙に違うグループも含まれている)。芸能事務所的な立ち位置の運営が経営している小規模なアイドルが地下アイドル。そのように分けています。こっからこっちがインディーズアイドルで、こっからこっちが地下アイドルと明確に分けれるわけではないし、ナト☆カンのように、BiSのもっとも早いフォロワーでありながら、気づいたら普通に旧来の地下アイドルのシーンに順応して活動していた例もありますが、なんとなくシーン自体も分かれています。ナト☆カンがああなっていったのは未だに感慨深いですけど…。
 自分が通ってた地下アイドルの界隈に関しては、2013年あたりにピークを迎えて以降、多くのグループが解散したり、メンバーチェンジや方向転換でかつての面影がなくなってしまったり、今ではかつての通ってたグループのメンバーがスポットで復活するような時にしか行かないようになってしまいました。なんか、寂しいですね。
 ラウドロックだったりNW的だったりするようなオルタナティヴな楽曲や、客を巻き込むような破天荒なステージングを志向するグループの多かった2015年度の東京ローカルのインディーズアイドルシーンですが、2016年になって少し様子が変わってきました。少女閣下のインターナショナル、黒猫の憂鬱のような、ある意味めちゃくちゃなステージングで知られていたグループが相次いで活動を辞める中、オーソドックスなアイドル的な楽曲と丁寧なステージングのグループがシーンに現れてきたような気がします。『よいこの歌謡曲』人脈の運営によって結成されたSummer Rocket。丁寧なボーカルとダンスが心地好いバーバ⁂ヤーガ。少し違うのですが、楽曲的にはポストハードコアやエモ的な部分が大きいものの、ステージ上で完結された綺麗なステージングが特徴的なヤなことそっとミュート。こういった、ある意味原点回帰的な部分をもったグループが新しく増えてきたのが自分が見てきた範囲で把握できている2016年の兆候ではないかと思います。
 まあ、年内いっぱい楽しくオタ活ができて、来年も里咲しゃちょーのZepp DiverCityに行ったり、橋本まみ生誕に参加したりして、楽しくオタ活できるといいかなと思ってます。アイドルを見に行くのは私の趣味なので。

(隔週金曜連載)

おすすめ音源:「夏のトライアングル」(Summer Rocket)
OTOTOYで期間限定無料配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/65691

★【重版出来】話題の新書大ヒット御礼!★

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

ネット書店各社、全国のサブカルに理解ある書店でもお求めいただけます。お近くで入手できない場合はお取り寄せください。ネット書店で注文を受け付けていない時は、ネット書店横断検索などで受け付けているお店を探してみてください(2016/12/09現在、hontoでは通販を受け付けています。)

______________________________

★前作は新書の他、電子書籍でも発売中★

ロマン優光の著書『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! しかも紙版よりかなり安くなってます。各電子書店のスマホアプリを利用すれば、専用端末がなくてもすぐに、どこでも読めます! ※なお紙書籍版も、全国書店・ネット書店にご注文いただければ現在も入手可能です。
◎電子版主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。
http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

【ロマン優光:プロフィール】

ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめ新書:「日本人の99.9%はバカ」/ロマン優光(コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


実話BUNKAタブー 2021年12月号

新品価格
¥620から
(2021/10/15 20:05時点)




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 ゆるゆるベイスターズファン 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6