Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの新人声優物語

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年2月号
    実話BUNKA超タブー2020年2月号

    コンビニ・書店で1/4発売 毎月2日発売 612円(税込)

    人権弾圧国家中国の正体/CO2排出問題日本はまったく悪くない/ミシュラン掲載ラーメンたいして美味くない/竹中平蔵東京五輪ボロ儲けのカラクリ/嘘つき安倍政権を支持するバカがいる理由/現在の40代男性全員野垂れ死ぬ/紅白 初詣 帰省 芸能人格付けチェック 正月の愚かな恒例行事/どんなに庶民を苦しめても嘘つき安倍政権を支持するバカがいる理由/国産車の安全装置が普及しない真相/スマホに月3,000円以上は情弱バカ 最新格安SIM導入マニュアルほか

    杉作J太郎が愛媛のサウナを紹介!「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」高野政所インタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年3月号
    実話BUNKAタブー2020年3月号

    1/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価560円(税込)

    自民党と山口組密接交際60年史/所詮、日本人は韓国人と同じレベル 格差 少子化 トップがアホ…二国はそっくり/もはや後進国なのに強行開催 東京五輪で日本社会崩壊する/汚職の本丸は菅官房長官?安倍政権とカジノ深すぎる闇/ここが嫌だよ田中みなみ/死に至る歯周病の恐怖/検察にとって海外出国は都合がいいゴーン逃亡まさかの出来レースだった/実食調査松屋のメニュー/あべみほ 他

    ●連載第16回!『ロマン優光の好かれない力』は「『水曜日のダウンタウン』のクロちゃんにマジになるバカ」実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
社会・経済 2013.06.17(月)

製薬業界の言えない話 病気は拡大再生産される!?

 


医者にかかることを勧め、商品名を言わないCMが作られる謎

 最近、主に外資系製薬会社系のテレビCMが、いわゆる製品のCMから、病院にかかるよう促すCMに変わってきているのを疑問に思わないだろうか。有名なものはかなり頻繁に流れているが、あまり聞きなれない病状のものまである。

 業界ではこれらを総称して「疾患啓発CM」と呼ぶ。これらが増えた理由は、潜在的に存在している患者に「自社の新薬」を使ってもらいたいということだが、はっきりと商品名を言わない玉虫色のCMを作る理由は、それらは「処方箋」のいる薬であるため、薬局ではなくまず「医者」に行って処方箋を発行してもらうしか手段がないこと、その場合、薬品名をそのままTVで言うことが出来ないということが大きな理由だ。

 あのTVCM自体は「薬剤師89.1%が早期発見に効果がある」(ネグジット総研調べ)としているが、ある程度業界の自己正当化に見える。というのは日本の医療費・保険料は切迫した状態が長く続いている。そのため重要性の低い疾患について受診をすすめる告知をすることは、本来必要な人だけにかかってもらいたい国や保険の側では望ましくないはずだ。それでもなぜ、あれらのPRが容認されているのだろうか。それはこのCMはあくまで病気受診の啓発であって、自社誘導ではないということが建前としてある。

新薬開発には200億円以上のコストがかかる→売れないと困る?

 だが建前があったとしても、あんなに露骨にたくさんCMを投下するのはなぜか。それにはコスト回収の問題がある。

 実は製薬業は非常にコストのかかる産業である。新薬開発には10年から18年程度の期間と200―300億円の費用が動いている。基礎研究からはじまり、安全性試験(いわゆる動物を用いたもの)、臨床試験(いわゆる医療ボランティア、治験と呼ばれるもの)と3ステップがある上に、承認・発売されてからも、副作用のリサーチなど調査は続く。その莫大な開発費の回収のためには、人々に使ってもらわなければならないことには採算が合わない。

 (諸般の規制が理由だが)なんの薬品名も言わないCMでも、その時トップシェアを取っていれば、増売につながるし、受診後の処方箋もそのシェア通りに自社に回ってくるから大丈夫…という考えなのだ。

 だが、CMにはコスト以外の「副作用」が多々存在する。問題点としては、前述した医療費増加の他に「薬を本来使わなくてもよかった人も使ってしまう」というところだ。この点は大手製薬会社の多くが本社を置くアメリカのほうが先に問題化している。「元々は無かった」はずの病気が定義のし直しによって、「新たに誕生」してしまう――。これは、本当に困った人を助けるというクスリの崇高な目的ではなく、マーケティングの視点である。もちろん病気の定義をしなおすことによって「初めて自分の病気がわかった」と感謝する人もいるだろうが、大半の人にとっては病気の再定義により「巧みに薬を売られる仕掛け」に乗せられているという事実しかない。

薬品会社以外にも、薬でオイシイ目を見ている闇病院の存在が

 日本ではまだ薬の氾濫による問題がアメリカほどではないが、薬が商売的にオイシイことの証明としては、医者がそれら薬を安直に売ることで甘い汁を得てしまったというケースでわかる。処方箋のいるうつ病の薬だが、とある病院は、ほぼ無条件処方する形でリタリン依存症患者にリタリン(中枢神経興奮剤)を処方。クチコミが広がり蔓延、結果問題となり最終的にうつ病でのリタリン処方自体が禁止と改正された例がある(2007年・歌舞伎町のTクリニック =廃院 における事件など)。

 上のように捕まったのは氷山の一角だ。本来診察のいるものを無診察で売っているケースはいわゆるメジャー勃起補助薬などにおいてもいくつか見られる。そんな闇医者は、都内にいくつも存在しているという事実がある。これらは、薬品会社の儲けの「おこぼれ」で違法に稼いでいるともいえるが、ということは本来の販売ルートはどれだけ多大な利益を生み出しているのだろうかということだ。

 薬については適切な使用によって悩み事が改善されるのであれば誰かが口を挟む必要はないが、気がつくと不要な薬漬けになっていないだろうか。生命に影響したり、どうしても必要なものは仕方ないが、薬も保険のように「かけすぎ」や「無駄」もある。これも電気代やゲーム課金のように意識せず払っている慢性的なコストの1つ。薬品代が膨らみすぎていないか、あなたも一度チェックしてみるといいだろう。 

(文・編集部I)
 


 



※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 山口明 新日本プロレス 瀬名あゆむ アイドル 童貞 フジテレビ 杉作J太狼XE 韓国 中国 ダイエット
Powered by Vivvo CMS v4.6