Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年10月号
    実話BUNKA超タブー2022年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    特集:世界の陰謀のすべて ▼ベンジャミン・フルフォードが暴露 コロナ大流行も起こした欧米旧権力 ハザールマフィア ▼人気YouTuber&芸人が世界の真相を解説 コヤッキースタジオ 世界ミステリーch コミックパンダ ジャックのゆっくり解説室 極太ダイナマイト SHINGEN ワンダーウォール! イチゼロシステム ナナフシギ THCオカルトラジオ MATT もてぃす おみそちゃんねる 太郎(大人ノ学校) URASEKI キック くろ丸。 御茶ノ水ゆにばーす 中沢健(UMA評論家) ▼統一教会と戦っていた安倍晋三を殺した闇の組織 ▼広島・長崎に原爆が落とされた本当の理由 ▼三浦春馬の死と芸能界の搾取システム ▼ウクライナにナチスは存在した ▼マイクロチップ埋め込みによる人類家畜化 ▼歴代天皇が唱え続けてきた謎の言葉 ▼茨城県牛久市でプテラノドンが目撃 ▼世界から孤立した言語 日本語 ▼大仙古墳立入禁止の真実 ▼浮世絵に描かれたスカイツリー ▼コロナ流行もサル痘流行もビル・ゲイツに予言させた支配者層 ▼Web3.0がもたらす格差社会 ▼氷河期到来で人類はメタバース生活 ▼漫画『ワンピース』が示唆 サル痘による有色人種抹殺計画 ▼長篠の戦いを勝利に導いた六芒星の一族 ▼日常に潜む悪魔の数字 ▼東京のち家空間の謎 ほか ◎まんが 罪に問われない呪い代行ビジネス/Jリーグに忍び寄る賭博マフィアの闇 ※今号は特集号につきコラムなど一部企画をお休みしていますが、 次号は通常号に戻ります。

  • 実話BUNKAタブー 2022年11月号
    実話BUNKAタブー2022年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼ネトウヨが喧伝する偉大な業績とやらを再検証 安倍元首相は本当に国葬に値するのか▼銀座ホステス性加害で絶体絶命の香川照之 でも本当の悪は店で間違いなし!▼東京五輪を牛耳った挙げ句逮捕の末路 元電通高橋治之が溺れたカネと権力と女▼ 統一教会だけじゃない 宗教とズブズブ IQ不足荻生田光一という政治家▼中国は台湾をどう攻める? 日本が対中最前線になる時▼高橋元理事長逮捕でハッキリした巨大利権 五輪ビジネスの腐敗と終焉 日本は一刻も早く手を切れ▼怒り心頭の創価学会は選挙協力を解消か 統一教会問題打開のために解散なら落選危機の大物議員▼元信者の多田文明が経験した勧誘&教義&集金活動&合同結婚式 なぜ統一教会に多くの人が騙されたのか?▼「政治の力」に屈服したエセ報道機関 テレビ朝日が統一教会批判に及び腰な理由とは▼過酷な人生を強いられるのは統一教会2世だけじゃない 創価学会2世が直面する苦悩▼江ノ島の水着ギャルに安倍国葬の是非について聞きました

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.07.10(金)

アイドルをテーマとした小説とか漫画とか:ロマン優光連載35

 

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第35回 アイドルをテーマとした小説とか漫画とか

 最近、朝井リョウ『武道館』や真鍋昌平『アガペー』のようなアイドルを扱った作品が増えてきてますね。唐突に何かと思われますでしょうが、ようするに編集氏から「今回のテーマはそこらへんでよろしくお願いします」というメールが来たという話です。

「人の数だけアイドル感がある」というように、アイドルを扱う作品というのは読む人によって評価が別れるもの。作品としてのクォリティーとは違うところで、どうしても乗り越えられない違和感を感じてしまうことはあります。朝井リョウ氏の『武道館』が自分にとってはそんな作品でした。おおざっぱに言うと「アイドルも人間。ヲタクは我が儘言うのやめろ!」と言うのがテーマのような気がするのですが、全体的に人物像がふわふわしてて私は感情移入がしにくいです。ハロプロに48系の要素を少し交えたような主人公のグループも、どんなグループなのかイメージがわいてきません。アイドルにしろ、ヲタクにしろ、イメージが漠然とし過ぎていて作品世界に入っていけない感じがしました。
 研究生で正規メンバー入りが絶対視されてたのにもかかわらず、昔の彼氏とのプライベート写メの流出で正規メンバーになれなかった子のエピソードがチラリとでてきます。朝井氏は「彼女にとって恋愛は大切なもの。謝罪会見などをすることで、それを否定してまではアイドルになることを選ばなかった。」というような描き方をしていますが、 自分としては「それでもアイドルになりたくて地下アイドルとして再起を目指す」その子の物語を妄想してしまいます。私は「何かになりたいなら、何かを手放さなければならない」という考えの人間なので、ただ漠然と「アイドルはやりたい、彼氏は好きだから一緒にいたい。」というだけで流されてる感じの主人公に共感できないのかもしれません。「したたかにバレないようにやって、夢つかんでやるよ!」というような普通のモラルを捨てたヤクザな子だったほうがまだわかるかも。個人的には「アイドルは恋愛してもいいけど、いちいち知りたくないから、わかんないよう本人も運営も上手くやってね。ただ、アイドル業の手は抜かないでね。」派です。朝井リョウ氏が心優しい、接触があまり好きでないライトなハロヲタだというのは良く伝わる作品でした。文章も構成も完成度が高いので、アイドルにこだわりない人にお勧めなのでは。

