Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年11月号
    実話BUNKA超タブー2021年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    ▼「自分は正しい」と信じる迷惑な奴が多すぎる 反ワクチン派とゼロコロナという極論2大バカたち ▼統一教会と安倍晋三 カルト宗教と政界のドンの不適切な関係 ▼爆笑問題太田光は弱小事務所なのに天皇松本人志いじりが許される理由 ▼自民 公明 立民 維新に投票するなんて一票のムダ 総選挙の投票先は共産党一択だ ▼親否定するバカな子供だらけの末期社会 話題の親ガチャより子ガチャがリスク ▼”突破者”宮崎学が工藤會総裁死刑判決に異議「極刑は警察庁の意向で最初から決まっていた」 ▼ほんこん 千原せいじ 小籔千豊 ブラックマヨネーズ吉田 ネトウヨ化した知性が絶望な芸人たち ▼猪苗代湖ボートひき逃げ殺人 佐藤剛容疑者 田舎成金の品性下劣な外国人斡旋業 ▼安倍と麻生にクビ切られた無能宰相菅義偉が復讐の鬼と化した ▼なぜオタクの凶悪犯罪が後と絶たないのか分析した ▼映画監督森達也が見つめるコロナ禍の世界 ▼デカ盛り有名メニュー地獄の実食調査 ▼美女がクズ男にヤラれる胸クソAVのススメ

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー  岡崎二朗他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年12月号
    実話BUNKAタブー2021年12月号

    10/15発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼「眞子さまがPTSDだから小室さん問題を批判するな」と言い出した正義マンたちの愚か▼皇室を揺るがす青年は一体何者なのか 完璧プリンス小室圭さん◯裏全史▼安倍前首相の靴を舐め続けて遂に総裁総理に 岸田文雄の媚び媚び下僕人生▼日本の至宝を「二刀流」とおだてて、はした金で搾取し続ける異常 大谷翔平はエンゼルスの「奴隷労働者」▼メシがまずい都道府県ランキング 第一位沖縄▼メリー氏が亡くなりマスコミへの圧力統制が不可能に ジャニーズ事務所弱体化でキムタク独立▼こんなトンデモ政党が議席増なんて世も末 維新の会不祥事&犯罪事件簿▼社会学者宮台真司インタビュー「売買春は女性搾取」という大間違い▼実食調査 一番まずいオムライスはどこ? ガスト ジョナサン ジョイフル ココス ビッグボーイ ラケル ポムの樹▼女性差別で騒ぐフェミニストたちが無視する男性差別▼千葉ロッテマリーンズ優勝争いロッテ日韓に巣食う骨肉争い財閥▼漫画テコンダー朴第52話「独島ライダー参上! 独島は韓国の領土!!」▼子供の人生は本当に親のランク次第なのか? 親ガチャ失敗女子5人の告白

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「我々はなぜ小室圭さんに魅了されてしまうのか」

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.07.10(金)

アイドルをテーマとした小説とか漫画とか:ロマン優光連載35

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第35回 アイドルをテーマとした小説とか漫画とか

 最近、朝井リョウ『武道館』や真鍋昌平『アガペー』のようなアイドルを扱った作品が増えてきてますね。唐突に何かと思われますでしょうが、ようするに編集氏から「今回のテーマはそこらへんでよろしくお願いします」というメールが来たという話です。

「人の数だけアイドル感がある」というように、アイドルを扱う作品というのは読む人によって評価が別れるもの。作品としてのクォリティーとは違うところで、どうしても乗り越えられない違和感を感じてしまうことはあります。朝井リョウ氏の『武道館』が自分にとってはそんな作品でした。おおざっぱに言うと「アイドルも人間。ヲタクは我が儘言うのやめろ!」と言うのがテーマのような気がするのですが、全体的に人物像がふわふわしてて私は感情移入がしにくいです。ハロプロに48系の要素を少し交えたような主人公のグループも、どんなグループなのかイメージがわいてきません。アイドルにしろ、ヲタクにしろ、イメージが漠然とし過ぎていて作品世界に入っていけない感じがしました。
 研究生で正規メンバー入りが絶対視されてたのにもかかわらず、昔の彼氏とのプライベート写メの流出で正規メンバーになれなかった子のエピソードがチラリとでてきます。朝井氏は「彼女にとって恋愛は大切なもの。謝罪会見などをすることで、それを否定してまではアイドルになることを選ばなかった。」というような描き方をしていますが、 自分としては「それでもアイドルになりたくて地下アイドルとして再起を目指す」その子の物語を妄想してしまいます。私は「何かになりたいなら、何かを手放さなければならない」という考えの人間なので、ただ漠然と「アイドルはやりたい、彼氏は好きだから一緒にいたい。」というだけで流されてる感じの主人公に共感できないのかもしれません。「したたかにバレないようにやって、夢つかんでやるよ!」というような普通のモラルを捨てたヤクザな子だったほうがまだわかるかも。個人的には「アイドルは恋愛してもいいけど、いちいち知りたくないから、わかんないよう本人も運営も上手くやってね。ただ、アイドル業の手は抜かないでね。」派です。朝井リョウ氏が心優しい、接触があまり好きでないライトなハロヲタだというのは良く伝わる作品でした。文章も構成も完成度が高いので、アイドルにこだわりない人にお勧めなのでは。

