【お知らせ】当サイト協力誌コロナ増刊「新型コロナウイルス完全対策ガイド」(電子オンリー)は楽天Kobo、honto他で発売中です。


Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの新人声優物語

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年8月号
    実話BUNKA超タブー2020年8月号

    コンビニ・書店で7/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    そもそも小池百合子を選んでしまう民度の低さ 東京都民というバカ/小池百合子一族禁断の黒歴史を朝堂院大覚が明かす/白人による壮絶な黒人差別史/ギリギリ住んでやってもいい地方都市/10万円で満足しちゃってるアホどもへ 政府がバラまいたコロナ補償1円でも余分にもらう方法/日本の満員電車は女子高生が毎日体液かけられる地獄/急な尿意の改善対策 ほか

    サウナ情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー しまおまほ 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年8月号
    実話BUNKAタブー2020年8月号

    6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価560円(税込)

    バカ総理の後釜は誰だ/コロナ補償「100兆円」実は10兆円という欺瞞 電通利権まみれで下級国民には届かない/安倍が得意げに語るコロナ対策は本当に成功だったのか 新型コロナ「日本モデル」のインチキ/平民を騙し続ける小池百合子という生き方/親が死んだ時のお墓選びマニュアル/コロナ給付金どころか国民すべてを喰い物にする電通と安倍政権/日本からも自称慰安婦からもカネむしり取る韓国慰安婦団体銭ゲバの本性/テイクアウト可ラーメン一番ずいのは? 実食調査/日本のPCR検査が少ない理由は政権すら口出しできない保健所の既得権/真夏の新型コロナ対策 熱中症とコロナの関係とは?…

    ●連載第21回!『ロマン優光の好かれない力』は「木村花を殺したのは誹謗中傷だけなの?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
社会・経済 2014.07.26(土)

後編:刑事だけが神様じゃない! 三億円事件と2人の名脇役捜査官たち

 

>>>前編より

“スッポンの芹さん”と呼ばれた検視官

 昭和43年の三億円事件発生直後、府中市の現場には続々と捜査員たちが駆けつけていた。その中に、現場を道路の隅々まで観察し、詳しくノートに書きとめている男がいた。男の名は芹沢常行。執拗に真実を追究する姿から「スッポンの芹さん」と呼ばれた検視官である。
 昭和35年、日本で検視官制度が施行され、3人の警察官が検視官として任命された。そのうちの1人が芹沢だった。検視官とは変死体を調べ、自殺・他殺・病死などをを判断し、犯罪の有無を決定する捜査官。物言わぬ「死体の声」を聞く専門捜査官である。
 芹沢は警視庁に勤務する間に、3000体の死体の検分を行った。その中には、60年代の安保闘争のデモ中に亡くなった樺美智子(かんばみちこ)さん。死刑判決の基準として取り上げられることの多い「永山基準」の根拠となった、永山則夫によって射殺されたガードマン、などが含まれる。
 また、演説中に刺殺された浅沼稲次郎・社会党委員長、暴力団員に刺殺されたプロレスラーの力道山などの司法解剖にも立ち会っている。昭和史を揺るがす事件の遺体には、ほぼすべて関わったといっても過言ではない。

三億円事件の捜査に足りなかったもの

 検視制度ができるまで、現場の刑事たちは、死亡者に持病があると、そのまま「病死」と判断するケースも多かった。しかし芹沢は、たとえ持病があっても、心臓発作で亡くなれば胸を押さえた死体になる、といった細かい点を見逃さなかった。医学的見地から検視の手法を確立していったのである。
 検視によって犯罪が認められると、法医学部の教授により死体は司法解剖され、より詳しく死因が調べられる。検視官は司法解剖に立ち会うが、ほとんどの場合、本当に立ち会うだけということが多い。しかし芹沢は、教授に対し「もう少しここを切って見せてくれ」指示することさえあった。
 芹沢が追求し、作り上げていった検視技術により、言葉を伝えることができない死者たちは、裁判官や警察官に「真実を語る」ことができるようになったのだ。
 三億円事件の現場に犯行直後に駆けつけ、詳しく状況を書きとめた芹沢。しかし検視官である芹沢が、窃盗事件である三億円事件の捜査に関わることはなかった。芹沢の「スッポン」のような徹底した捜査が生かされれば、三億円事件は未解決のまま終わることはなかったのではないか、という声は多い。

 三億円事件の捜査に、その能力を生かすことのできなかった塚本宇兵と芹沢常行。彼らが力を発揮すれば、三億円事件の行方が大きく変わっていたかもしれない。平塚八兵衛ら名刑事の上げた実績が、素晴らしいものであることは間違いない。しかし取調べで得た自白は、嘘をつくこともある生きた人間から得た証拠だ。そのため、時に冤罪も生んできた。指紋や死体は喋らない代わりに、嘘もつかない。真実を見つけるためには、名刑事と名科学捜査官の連携こそが大切と言えるだろう。

(文・編集部)

オススメDVD:初恋~三億円事件の犯人は女子高生だった~ [DVD](TCエンタテインメント)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 杉作J太狼XE アイドル 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6