Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年10月号
    実話BUNKA超タブー2022年10月号

    コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    特集:世界の陰謀のすべて ▼ベンジャミン・フルフォードが暴露 コロナ大流行も起こした欧米旧権力 ハザールマフィア ▼人気YouTuber&芸人が世界の真相を解説 コヤッキースタジオ 世界ミステリーch コミックパンダ ジャックのゆっくり解説室 極太ダイナマイト SHINGEN ワンダーウォール! イチゼロシステム ナナフシギ THCオカルトラジオ MATT もてぃす おみそちゃんねる 太郎(大人ノ学校) URASEKI キック くろ丸。 御茶ノ水ゆにばーす 中沢健(UMA評論家) ▼統一教会と戦っていた安倍晋三を殺した闇の組織 ▼広島・長崎に原爆が落とされた本当の理由 ▼三浦春馬の死と芸能界の搾取システム ▼ウクライナにナチスは存在した ▼マイクロチップ埋め込みによる人類家畜化 ▼歴代天皇が唱え続けてきた謎の言葉 ▼茨城県牛久市でプテラノドンが目撃 ▼世界から孤立した言語 日本語 ▼大仙古墳立入禁止の真実 ▼浮世絵に描かれたスカイツリー ▼コロナ流行もサル痘流行もビル・ゲイツに予言させた支配者層 ▼Web3.0がもたらす格差社会 ▼氷河期到来で人類はメタバース生活 ▼漫画『ワンピース』が示唆 サル痘による有色人種抹殺計画 ▼長篠の戦いを勝利に導いた六芒星の一族 ▼日常に潜む悪魔の数字 ▼東京のち家空間の謎 ほか ◎まんが 罪に問われない呪い代行ビジネス/Jリーグに忍び寄る賭博マフィアの闇 ※今号は特集号につきコラムなど一部企画をお休みしていますが、 次号は通常号に戻ります。

  • 実話BUNKAタブー 2022年11月号
    実話BUNKAタブー2022年11月号

    9/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼ネトウヨが喧伝する偉大な業績とやらを再検証 安倍元首相は本当に国葬に値するのか▼銀座ホステス性加害で絶体絶命の香川照之 でも本当の悪は店で間違いなし!▼東京五輪を牛耳った挙げ句逮捕の末路 元電通高橋治之が溺れたカネと権力と女▼ 統一教会だけじゃない 宗教とズブズブ IQ不足荻生田光一という政治家▼中国は台湾をどう攻める? 日本が対中最前線になる時▼高橋元理事長逮捕でハッキリした巨大利権 五輪ビジネスの腐敗と終焉 日本は一刻も早く手を切れ▼怒り心頭の創価学会は選挙協力を解消か 統一教会問題打開のために解散なら落選危機の大物議員▼元信者の多田文明が経験した勧誘&教義&集金活動&合同結婚式 なぜ統一教会に多くの人が騙されたのか?▼「政治の力」に屈服したエセ報道機関 テレビ朝日が統一教会批判に及び腰な理由とは▼過酷な人生を強いられるのは統一教会2世だけじゃない 創価学会2世が直面する苦悩▼江ノ島の水着ギャルに安倍国葬の是非について聞きました

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 中森明菜のメンタルがぶっ壊れたのはいつ?

グラビアギャラリー
社会・経済 2014.12.04(木)

朝日新聞を叩く産経新聞の飛ばし・誤報史

 

香港テレビ局の誤報をそのまま報道

 朝日新聞のことを目くじら立ててやたらと批判している産経新聞だが、こちらも一部では誤報が多いとも言われている。過去に産経が報じた誤報の数々を紹介していきたい。
 近年の産経の誤報で、最も有名なのは、2011年7月に中国の江沢民元国家主席の死去を報じた事件だ。元々、香港のテレビ局が「病死」と報じたのがきっかけだが、産経も後追いで報道。7月7日の夕刊とネットで「江沢民が死去」と伝えるが、中国外務省が直後に否定。結局、翌8日の朝刊では「死去説」に近い形に修正するなど一挙にトーンダウン。
 その後、社長を含む役員三人が減棒処分になっている。ちなみに江沢民は、最近も元気に政府関係のイベントに出席している模様。きっといつかは死ぬだろうから、マメに誤報飛ばしてればそのうち当たるんじゃないでしょうか。
 2011年3月2日には、京都大学の入学試験問題と回答を求める文章が試験時間中にネット上に書き込まれていた事件で、容疑者を「東京の2人の高校生」と報道。しかし、実際に逮捕されたのは山形県在住の予備校生。場所も肩書きも人数も異なるというまさかの展開。むしろこれだけ間違えて報道する方が難しいのでは、と思わせるところが産経らしいのかも。

事実確認が甘く近年も失敗

 2012年10月4日の朝刊では、一面トップで「皇室典範改正を断念」と大見出しを打ち、政府が「女性宮家」創設に関する皇室典範など関連法の改正を断念する方針を固めた、と報道。だが、大スクープになるはずのこのニュースも、翌日の政府の発表が、女性宮家創設案について「検討を進めるべきだ」との内容だったために、なんとも不名誉な結果に。
 2005年5月27日の朝刊では、「旧日本兵2人 フィリピンで生存」と一面で報じたものの、これまた大誤報に。このニュースは、フィリピンのミンダナオ島で日本兵の生き残りとみられる日本人男性二人が現地当局に保護され、帰国を希望しているというものだった。話題性も十分で産経も力を入れ、社会面も二面使っての全面展開。
「戦後60年の『奇跡』」と銘打った力強い見出しまで踊っていたが、これも誤報。実際は「日本兵」との接触すらなく、日本兵2人が当局に保護されているという事実もないことが判明。まったくの見切り発車で、事実確認をしていなかったのか、残念な結果になってしまった。

ネットニュースで下ネタや予定稿を誤配信

 2007年の10月25日には、ネットのMSN産経ニュース(現在はMSNとの提携が終了)で「スカトロ批判は『個人的な嫌悪』 キューバ外相非難」と配信したことも。一見すると、キューバの外務大臣が排泄行為に関しての性的思考に言及したのかと思わせる。が、記事の中身は、ブッシュ大統領が行った「カストロ」政権批判の演説をキューバ外相が批判したというもの。単純にキューバのカストロ議長を「スカトロ」と書き間違えただけだった。
 ちなみに、この記事はすぐに間違いに気づいたのか、配信から九分後には削除された模様。リアルタイムで見た人はかなりレアな記事だったと言えるだろう。
 ちなみにMSN産経ニュースでは、2008年の北京五輪時にも、レスリング女子55キロ級で二連覇を達成した吉田沙保里に関する記事で、「強すぎる、吉田V2 吉田『神話崩壊』、連覇逃す」と矛盾する見出しをつけて配信している。記事自体も吉田が勝った場合と負けた場合の予定原稿で、勝敗すらわからないニュース性ゼロの記事が配信されていたことに…。

 産経は部数が少ないために、誤報を流しても朝日ほど話題にならない、としたらそれこそ何とも悲しい状況だ。それだけに、未来につながるネットに力を入れているのだろう。ちなみにスマホ用のアプリでは、産経新聞が無料で読める(画面サイズが大きいタブレット等を除く)。是非読んでみてほしい。(追記:※2016年12月6日より無料では読めなくなった。)

写真:Wikipedia(CC0 1.0 / Umako)

(文・編集部)


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで予約

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス ゆるゆるベイスターズファン アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6