Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2023年3月号
    実話BUNKA超タブー2023年3月号

    コンビニ・書店で2/2より発売中 偶数月2日発売(次号は4月2日発売) 特別定価650円(税込)

    ▼降雪地帯、海・川の近く、足立区、沖縄ほか 住みたくない場所▼古いだけなのにノスタルジーだと通ぶるバカから大絶賛 超老舗ラーメン全部まずい▼女性がマスクを付ける最大の目的はキモいおっさんに顔を見られたくないから▼ガーシー参院議員・FC2高橋理洋・与沢翼なども潜伏…詐欺師たちの楽園ドバイ▼温泉むすめ・たわわ・AV新法 ほか「女性の尊厳」を盾に他者を攻撃するツイフェミの暴走▼元共産党員・篠原常一郎が語る 仁藤夢乃代表Colabo問題&共産党と貧困支援事業の関係▼女を喰い物にして生き抜くホストの集金方法とは▼存在感ない野党のラストチャンスは理念なき野合▼山上のテロが招いた歪な社会 統一教会バッシングで日本は信教の自由がない暗黒社会に▼織田信長VS徳川家康クズ比較▼ヤクザが怒鳴りあうだけのクソ映画『仁義なき戦い』がつまらなさすぎる

     

  • 実話BUNKAタブー 2023年3月号
    実話BUNKAタブー2023年3月号

    12/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価670円(税込)

    ▼TABOO OPINION中国がアメリカを凌駕し覇権国家になる未来は杞憂▼ベストマザー賞受賞の元トップアイドル篠田麻里子 不倫を追及される修羅場の内情と夫の素顔▼核武装ならともかくアメリカの言いなりで国民1人あたり年間4万円の負担防衛費増額はムダ▼動物好きなはずの次期天皇 秋篠宮さまにカピバラ猟奇食いBBQ疑惑▼3年かけて加藤の乱を完全鎮圧した吉本興業の恐ろしさ▼『やや日刊カルト新聞』藤倉善郎氏に聞く統一教会擁護で炎上する太田光の及ぼす悪影響とは▼財務省の安倍派への逆襲「岸田の間に増税してしまえ」 ほか

    連載中『ロマン優光の好かれない力』は「樋口毅宏の発売中止本を読んでみた

グラビアギャラリー
社会・経済 2014.12.29(月)

テレビはなぜ年末年始の報道が手薄になるのか!?

 

年末年始はネットニュースに注目

 テレビはもう年末年始(休日)体制に入り、予め収録されている特番バラエティばかりが流れている状態。一部に生放送もあるもののちゃんとしたものは大晦日特番くらいで、それ以外は年末年始の情景を伝えるためのもの。この時期、大半のテレビマン、報道局員はお休みで、ほとんどの番組が自動送出。どんな大事件があっても大した報道はされなくなる。すでに年末でも30分ニュースの半分はどうでもいい話題だが、特に年明けの元旦・2日は、5分程度のニュース枠では毎年代わり映えしない「正月のこんな行事がありました」だけで終わってしまうことが多い。
 これの問題点はこの時期に何が起ころうとテレビではあっさり、ざっくりとした情報しか流れてこない点にある。

 一方で新聞社は、大晦日まで紙面は通常編成で動いている。ただ、元日はほとんどが事前執筆された特別編成の記事や無意味な対談などで紙面構成され、その後休刊日も挟む。正月の新聞は紙媒体としては、番組表とチラシ以外ほぼほぼ生活に役に立たない状態だといっていいだろう。
 ただ、同じ新聞社でもネット配信部門では「どうでもいい対談でページを潰す」お茶濁しができるわけではない。せいぜい記事の書きためがあるくらいで、>最低限の時事は年末年始でも配信されるといえるだろう。見る側としては元旦以降は紙面よりネットで見たほうが、時事情報はつかみやすい。

 ネット専業のニュース業界も、基本的には予約投稿記事があるが、小規模なネットニュースでは時事ネタをつかむ必要が有るため年末年始に休みがないケースもままある。ポータルサイトの見出し担当者も記事選択が全自動とはいかないため、やはり24時間貼り付いて記事選択をしているのが実情。こちらのほうがテレビに比べても実働しており、最新の情報も入ってくる(テレビ情報も含めて)。

 意味のないバラエティばかりでまったく年末年始の報道が手薄になるテレビを見るなら、ネットで新聞社やオリジナルのネットニュースを見たほうがリアルを感じられるし情報量も多いかもしれない。特に今年年末はエボラ上陸疑惑や殺人事件、鶏インフルエンザ、エアアジア航空機不明など大きな話題が年末に噴出しているだけに、のんきな祭事ばかりがテレビから伝わってきてもしらけるばかりなのだ。

(文・編集部I)イラスト:Konstantinos Kokkinis /123RF


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE ゆるゆるベイスターズファン 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6