Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年7月号
    実話BUNKA超タブー2021年7月号

    コンビニ・書店で6/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    こちょっと運動ができるだけで大金を稼ぎ庶民に「感動を与える」と勘違い/五輪選手筆頭にアスリートは傲慢で国民の敵/家飲み&路上飲みで酒クズが買いがちなマズいビール選手権/ガッキー結婚で大ショックとか大騒ぎしてる奴らに告ぐ! 本当に30過ぎの年増女優の結婚がそんなに悲しいのか?/五輪に利用される悲劇のヒロイン池江璃花子と電通の醜い共犯関係/日本を焦土にしたアメリカよりも経済的にうまみのある中国のほうが100倍マシ/セ○○スは死ぬ危険が高まる 新型コロナ 心臓発作 B型肝炎 咽頭がん/プロ野球無能監督アホ采配事件簿 工藤公康 野村謙二郎 金本知憲 与田剛/自治体無能&政府無責任でワクチン接種が大混乱/二大コロナ地獄徹底対決大阪VSインド/貯金なし独身アラフィフおっさんがファイナンシャルプランナーに相談してみた/ヘア解禁前の時代の工口本は狂っていた/新垣結衣美ボディメモリアル画像/コロナ禍は「さざ波」髙橋洋一の誰もを馬鹿にしてきた半生/好きに飲み食いしながら高血糖を解消するには/コロナ不況でも絶対に会いたくない地雷パパってどんな人?/あえて松屋好きアピールする奴がキモい/文化のない地方でもできる田舎者がやりがちな趣味/カリスマが語る個人○春の歴史/動物虐待競馬と「男のロマン」とかほざく競馬好きが気持ち悪い/芸能界隠れ巨乳選手権第2の長澤まさみを探せ! etc……

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー さらば青春の光・森田他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年8月号
    実話BUNKAタブー2021年8月号

    6/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    菅政権支持急落を利用して史上最悪の宰相が第100代総理の座に 安倍晋三総理再登板を絶対に許すな/鬱病告白を称賛するバカが知らない大坂なおみの称賛できない正体/ネットフリックスなどコロナ禍でバカが絶賛の配信作全部つまらない/五輪開催強行で国民大虐殺 自民&公明に破防法適用せよ/誰が深田恭子を適応障害に追い込んだ? 石原さとみ結婚と胡散臭い実業家の彼氏/国民の80%以上反対でもどうしても五輪を中止にできない裏事情/1億5千万を手にする漢・小室圭さま大解剖なンだわ/プロ野球最悪な球場ランキング/コロナ禍最新詐欺事情/一番まずい弁当チェーン決定戦/テコンダー朴第48話「金正男 散る-太平洋、血に染めて」

    グラビア 藤乃あおい/柳瀬さき/未梨一花/由衣

    連載 小田嶋隆/小田原ドラゴン/白石和彌/デーブ八坂/適菜収/堀江貴文/松子/ロマン優光 他

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「菅野完はなぜモテるのか?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
社会・経済 2014.06.04(水)

アンパン顔のヒーローが日本をダメにしている4つの理由

 

 長期間に渡る経済の低迷、中韓をはじめとする周辺諸国との不協和音、凶悪化する少年犯罪、失敗の許されない格差社会の進行と、ここ二十年あまりで、かつては栄華を誇っていたはずの日本も著しく劣化。
 では、なぜこんな社会になってしまったのか? 子供たちの人気者で、愛と勇気だけしか友達がいなくて、弱者に自分の顔を食べさせたがる、そう、あのアンパン顔のヒーローのアニメの影響も多大なのです。子供アニメ界のタブーともいえるこのテーマについて、様々な視点から検証しました。