ドキュメントの破壊力には勝てない

 真鍋昌平『アガペー』なんですが、この人らしい作品だなあと思います。『闇金ウシジマくん』で感じることがこの作品でも多く感じました。この人はかなり綿密な取材の上に作品を書くタイプだと思うんですが、そこで細部のリアリティを積み重ねて世界観を作っていくのではなく、あえて多くの人が漠然と持ってるそれに対するイメージに寄せてきて世界観を補完してくるんですよね。『アガペー』でいえば、冒頭のシーンが秋葉原なところ。作中に登場する地下アイドルグループ「Hellring乙女パート」のモデルになったのはあからさまに「BELLRING少女ハート」というグループなのですが(取材対象であったことが公言されてますし)、ベルハーって特にアキバのイメージもないんですよね。でも「アイドルヲタク=アキバ系」というところに寄せてきている。
 ヲタクがTENGAでキモいオナニーをしたりするところも「ヲタクはアイドルを性的視線で見ていてオナニーばかりしている」という世間的イメージに寄せてきてる感があります。底辺臭い男の汚らしいオナニーといえば、ウシジマくんにもよく見られそうな光景でもあり、真鍋先生はキモい男が汚らしいオナニーをすることを描写することをリアリズムであると考えてるのではないのでしょうか。今回のテーマで彼がオナニーする必然性はなかったと思います。あと、MIXの時のポーズが何か変な気がします。特に「ジャージャー」の時に口元に手をあててる人はあまり見たことないような気がするのですが…。別のコールをやってるところの写真を元に描いて、そこにMIXを当てはめたような気がしてならないのですが、違ってたらすいません。まあ、細部が気になりだすと気になってしょうがないのですが、読み応えのある作品ですし、運営やアイドルの登場シーンは素晴らしいものがあると思います。それより、何も悪いことをしてないのに、あんなキモいヲタクに恫喝されたオカモトくんが不憫でなりません。単におとなしい地蔵な人だったかもしれないのに…。

 ドラマでいえばテレビ朝日のドラマ『警視庁捜査一課9係』の第五話「嘘つき女殺人」もまたアイドルがテーマでしたね。ピンクトマト略してピントマという、あからさまにももクロがモチーフの名称のアイドルが登場するのですが、何故か人気投票制度があります。ニートのアイドルヲタクが出てきたり、母子家庭で母や兄弟をやしなうためにアイドルやってたり、アイドルが大物俳優と不倫してたり、ニートだったヲタクが実は就活がんばってて本当はいい子だったり、まあ、お年寄りがアイドルについて一生懸命想像したような世界観の連続で、変に現実に寄っていって細部の違和感に悩まされるより、これくらいおおざっぱな方が気楽でいいですね。

 大衆向けの作品というものは一般性が必要なので、わかりやすくしがちですし、それは正しくはあるのですが、極端な面白さは減少してしまいます。なんだかんだいってもフジテレビで放送された『ザ・ノンフィクション 中年純情物語』の破壊力にはどれも勝てないわけで、私もカラオケでヲタ芸を練習する光景には衝撃を受けました。あの人たちとは何度も同じアキドラという空間にいたはずで、そんなに遠い世界の話ではないはずなのに全然知らない世界が…。あれも制作者の意図的な取捨選択や勘違いが入っているのですが、ああいうものを見てしまうと生半可な創作では勝てない気はしますね。ドキュメントに創作が勝てないというのも個人的にはシャクなので、現場ヲタクや元アイドルの人が自分の極私的な体験をもとに作品を書いてくれないかなあ、と思います。

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っている。好きなアイドルは、イニーミニーマニーモー。

おすすめ書籍:「日本人の99.9%はバカ」/ロマン優光(コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

おすすめ書籍:「武道館」朝井リョウ(文藝春秋)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13220627/

『日本人の99.9%はバカ』購入特設ページ
http://www.cmz.jp/roman/

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://bit.ly/1ftyqHH (コピペして検索窓に)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ ゆるゆるベイスターズファン 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6