Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKAタブー 2023年3月号
    実話BUNKAタブー2023年3月号

    12/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価670円(税込)

    ▼TABOO OPINION中国がアメリカを凌駕し覇権国家になる未来は杞憂▼ベストマザー賞受賞の元トップアイドル篠田麻里子 不倫を追及される修羅場の内情と夫の素顔▼核武装ならともかくアメリカの言いなりで国民1人あたり年間4万円の負担防衛費増額はムダ▼動物好きなはずの次期天皇 秋篠宮さまにカピバラ猟奇食いBBQ疑惑▼3年かけて加藤の乱を完全鎮圧した吉本興業の恐ろしさ▼『やや日刊カルト新聞』藤倉善郎氏に聞く統一教会擁護で炎上する太田光の及ぼす悪影響とは▼財務省の安倍派への逆襲「岸田の間に増税してしまえ」 ほか

    連載中『ロマン優光の好かれない力』は「樋口毅宏の発売中止本を読んでみた

  • 実話BUNKA超タブー2022年11月号
    実話BUNKA超タブー2023年1月号

    コンビニ・書店で12/2より発売中 偶数月2日発売(次号は2月2日発売) 特別定価650円(税込)

    ▼自民党の裏切りを許さない旧統一教会の逆襲▼今更コロナワクチンを恐れ始める算数のできないバカ▼「ブレイキングダウン」と朝倉未来のダサい身内ノリ▼ジュリー氏&妻の傀儡となった木村拓哉▼中国の台湾への攻撃が迫っても軍備増強を拒否する左翼は馬鹿▼合同結婚したい中年男がバトル 統一教会入信選手権▼「富士そば」地獄の超長時間労働と残酷な仕打ち▼慶應幼稚舎出身者が語る上級国民の生活▼多種多様だけどどれもまずいラーメン大図鑑▼「日本は格差が拡大している」&「格差は悪」という大間違い▼DHC身売りで偏向報道番組が終了 ネトウヨ論客たちの終焉▼ソーセージ好きグラドルが人気定番商品24品を食べ比べ▼1ランク上のAVの楽しみ方▼サッカー日本代表監督無能ランキング▼自分より下がいると安心したい時にすべきこと

    吉田豪インタビュー 鳥嶋和彦

     

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2016.10.14(金)

ボブ・ディランおめでとう:ロマン優光連載68

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第68回 ボブ・ディランおめでとう

「え、ノーベル文学賞にボブ・ディラン?」
 ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したとの知らせに驚かれた人も多いことでしょう。そして、「よくボブ・ディランのことはしらないけど、とりあえずボブ・ディラン大喜利でうまいことを言ってファボを稼ごう!」と企んだのはいいけど、「ボブ・デュラン」と書いてしまったために「正しくはボブ・ディラン」と見知らぬ人にクソリプを送りつけられたツイッタラーも多かったことと思います。
 自分、ノーベル文学賞の対象って小説か詩ぐらいだとなんとなく思ってたので、シンガーソングライターの歌詞が対象になるなんてびっくりですよ。まあ、別にノーベル文学賞の選考基準に小説と詩に限るなんて書いてないみたいだから、ディランがもらっても問題はないといえば別に問題はないんですが、何か落ち着かない気分ですね。
「アメリカの音楽に乗せて、新しい詩の表現を創造した。」というのがディランの受賞理由なんですが、楽曲、演奏と切り離した独立した詩として評価を受けたのか、音楽込みで歌詞として評価されたのか、いまいちよくわかりません。
歌詞というものは例え同じ言葉・同じ文章でも、その言葉がどういうメロディーに乗っかっているのかもそうですし、演者の声質や歌い方によっても捉え方が全然変わってくるものです。文字列としてしるされた詩だけが評価されるわけではないのです。こういうものから、他の要素を切り離して詩としてだけ評価の対象にすることは可能なんでしょうか。ボブ・ディランの楽曲を聴いたことが全くない人、シンガーソングライターとしての功績を全く知らない人が文字として書かれた歌詞のみで選ぶのならできるでしょうが、歌として聴いたことがある人には、歌や声や演奏から切り離して詩だけのイメージを捉えるのは不可能なのではないでしょうか? そういうところが気になります。

 大衆音楽の歌詞というものがノーベル文学賞の対象となったわけですから、今後はポップ・カルチャー全体がノーベル文学賞の対象となる可能性があるわけで、今後は受賞範囲に漫画とかも含まれる可能性も生まれてきたわけです。広告文でもいいですし、映画のシナリオとかでもいいわけです。選考委員による「小説や詩といった形式がすでに旧態依然とした過去のものに過ぎない。」という意志表示かもしれませんが、「そういうものが終わったと言いたいのはわかったけど、終わらせるんなら最後にピンチョンあたりにやっとこうよ。」と思わないではなかったり。
 今回のボブ・ディランのノーベル文学賞受賞劇によって、ハルキ・ムラカミという若い女の子の性交ばかり妄想しているおじさんより、「日本の音楽に乗せて新しい詩の表現を創造」している長渕剛さんの方がはるかにノーベル文学賞に近い存在だということがわかったので、次回からはみんなで長渕さんの受賞を楽しみに待つことにしましょう!

<隔週金曜連載>

おすすめCD:ブロンド・オブ・ブロンド/ボブ・ディラン(ソニー・ミュージックレーベルズ)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12654061/

______________________________

★新書が手にはいらない人は、ぜひ電子書籍★

ロマン優光の著書『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! しかも紙版よりかなり安くなってます。各電子書店のスマホアプリを利用すれば、専用端末がなくてもすぐに、どこでも読めます! 鋭く核心を突いた文章を読んで、一日も早くつまらない日常から解放されましょう。
◎主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。
http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

【ロマン優光:プロフィール】

ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめ書籍:「日本人の99.9%はバカ」/ロマン優光(コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE ゆるゆるベイスターズファン 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6