. 18本目・『ゴッドファーザー』:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載43 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]


サブカルチャー

18本目・『ゴッドファーザー』:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載43

2022.10.21(金)


杉作J太郎の
DVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画

18本目・『ゴッドファーザー』

 山で生まれ育った女性、アポロニアにとってこの世界はなんだったのだろう。
 アポロニア(シモネッタ・ステファネッリ)は花を摘んだ帰り道だった。そして、散歩していたマイケル(アル・パチーノ)と出会った。マイケルはマフィアのボス(マーロン・ブランド)の息子である。
 目と目が合う。
 5秒、6秒。
 7秒。
 この出会いの8秒だけ音楽がなくなる。
 その出会いの前後。世界的なスコア『ゴッドファーザー、愛のテーマ』のアレンジ違いが計4連発、流れる。
 出会いの前に2連発。
 出会いのあとにギターメインのアレンジ。
 そしてマイケルは彼女の名前をそこで初めて知る。
「アポロニア……いい名前だ」
 そこでストリングスメインのロマンチックなアレンジ。
 間を置いての2連発。計4連発。
 山岳地帯を舞台に展開される出会いの物語。その間、血なまぐさい抗争も事件も、一切、ない。
 ゴッドファーザー、愛のテーマ。
 原題。
 Love Theme from The Godfather。
 出会ったとき。
 ふたりは言葉を交わしてはいない。
 目と目で結ばれた。

 アポロニアは爆死する。
 瞬間の死であった。
 その寸前まで命が輝いていたが。
 アポロニアにとって、この世界はなんだったのだろうか。

 数多くの死が横たわるこの世界的大傑作『ゴッドファーザー』の中で、アポロニアの思いが儚すぎる。
 アポロニアだけが取り残されていく。
 それはまるで、世界中の恋が、実はすべて未完成な悲劇であるかのようだ。

『ゴッドファーザー』(1972年/アメリカ合衆国)
出演/マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュヴァル、タリア・シャイア、リチャード・カステラーノ、ダイアン・キートン、シモネッタ・ステファネッリ
原作/マリオ・プーゾ
音楽/ニーノ・ロータ
撮影/ゴードン・ウィリス
脚本/マリオ・プーゾ、フランシス・フォード・コッポラ
監督/フランシス・フォード・コッポラ

<隔週金曜日掲載>

記事バックナンバー:https://wp.me/p95UoP-ik

【おすすめDVD】「ゴッドファーザー PART 1 <デジタル・リストア版>」(パラマウント・ジャパン合同会社)※現在はNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンからBlu-rayも発売中
https://books.rakuten.co.jp/rb/12813277/

杉作J太郎監督作品『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』&『任侠秘録人間狩り』が、Google Play/Rakuten TV/prime video/J:COM/ひかりTV/dTV/ビデオマーケット/GyaOストア/DMM.com/ムービーフル+/VIDEX 各社で配信されております。お時間のある方はぜひいかがでしょうか。

杉作J太郎(杉作J太狼XE) twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/毎月2日発売 11月号発売中)でコラム「熱盛サウナおやじの伝言」連載中! (電子書籍版や一部定額読み放題サイトでバックナンバーもお読みいただけます ※10月号のみ編集部都合で休載)
・杉作J太郎個人のtwitterアカウントから、スペース配信(音声配信)が行われることがあります。フォローしてね!

【著者最新刊のお知らせ】
よるひるプロから「杉作J太郎詩集」が発売されました。よるのひるね店頭、中野・タコシェ、新宿紀伊國屋書店本店、神田三省堂、池袋ジュンク堂、池袋三省堂、松山市モア・ミュージックなどでも店頭販売予定です(在庫切れの場合はご容赦ください)。また、一般書店からも書名と版元を伝えて「地方・小出版流通センター経由で」と言えば取り寄せが可能です。なお通販は「よるのひるね」のBASE通販サイトで。なお、楽天ブックスやamazonにも取扱あり。
https://yorunohirune.base.shop/
https://books.rakuten.co.jp/rb/17001939/

【ラジオのお知らせ】
週に4回!! 愛媛・南海放送ラジオで「杉作J太郎のファニーナイト」放送中。火・水・木/19:00~21:30, 土/21:00~23:00。アプリ「radiko」のプレミアム会員(税込385円)なら日本全国でOK、タイムシフト(あとから聴くこと)もできちゃう! ラジオの未来のためにもみんな聴いてね!

◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

【杉作J太郎サミット(配信)】
10月分は31日、20時から23時まで開催!出演者:杉作J太郎(ラジオDJ・映画製作・歌手・詩人)・角田龍平(ラジオDJ・弁護士・俳優・文豪)。アーカイブ視聴もあり。チケット発売中!

★杉作J太郎サミットオンラインチケットはこちらから。
https://blog.rnb.co.jp/matsuyamasummit/

【杉作先生のLINEスタンプ】
発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める(男の墓場改め)狼の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

【おすすめ書籍】「東映実録バイオレンス 浪漫アルバム」(徳間書店)【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6