1,実は自己犠牲なんかでは全然ない

 あのアンパン顔のヒーローは困っている人に自らの顔の一部(要するに単なるあんぱん)を差し出します。この行為をメディアは「自己犠牲精神溢れる優しい行為、まさに作品の通底にあるヒューマニズムを表現している」などと勝手にもてはやします。が、そんなことはありません。そもそもあの頭はおじさんがパンを焼けばすぐに代替可能なシロモノです。本当に自己犠牲精神の尊さを描くなら、彼が体ごと丸ごと焼かれて子供たちに食べられる話をつくるべきなんです。

 また、優しく接すれば物事が何でも解決するかのような誤解を与えるのも良くありません。騒音おばさんは人に親切にされてもきっとうるさいままだったでしょうし、中途半端な善意が一番危険です。
 ここ数年の軟弱な日本外交もアンパン顔ヒーローの思想に近いものがあります。近隣の国が困っている時にアンパンをあげても実際には感謝されず一方的にタダ食いされています。なのになんでも土下座外交をし過ぎです。

2,本当の悪がいないことによる錯覚  

 玩具大手B社が2002年から調査している「子どもの好きなキャラクターランキング」であのアニメは11年連続1位という不動の人気ぶり。だが、子どもに見せ続けることで、現実が直視できない悪影響もあるのです。
 一応、アンパン顔のヒーローの世界ではバイキンのキャラクターが悪役ですが、倒されても殺されるワケではありません。何度も何度もチャレンジし、アンパン顔のヒーローに立ち向かいます。こちらもアンパン男の顔が再生可能なようにいくら失敗しても再挑戦可能なんです。その根底にあるのは、結局アンパン顔のヒーローの世界には本当の悪はいない、という生ぬるい表現。現実と大きくかけ離れ、夢の国にいるかのように錯覚します。

 でも、現実の世界は哀しいかな違います。どうしようもなく悪い奴がたくさん存在し、多くの犯罪がはびこっています。実際、アンパン顔のヒーローのアニメを放送しているテレビ局にだって、過去に不祥事を起こした方はたくさんいます。 子どもの頃から、こんな理想的な世界だけのアニメを見ていたら本来の世界との距離感を見誤ってしまうこともあるでしょう。
 またこの作品が超人気コンテンツのために、後進に道は譲られず新しい子供向けコンテンツがあまり誕生しない点もおおいに問題です。

3,アニメ放映時期と少年犯罪の変化が符合

 アンパン顔のヒーローのアニメが放映され始めたのは1988年(昭和63年)10月から。実は、翌1989年4月に小学校に入学した世代から、のちに「キレる14歳」などと形容された凶悪犯が続出しています。影響ととらえるのは早計かもしれませんが、その後も少年・青年による大型の凶悪犯罪が続出し、社会問題化しているのは周知の通りです。

4,テーマソングの歌詞の宗教感と刷り込み

 原作者が作詞したテーマ曲は、さながら新興宗教の教祖の講演のよう。生きることの意味をひたすら問い詰めるような内容です。人生に意味を見出すことをとにかく強調しています。
 しかし、実際には自分の人生に意味を見出すことができる幸福な人はごくわずかしかいません。グッズの販売で人生の後半を豊かに過ごされた原作者のような成功者であれば意味を見いだせるのかもしれません。最近の若者が就職難を苦に自殺してしまうのも、この強者の論理によって成り立つ歌を幼少時から聞かされたからということも全くないとはいえないのでは。

一部海外では受け入れられ難い感覚

 幼児期にアニメを鑑賞して育つこと自体はやむないことと思いますが、海外では同作がいくつかの国で放映されたものの、カニバリズム(食人文化)、言動の宗教性・自己犠牲の精神性などで受け入れられづらいとされているようです。他の作品でも、ドラえもんが児童に依存症を呼ぶとして、一部で社会問題化したことがあります(タイ)。日本ではあまりこれらが問題になることはありませんが、寡占化しがちな子供向けアニメ作品による深層心理への影響のあり方については、国内においても様々な言及や議論が行われてもいいのではないでしょうか。

(文・編集部)写真:h_okumura(from Flickr CC-BY)


 


[PR]

※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6