Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの新人声優物語

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年10月号
    実話BUNKA超タブー2020年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    安倍首相重病につき政務不可能で麻生総理誕生という悪夢の現実/渡哲也死去で過去はすべて美談に 石原軍団は昭和ブラック体質の権化/JKと淫行騒動の山下智久なぜ逮捕されないのか? ジャニーズ犯罪対応の実態/街行くマスクつけてないKYどもをなぜマスクつけないのか問い詰めてみた/暴力礼賛ヤンキー漫画レビュー/湘南で水着美女たちにアンケート「コロナ禍に海とか不謹慎と思いませんか/異常気象・猛暑すべてウソ 地球は温暖化なんかしていない/ホントは面白いこと一切言ってないインテリ気取り芸人カズレーザーまとはずれな中身/ダイソー激安家電検証 ほか

    サウナ情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 平野悠(ロフト創始者) 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年11月号
    実話BUNKAタブー2020年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価612円(税込)

    安倍悪政の元凶 新総理菅義偉の正体/親が生きているうちの事前準備マニュアル 葬式 墓 遺産 遺品 遺言状/ナンバープレートの地名日本8大DQNエリア大研究 土浦 足立 なにわ 姫路 和泉 筑豊 尾張小牧 北九州/安倍前首相潰瘍性大腸炎での辞任を批判するなとわめくバカ/今回の半沢直樹前作の倍つまらない/チェーンのカレー実食調査一番まずいのは?/腹が出たままだと確実に命が縮む/テコンダー朴「沖縄暴動とKOREAN LIVES MATTER」/あいちトリエンナーレで「燃やした」大浦信行が白石和彌と日本の表現の不自由を語る/グラビア 松本いちか 吉野七宝実 他

    ●連載第24回!『ロマン優光の好かれない力』は「安倍辞任に涙する松任谷由実ってどうよ?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2014.08.06(水)

ツッコミどころ満載の映画『マレフィセント』:“ホラー系ドラァグクイーン”エスムラルダ連載10

 

エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第10回:ツッコミどころ満載の映画『マレフィセント』 ※ネタバレ注意

 現在公開中の、アンジェリーナ・ジョリー(以下、アンジー)主演のディズニー映画『マレフィセント』、みなさんはご覧になったかしら?
 ご存知ない方のために簡単に説明しておくと、『マレフィセント』は、「『眠れる森の美女』に出てくる悪い魔女(マレフィセント)が、なぜ眠り姫(オーロラ姫)に呪いをかけたのか」を描いたお話。
 アタシは、予告編を観て「面白そう」と思い、7月終わりに鑑賞したんだけど……。夏休みで、しかもレディースデーだったせいか、公開から約1か月経っていたにもかかわらず、超満員。おかげで、最前列で3Dを観るという苦行を強いられるハメに……。途中からだいぶ慣れてきたけど、画面は見づらいし首は痛くなるし、さんざんな目に遭ったわ。

 それはともかく、『マレフィセント』。まあ、それなりに面白くはあったものの、ツッコミどころも満載だったわ(以下、ネタバレあり注意)。

 まず気になったのが、アンジーの頬骨。もともとアタシ、アンジーに対して「顔がごつごつした女優」って印象を抱いていたんだけど、今回、映画を観ながら「あれ? アンジーの頬骨ってこんなに尖っていたっけ?」「これ、さすがに女優としては、ナシなんじゃないかしら」って、心配になっちまったわ。まあ、後で特殊メイクだと知ってホッとしたけど、まったく作り物感がなかったのは、メイクの技術が素晴らしいのか、やっぱりアンジーの顔がごついせいなのか……。
 あと、オーロラ姫演じるエル・ファニングの微妙なブスさ加減もツボだったわ。一応「絶世の美女」という役柄なのに……。

 そして、ストーリー的にも破綻だらけ。マレフィセント、どうでもいい時には結構すごい魔法を使うのに、肝心な時に全然その能力を発揮しないの。アタシ、心の中で何度も「え? なんでここで、あの魔法使わないの? バカなの?」ってつっこんじまったわよ。
 あと、『アナと雪の女王』もそうだけど、「これって、ダイジェスト版?」と思っちまうくらい、話がサクサク進んでいくのよね。若い子のペースには合っているのかもしれないけど、おばさん、ちっとも感情移入できやしない。
 それから、「王子はあくまでも当て馬で、結局は女二人の愛情物語でした」ってところも、『アナと雪の女王』と同じ。そういえば『あまちゃん』も最後、男たちは置き去りになってたし、ディズニーのみならず、世界的に、「女二人の物語」がトレンドなのかしら。

 でも、一番「おいおいおい」と思ったのは、「オーロラ姫の赤ん坊時代を、アンジーとブラッド・ピットの末娘・ヴィヴィアンちゃんが演じている」というニュースを知った時。なんでも、子役オーディションの際に、アンジーのマレフィセント・メイク顔を見て泣かなかったのが、ヴィヴィアンちゃんだけだったらしいんだけど……。アンジー、単に自分の娘をごり押ししただけなんじゃ……。

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

連載バックナンバー(最新10件)はこちら


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 杉作J太狼XE 新日本プロレス 山口明 アイドル 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6