現在、サーバ移転し、サイトをSSL化しております。
Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年1月号
    実話BUNKA超タブー2020年1月号

    コンビニ・書店で12/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    沢尻エリカ逮捕は安倍政権の桜を見る会買収報道潰しだった 清原もASKAも国策逮捕! 事実は陰謀論より奇なり/反日種族主義が蔓延 嘘の国韓国/一番社会悪なストロング系缶チューハイ決定戦/皇后・雅子さまの生贄人生の悲劇/沢尻エリカ増長させた業界薬物人脈/一般人がテレビで晒した巨乳放送事故×30/がんになる人ならない人/安倍政権べったり吉本興業の利権商売/札幌の選民意識/人妻の半数が◯◯する北関東/即位パレードに集う人を観察/ほか

    杉作J太郎が愛媛のサウナを紹介!「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」春日太一インタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年2月号
    実話BUNKAタブー2020年2月号

    12/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価560円(税込)

    2019年ヒット商品ゴミだらけ/GSOMIAめぐる日韓対立 実は韓国の完全勝利だった/自民党という独裁政党/テコンダー朴 戦犯総理阿倍野VSヘイト大統領トランプ/2000万円必要なんて愚の骨頂 独り身老人は300万円あれば死ぬまで安泰/水を正しく飲まないと死ぬ/刺身まずい居酒屋選手権/香港暴動 中国の少数民族が早期鎮圧を望んでいる理由/沖縄のクズ男たちの笑えない実態/中居退所でジャニーズ帝国終焉/綾瀬はるか高齢処女だった 他

    ●連載第15回!『ロマン優光の好かれない力』は「ビートたけしの恫喝音声がまったく話題になってない件」実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
社会・経済 2013.05.24(金)

インド料理店員はほぼインド人でない! 都内にインド料理店が激増の裏事情

 


インド料理店が5年で5倍の軒数になった裏事情

 最近都内でインド料理店を良く見かけないだろうか? これはあなたの住む地域だけで偶然増えているのではない。2007年には302軒だったのが、2012年には1530軒に増加している。なんと5倍以上の驚異的な伸び率だ。しかしその増えたインド料理店に働いているコックの多くはインド人ではない。そのほとんどはネパール人。(ちなみに都内で働いているインド人はIT技術者として企業に働いている人が多いらしい。世界有数のIT立国であるインドから、例の2000年問題で様々な日本企業に呼び寄せられた人たちがそのまま働き続けている)。都内に住むネパール人は2000年には3,212名だったのが2011年には20,383名(法務省調べ)にもなっているのだ。これまた6倍強の増え方をしている。

 ネパール人が来日する理由は、発展途上国であるために政治的に不安定な事を理由にする人もいるが、やはり多くはお金のため。所得水準が80倍以上は違うらしいのだから、日本で仕事して高い収入を得たいと考えての来日なのだろう。だが日本は単純労働者に就労ビザが下りない国である。が、しかし就労ビザの取得条件のひとつとして料理人で10年以上の経験をしている人間という項目があり、熟練コックは取得し易いらしいのだ。つまりは専門のコックとなれば就労ビザが下りるのだ。だから来日するためにコックという職業でくるネパール人が増えたためにインド料理店が増えているのだ。

 ネパール料理店という看板を掲げるよりも、日本ではメジャーな位置にあるインド料理を看板にする方が、お客さんに受けがいいという理由でインド料理店が多くなっているのだろう(ネパール料理もインド料理も基本的にスパイスを使った料理であり、ナンよりも米を食する事が多いからインドカレーよりサラサラしている。スパイスの種類は同じぐらい多いが、使用する量が少ないので日本人の味覚に合うともいわれている)。

年間うん千万円も儲かるネパール人ブローカー商売

 けれど、話はこれだけでは終わらない。10年以上のキャリアを持つコックってそんなにいるものだろうか? また、そんなに店が増えていって、果たしてオーナーは店を維持出来るのだろうか?

 ここからがこの話の本筋ともいえる。来日したネパール人たちは斡旋ブローカーに150万から200万のお金を支払い、就労ビザを手に入れている人間が多い。中には1年単位で就労ビザのお金を25万ずつ追加で支払わなければならない契約になっている者も。つまり搾取されているのだ。

 インド料理・ネパール料理店のオーナーになっているネパール人は、ブローカーの顔を持つ者が多いともいう。ビザは正規の就労ビザだが、日本で経営している料理店の料理人という名目がミソ。これって雇っている側が圧倒的に有利なモノ。ビザ代は日本政府に払うのは多くても数千円に過ぎないのだが、ブローカーには1人あたり数百万支払われているわけだ。1店舗につき4~5名の料理人が雇え、その家族である妻にもビザは下りる。つまりはそれだけで10名、2千万近くになる。働いている店の給料だってどれくらいの額が支払われているか、解ったもんじゃない。日本に来日してそのカラクリに気がつき、日本側に訴えて出たところで、ビジネスビザが簡単に発行される訳じゃない。3ヶ月の観光ビザで、それ以上日本にいたければ日本国籍を持つ者と結婚するしか方法がないのである。

 オーナーたちは次々に店を作り、本国から就労させるべく人を呼びよせ、就労ビザ代の名目で搾取していく…。たぶんこのビジネスが崩壊しない限り、インド料理店は増え続けると思われる。

 もちろん真面目に営業してて、本国からキチンとしたベテランのシェフを雇っている店も多いだろうが…。こんなに増えている原因にはこんな裏話も確かにあるのだ。

(文・編集部)

写真:nepal dishes by snak(Flickr)CC BY 2.1
写真はネパール料理のイメージです。記事とは関係ありません。


 



※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 山口明 新日本プロレス 瀬名あゆむ アイドル 童貞 フジテレビ 杉作J太狼XE 韓国 中国 ダイエット
Powered by Vivvo CMS v4.6