Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年11月号
    実話BUNKA超タブー2021年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    ▼「自分は正しい」と信じる迷惑な奴が多すぎる 反ワクチン派とゼロコロナという極論2大バカたち ▼統一教会と安倍晋三 カルト宗教と政界のドンの不適切な関係 ▼爆笑問題太田光は弱小事務所なのに天皇松本人志いじりが許される理由 ▼自民 公明 立民 維新に投票するなんて一票のムダ 総選挙の投票先は共産党一択だ ▼親否定するバカな子供だらけの末期社会 話題の親ガチャより子ガチャがリスク ▼”突破者”宮崎学が工藤會総裁死刑判決に異議「極刑は警察庁の意向で最初から決まっていた」 ▼ほんこん 千原せいじ 小籔千豊 ブラックマヨネーズ吉田 ネトウヨ化した知性が絶望な芸人たち ▼猪苗代湖ボートひき逃げ殺人 佐藤剛容疑者 田舎成金の品性下劣な外国人斡旋業 ▼安倍と麻生にクビ切られた無能宰相菅義偉が復讐の鬼と化した ▼なぜオタクの凶悪犯罪が後と絶たないのか分析した ▼映画監督森達也が見つめるコロナ禍の世界 ▼デカ盛り有名メニュー地獄の実食調査 ▼美女がクズ男にヤラれる胸クソAVのススメ

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー  岡崎二朗他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年12月号
    実話BUNKAタブー2021年12月号

    10/15発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼「眞子さまがPTSDだから小室さん問題を批判するな」と言い出した正義マンたちの愚か▼皇室を揺るがす青年は一体何者なのか 完璧プリンス小室圭さん◯裏全史▼安倍前首相の靴を舐め続けて遂に総裁総理に 岸田文雄の媚び媚び下僕人生▼日本の至宝を「二刀流」とおだてて、はした金で搾取し続ける異常 大谷翔平はエンゼルスの「奴隷労働者」▼メシがまずい都道府県ランキング 第一位沖縄▼メリー氏が亡くなりマスコミへの圧力統制が不可能に ジャニーズ事務所弱体化でキムタク独立▼こんなトンデモ政党が議席増なんて世も末 維新の会不祥事&犯罪事件簿▼社会学者宮台真司インタビュー「売買春は女性搾取」という大間違い▼実食調査 一番まずいオムライスはどこ? ガスト ジョナサン ジョイフル ココス ビッグボーイ ラケル ポムの樹▼女性差別で騒ぐフェミニストたちが無視する男性差別▼千葉ロッテマリーンズ優勝争いロッテ日韓に巣食う骨肉争い財閥▼漫画テコンダー朴第52話「独島ライダー参上! 独島は韓国の領土!!」▼子供の人生は本当に親のランク次第なのか? 親ガチャ失敗女子5人の告白

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「我々はなぜ小室圭さんに魅了されてしまうのか」

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.09.18(金)

エスムとバレーボールの深い? 関係:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載68

 

エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第68回 エスムとバレーボールの深い? 関係

 現在、来年のリオデジャネイロオリンピック出場権を賭けたワールドカップ(男子)が大阪で開催中。一方、今週月曜日に、女子日本代表キャプテンのサオリンこと木村沙織選手が、元バレーボール選手の日高裕次郎氏と結婚の準備を進めていることが判明――と、このところ、安保法案の次くらいに盛り上がっている、バレーボール関連の話題(ほんとかよ)。
 ちなみにこのコーナーの担当編集者はサオリンファンでもあるらしく、ホマキ結婚時に続いて、またもや落胆メールが届いたわ。もはや今回は怒る気力もなく、ひたすら意気消沈している様子。若者、頑張れ……。

 さて、ここ何年もバレーボールに興味を持てずにいたアタシだけど、今年は別。仕事をしながら、日本男子の試合を(音を消して)チラチラ眺めているわ。
 もちろん、今回、男子チームの活躍ぶりが目覚ましいというのもあるけど、とにかく「NEXT4」(若手選手4人)、特に石川祐希選手が……かわいすぎ……(結局そこかい)。
 今まで、日本男子バレーで「イケメン」とされていた選手たちって、ちょっぴり微妙というか……。身長の高さに伴って、顔のバランスもちょっぴり縦長な感じの人が多かったじゃない?
 その点、石川選手の顔は、アタシ的にはもう、どこから見ても死角なし。しかもバレーボールの才能にも恵まれているなんて……。神様ってやっぱり不公平。

 とまあ、すっかりニワカなミーハーファンと化し、ガチのバレーボールファンからは「ひっこんでろブス」と言われそうなアタシだけど、これでも昔(子どものころ)は、相当なバレーボール好きだったの。
 アタシをバレーマニアにしたのは、4歳とか5歳のときに(たぶん)再放送で観た、アニメ「アタックNo.1」。10年前に上戸彩主演で実写ドラマ化していたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれないけど、これは、東京から静岡県のとある中学校に転校してきた少女・鮎原こずえが、落ちこぼれの生徒たちを集めてバレーボール部を結成し、チームをどんどん強くしていく、というお話(こずえが高校2年で実業団オールジャパンに選ばれ、世界大会に出場するところで、物語は終了)。

 次々に強敵が現われたり、初恋の相手が事故で死んじゃったり……といった、容赦ないストーリー展開もさることながら、「アタックNo.1」の魅力は、なんといっても、いろいろな技や魔球が出てくるところ。相手の目の前でストンと落ちるサーブ「木の葉落とし」とか、相手の盲点にボールを打ちこみ、「ボールが消えた」と錯覚させる「消える魔球」とか、スパイクしたボールが渦を巻いて落ちていく「竜巻落とし」とか、そりゃもう萌えたわ!
 しかも少し大きくなってから読んだ原作漫画には「ボールを手前に強く回転させながらうてば、木の葉落としができる」とか、もっともらしいことが書いてあったので、アタシはすっかり信じ込み、毎日、家の近所の公園で、木の葉落としの練習をしたものよ。結局、一度もできなかったけど……。
 って、自分がいかに筋金入りのバレーボールファンであるかを証明しようと思ったのに、余計にミーハー(しかもバカ)であることを証明しちまったわ!

 それにしても当時、「巨人の星」とか「あしたのジョー」とか、天才的な主人公が活躍したり魔球が出てきたりするスポ根少年漫画もたくさんあったのに、そっちには目もくれず、ひたすら「アタックNo.1」ばかりにハマってしまった幼いころのアタシ……。ほんと、根っからのオカマだわ……。

 とまあ、すっかり話が脱線しちゃったけど、17日にベネズエラ(編集部注:3-0で日本快勝)と、18日にイランと対戦する日本男子。チュニジアに勝って勢いがついたところで、なんとか勝ち進んでほしいわ! あと、ついでに、サオリンもお幸せに!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

おすすめムック:NEXT4 全日本男子バレーボール(日本文化出版MOOK)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13388638/

※編集部からのお知らせ 連休前後、一部コラムスケジュールが変更となっております。ご了承ください。


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


実話BUNKAタブー 2021年12月号

新品価格
¥620から
(2021/10/15 20:05時点)




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 ゆるゆるベイスターズファン 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6