ドキュメントの破壊力には勝てない

 真鍋昌平『アガペー』なんですが、この人らしい作品だなあと思います。『闇金ウシジマくん』で感じることがこの作品でも多く感じました。この人はかなり綿密な取材の上に作品を書くタイプだと思うんですが、そこで細部のリアリティを積み重ねて世界観を作っていくのではなく、あえて多くの人が漠然と持ってるそれに対するイメージに寄せてきて世界観を補完してくるんですよね。『アガペー』でいえば、冒頭のシーンが秋葉原なところ。作中に登場する地下アイドルグループ「Hellring乙女パート」のモデルになったのはあからさまに「BELLRING少女ハート」というグループなのですが(取材対象であったことが公言されてますし)、ベルハーって特にアキバのイメージもないんですよね。でも「アイドルヲタク=アキバ系」というところに寄せてきている。
 ヲタクがTENGAでキモいオナニーをしたりするところも「ヲタクはアイドルを性的視線で見ていてオナニーばかりしている」という世間的イメージに寄せてきてる感があります。底辺臭い男の汚らしいオナニーといえば、ウシジマくんにもよく見られそうな光景でもあり、真鍋先生はキモい男が汚らしいオナニーをすることを描写することをリアリズムであると考えてるのではないのでしょうか。今回のテーマで彼がオナニーする必然性はなかったと思います。あと、MIXの時のポーズが何か変な気がします。特に「ジャージャー」の時に口元に手をあててる人はあまり見たことないような気がするのですが…。別のコールをやってるところの写真を元に描いて、そこにMIXを当てはめたような気がしてならないのですが、違ってたらすいません。まあ、細部が気になりだすと気になってしょうがないのですが、読み応えのある作品ですし、運営やアイドルの登場シーンは素晴らしいものがあると思います。それより、何も悪いことをしてないのに、あんなキモいヲタクに恫喝されたオカモトくんが不憫でなりません。単におとなしい地蔵な人だったかもしれないのに…。

 ドラマでいえばテレビ朝日のドラマ『警視庁捜査一課9係』の第五話「嘘つき女殺人」もまたアイドルがテーマでしたね。ピンクトマト略してピントマという、あからさまにももクロがモチーフの名称のアイドルが登場するのですが、何故か人気投票制度があります。ニートのアイドルヲタクが出てきたり、母子家庭で母や兄弟をやしなうためにアイドルやってたり、アイドルが大物俳優と不倫してたり、ニートだったヲタクが実は就活がんばってて本当はいい子だったり、まあ、お年寄りがアイドルについて一生懸命想像したような世界観の連続で、変に現実に寄っていって細部の違和感に悩まされるより、これくらいおおざっぱな方が気楽でいいですね。

 大衆向けの作品というものは一般性が必要なので、わかりやすくしがちですし、それは正しくはあるのですが、極端な面白さは減少してしまいます。なんだかんだいってもフジテレビで放送された『ザ・ノンフィクション 中年純情物語』の破壊力にはどれも勝てないわけで、私もカラオケでヲタ芸を練習する光景には衝撃を受けました。あの人たちとは何度も同じアキドラという空間にいたはずで、そんなに遠い世界の話ではないはずなのに全然知らない世界が…。あれも制作者の意図的な取捨選択や勘違いが入っているのですが、ああいうものを見てしまうと生半可な創作では勝てない気はしますね。ドキュメントに創作が勝てないというのも個人的にはシャクなので、現場ヲタクや元アイドルの人が自分の極私的な体験をもとに作品を書いてくれないかなあ、と思います。

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っている。好きなアイドルは、イニーミニーマニーモー。

おすすめ書籍:「日本人の99.9%はバカ」/ロマン優光(コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

おすすめ書籍:「武道館」朝井リョウ(文藝春秋)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13220627/

『日本人の99.9%はバカ』購入特設ページ
http://www.cmz.jp/roman/

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://bit.ly/1ftyqHH (コピペして検索窓に)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


実話BUNKAタブー 2021年12月号

新品価格
¥620から
(2021/10/15 20:05時点)




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 ゆるゆるベイスターズファン 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6