Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKAタブー 2023年3月号
    実話BUNKAタブー2023年3月号

    12/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価670円(税込)

    ▼TABOO OPINION中国がアメリカを凌駕し覇権国家になる未来は杞憂▼ベストマザー賞受賞の元トップアイドル篠田麻里子 不倫を追及される修羅場の内情と夫の素顔▼核武装ならともかくアメリカの言いなりで国民1人あたり年間4万円の負担防衛費増額はムダ▼動物好きなはずの次期天皇 秋篠宮さまにカピバラ猟奇食いBBQ疑惑▼3年かけて加藤の乱を完全鎮圧した吉本興業の恐ろしさ▼『やや日刊カルト新聞』藤倉善郎氏に聞く統一教会擁護で炎上する太田光の及ぼす悪影響とは▼財務省の安倍派への逆襲「岸田の間に増税してしまえ」 ほか

    連載中『ロマン優光の好かれない力』は「樋口毅宏の発売中止本を読んでみた

  • 実話BUNKA超タブー2022年11月号
    実話BUNKA超タブー2023年1月号

    コンビニ・書店で12/2より発売中 偶数月2日発売(次号は2月2日発売) 特別定価650円(税込)

    ▼自民党の裏切りを許さない旧統一教会の逆襲▼今更コロナワクチンを恐れ始める算数のできないバカ▼「ブレイキングダウン」と朝倉未来のダサい身内ノリ▼ジュリー氏&妻の傀儡となった木村拓哉▼中国の台湾への攻撃が迫っても軍備増強を拒否する左翼は馬鹿▼合同結婚したい中年男がバトル 統一教会入信選手権▼「富士そば」地獄の超長時間労働と残酷な仕打ち▼慶應幼稚舎出身者が語る上級国民の生活▼多種多様だけどどれもまずいラーメン大図鑑▼「日本は格差が拡大している」&「格差は悪」という大間違い▼DHC身売りで偏向報道番組が終了 ネトウヨ論客たちの終焉▼ソーセージ好きグラドルが人気定番商品24品を食べ比べ▼1ランク上のAVの楽しみ方▼サッカー日本代表監督無能ランキング▼自分より下がいると安心したい時にすべきこと

    吉田豪インタビュー 鳥嶋和彦

     

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.08.07(金)

宝島休刊:ロマン優光連載37

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第37回 宝島休刊

 あ、あつい…あたまいたい…げろはきそう…しぬ…そういうわけで、こんかいはなつやすみということで。

 というわけにもいかないので、夏の暑さでグラングランの煮えそうな脳味噌ですが何か書きますよ、何か。何か書けばいいんでしょ、何か! 暑い! というか、熱い! こんなに糞暑い夏に野外フェスとかやるなんて信じられない。フェスは春秋にだけやって! まあ、もとからいかないけど。

 気を取り直して、なんかお題を編集氏に聞いてみますね。え、なになに宝島休刊? あー、どうでもいいっす。だって、自分が中学生とかに読んでた時の宝島と名前が同じなだけで内容なんて全然違うじゃないですか。なんか、エロ本みたいになったりビジネス誌みたいになったりしたころぐらいまでは、朧気ながら消息も知っていましたが、最終的に、オヤジ向け裏モノ実話誌みたいになってたのなんて休刊で初めて知りました。メンバーチェンジを繰り返してるうちに誰一人知ってるメンバーがいない上に、音楽性も全く違うものになってたバンドとかアイドルみたいなもんで、名前同じでも実際は全くの別物じゃないですか。内容が違うといってもね、W☆INGが格闘三兄弟からデスマッチ路線に変わったみたいな変わり方だったらいいですよ。そっちの方が良かったし。ノイズコアバンドがメロコアに変わったくらいまでは聴いていたが、さらにゆずみたいな音楽性に変わり、その時点で興味を全く失い、解散の知らせで三億年ぶりに見てみたら、知らないハゲやデブの不細工なオヤジたちが卓越したダンススキルでユーモア溢れるショーを展開するようなダンスグループになってたぐらいの話ですよ。それぐらい昔の原形をとどめてないもんに対して、途中の変遷とかも知らずに「私の青春が…。」みたいな感慨にふけったりしてる人の気が知れないです。あんなもん、実質的にはとうの昔に死んでるでしょ。そんなジジイの感傷とか豚の餌にもならんです。「同じ名前で糞みたいなことやってるのが許せなかった。ようやく、なくなったか! やったー! 」みたいな話だったら、まだわかりますけどね。
 あ、あと昔の宝島はサブカルだったと言う人がいますけど、宝島がサブカル色が強かったとはっきり言えるのは判型が小さい頃の宝島までで、自分がリアルタイムで読んでた頃の判型が大きくなってからの宝島、要するにバンドブームの頃の宝島はわりとガキ向けミーハー雑誌だったと思うんですけど、どうでしょうね。あの頃の宝島で一番不快な連載といえば、もちろん『東京トンガリキッズ』。ヲタクのおっさんがキッズとか言ってる時点で全身が痒くなって死んじゃいそうな気分になります。その上、トンガリとかつけられた日には、不快のあまり、体のあらゆる穴から血がふきこぼれて憤死しちゃいかねないぐらいの大惨事。あれはいったい何だったんでしょう。積極的に存在自体を抹消していきたいですね。同年代であれが大好きだった人とは未だに仲良くなれる気がしません。

 暑いの嫌い…夏はやく終わって…。

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っている。好きなアイドルは、イニーミニーマニーモー。

おすすめ書籍:「日本人の99.9%はバカ」/ロマン優光(コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

『日本人の99.9%はバカ』購入特設ページ
http://www.cmz.jp/roman/

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://bit.ly/1ftyqHH (コピペして検索窓に)

おすすめ雑誌:宝島 2015年 09月号(宝島社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13307585/
※宝島が休刊するのは、この号の次の2015年10月号(8月25日発売)となります。


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE ゆるゆるベイスターズファン 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6