Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKAタブー 2023年1月号
    実話BUNKAタブー2023年1月号

    11/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼「やや日刊カルト新聞」藤倉善郎総裁がを論破 統一教会問題で中立を気取る人たちの発言がデタラメすぎる ▼屁理屈おじさんひろゆきを「論破王」と大絶賛する人たちがバカすぎる ▼ひろゆきに乗っかって差別する全ての最低な本土人たちへ 沖縄県民に土下座謝罪しろ ▼餃子の王将社長射殺の黒幕と捜査を邪魔した朝日新聞 ▼元信者・多田文明が語る統一教会のビックリ教義と信者が献金する理由 ▼佳代さんの新たな金銭スキャンダル 司法試験合格も小室圭さんは弁護士として活躍できない ▼安倍元総理と菅の思い出の食 やきとり激マズ店決定戦 ほか

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 ゆたぼん問題で、誰が一番悪いか

  • 実話BUNKA超タブー2022年11月号
    実話BUNKA超タブー2022年11月号

    コンビニ・書店で9/30より発売中 偶数月2日発売(次号は12月2日発売) 特別定価620円(税込)

    ▼統一教会の天敵 鈴木エイトとは何者なのか ノンフィクション作家本橋信宏が迫る ▼対談 元統一教会信者多田文明×やや日刊カルト新聞総裁藤倉善郎 統一教会信者とのヤバい交流体験 ▼自由で楽しいなんて大間違い 独身だと絶対不幸になる理由 ▼安倍晋三国葬の酷い舞台裏 ▼「山上徹也の思い通りになる」と屁理屈で反社宗教擁護 統一教会を批判するなと言うバカたち ▼同志社アメフト部が暴行 運動部は日常的に性犯罪を犯す ▼表現の自由の敵 鳥取県があらゆる点で最低 ▼庶民が高価なだけのiPhone14購入はムダ ベストな中古iPhoneはどれ? ▼東京の食べログTOP10ラーメン全部まずい ▼芸能人がロケ弁としてもてはやす有名弁当ホントは別に美味くない ▼小室佳代さんに新たな金銭トラブル 1600万円を要求報道の舞台裏

    吉田豪インタビュー 川添象郎

    ※次号より隔月刊行

     

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.11.06(金)

未来を心配する若者たちへ:杉作J太郎「美しさ勉強講座」連載9

 

軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!

杉作J太郎先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

9時限目・未来を心配する若者たちへ

 人間の場合は老後なんていうのもあるからね。足腰立たなくなった時のために貯金しておかなければならない、というね。

 ま、だから人間というのは先の先のまた先のさらなる先の、もっと先まで読むんだね。読まなければいけないんだね。たとえば自分がどういう状態になっているかもわからない、生きてる可能性もあるんだかないんだかというかなり未来まで、ま、予想するわけです。

 で、この死んだらどうするっていう時に、肉親とか、ま、奥さん、子供とか、急に自分が死んだら困るだろうというんで生命保険なんてものがある。ま、死なないだろうけれども、もしも死んだら誰かにお金をあげることができるという、ある意味ありがたいような、奉仕の心というか、やさしさの究極と言えないこともないとは思うんだが、ま、かなり先の話ではあるんだよな。

 なんたって自分が死んだあとの話だからね。

 自分は見届けられない超未来の話だから、ここまで読むことができるのは人間だけだろうね。半ば、宗教的というか、教義的というか、なんらかのモラルなり常識なりが前提の発想ではあるな。そういう意味では先細りのシステムだとは思うんだが、そうでもないのかな。ただ、今日のめし代にも事欠く家族や人間にとっては縁のないシステムではあるわけでね。縁があるとすれば保険金殺人みたいな事件のときだけということになるな。この生命保険というシステムが存在しなかったら殺されずに済んだ人というのはもうそうとうの数なんだと思うけどね。

坂上二郎の演技力は本当に凄かった

 昔、坂上二郎さんの主演ドラマで、あったんだよ。

 散髪屋に来ては陰気な顔でひとのいやがることばかり言って、最終的には理容師の店主を恐喝というか脅迫しはじめる。店主は田村兄弟の田村亮。お笑いではなくてね。この「お笑いのほうでなくて」とか書くのってたまらなく面倒だよな。同姓同名でデビューするのは後々の手間を生むだけなのであとから出てくるほうは気を付けるべきだと思うね。

 この恐喝まがいにねちねち責められる田村亮のストレスが頂点に達して、最後、ひげをあたっているときに二郎さんの頸動脈を剃刀で切って殺してしまうんだね。もちろん事故にみせかけて。事故にみせかけて殺せますよ、みたいなところまで二郎さんはアドバイスしていた気がするな。
 このねちねちと不快なことばかり言う二郎さんの演技がすごかったね。
 目を細めて。口を閉じ気味で。萩本欽一さんでもかなわなかったと思う。本気で怖い顔をした二郎さんの顔はほんとうにすごかった。たのしいときは最高にたのしいけど、怖いときはありえないくらい怖い。昭和の芸人ここにあり、だね。ふり幅だと思うよ、ひとを笑わせる根本は。

 ま、さておき、二郎さんは田村亮の理容師に殺されてしまうわけなんだが。

 ところが後日、二郎さんから田村亮に手紙が届いたのかな。自分はあなたに殺されるであろうから、この手紙をあらかじめ記しておきます、みたいな手紙が。
 自殺だと保険金が出ない、だからあなたに事故にみせかけて殺していただくのです、ありがとうございました、みたいな。
 なんとも後味のよくないドラマだったな。だから見てから30年以上たってると思うけどこうして覚えてるわけなんだね。いかにも海外のミステリーだね。海外のミステリーが原作だったと思います。

 ま、このドラマのおかげで俺的には自殺は保険金が出ない、という認識なんだけどいまもそうなのかね。どっちにしても生命保険という制度がなければこんなバカげた、手間のかかる行動もありえないわけで。話が進んでないね。

 続きは次回です。

(隔週連載)

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう  
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:宇宙刑事ダイナミックガイドブック(杉作J太郎・編)(徳間書店ハイパームック)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13082203/

おすすめ本:東映スピード・アクション浪漫アルバム (杉作J太郎、 植地毅)(徳間書店)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13334829/

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1I89oum
(コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ ゆるゆるベイスターズファン 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6