. 9本目『怪奇!幽霊スナック殴り込み』その13:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載27 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]


サブカルチャー

9本目『怪奇!幽霊スナック殴り込み』その13:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載27

2022.03.11(金)


杉作J太郎の
DVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画

9本目その13・『怪奇!幽霊スナック殴り込み』

 この映画の撮影が行われたのが2004年の年末である。ポストプロダクションは2005年の春頃からスタート。公開、配給に向けてメジャーな会社との契約も行われたが二転三転、結局、自主公開となった。このタイミングで映画制作会社としてスタートするつもりだった。資金的にも順調だったので数名をスタッフとして迎え入れ、会社になるはずであった。関係した皆さんにはいまでもたいへん申し訳ないことをしたと思っています。
 自前で公開しなければならなくなり、そこでリリー・フランキーに助けてもらった。下北沢の映画館「シネマアートン下北沢」を紹介してくれた。
 2006年、正月。年明けてすぐの公開が決定した。『任侠秘録人間狩り』と『怪奇!幽霊スナック殴り込み』の二本立て。健さんの映画と池玲子の映画の二本立て、みたいな1970年頃の東映映画の公開形態へのオマージュであった。それまでにポスターやチラシも作らねばならない。当たり前だが作品は完成していなければならない。
 公開まで半年以上あったので余裕でなんとかなるだろうと私は思っていた。素人の悲しさである。2005年の10月頃から私の尻に火がつくことになる。大炎上である。さらには資金不足も明らかになった。ポスターやチラシを作るのも結構な金額が必要となるのだ。映画館が少なくなってきているいまはどうなのかわからないが、提携、あるいは相互宣伝、相互告知している映画館にもチラシを置くのだ。
 映画館に置いてあるチラシを見たことがあると思うが10枚とか30枚とか置くわけではない。一か所に数百枚である。
 映像編集、音声と音楽の整音など作業は考えも及ばなかったほど多かった。
 さあ。急ピッチで作業を進めなければならないが資金は底をつきはじめ、さあどうしようと考えるとどうにもならず、最大に頑張らねばならないときになにをすればいいのか途方に暮れた。
 ちょうどその頃、横浜でハロープロジェクトのお祭りがあった。数日間、会った。11月の連休のタイミングだったか。
 私は西新宿の編集室に泊まり込んでいた。ごっしーが横浜に行こうと誘いに来た。ごっしーも映画のスタッフであるがそれ以前にモーヲタ番長なのだ。それどころじゃないよ、と言いたい言葉を飲み込んだ。それどころじゃないがなにをすればいいかわからない。チラシとポスターの納入日が迫っていた。横浜に行った。次の日も行った。結局、全日程、行った。逃避だったのかもしれない。(この項、つづく)

『怪奇!幽霊スナック殴り込み』(2006年・男の墓場プロダクション)
出演/タナダユキ、島口哲朗(剣伎衆かむゐ)、リリー・フランキー、鈴木一功、古澤裕介、DJオショウ、田口敬、横山剣(クレイジーケンバンド)、内藤研、石熊勝巳、モンロー、井上則人、せきまさ、希和、奥平イラ、田原章雄、DJタキシット、ナイス橋本、高谷洋平、山田ゴメス、ごっしー、篠本634、高木JET晋一郎、有村昆、岩岡としえ、黒ゴマ♂、山田広野、大森昌宏、伴ジャクソン、藤崎望、福田高士、桐原史子、佐々木洋、上本輝雄(墓場ニューフェイス)、能地祐子、浅川満寛、手塚能理子、漁港、山田五郎、安斎肇、大槻ケンヂ、川勝正幸、みうらじゅん
監督・脚本/杉作J太郎
音楽/柳家小春
効果音/ファンク入道(ダースレイダー)
主題歌/クレイジーケンバンド『まっぴらロック』

<隔週金曜日掲載>

記事バックナンバー:https://wp.me/p95UoP-ik

写真:『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』DVD
販売・キングレコード
https://books.rakuten.co.jp/rb/4103775/ 
※編集部注:配信上の都合でリンクが貼れないのですが、「A」がつくネット通販では中古商品のみとなりますが入手可能です。また、SHIBUYA TSUTAYA等で正規レンタルが可能です。

杉作J太郎(杉作J太狼XE) twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/毎月2日発売 4月号発売中)でコラム「熱盛サウナおやじの伝言」連載中! コンビニ・書店・ネット書店にてぜひ!(電子書籍版や一部定額読み放題サイトでバックナンバーもお読みいただけます)

【著者最新刊のお知らせ】
よるひるプロから「杉作J太郎詩集」が発売されました。よるのひるね店頭、中野・タコシェ、新宿紀伊國屋書店本店、神田三省堂、池袋ジュンク堂、池袋三省堂、松山市モア・ミュージックなどでも店頭販売予定です(在庫切れの場合はご容赦ください)。また、一般書店からも書名と版元を伝えて「地方・小出版流通センター経由で」と言えば取り寄せが可能です。なお通販は「よるのひるね」のBASE通販サイトで。なお、楽天ブックスにも取扱あり。
https://yorunohirune.base.shop/
https://books.rakuten.co.jp/rb/17001939/

【ラジオのお知らせ】
週に4回!! 愛媛・南海放送ラジオで「杉作J太郎のファニーナイト」放送中。火・水・木/19:00~21:30, 土/21:00~23:00。アプリ「radiko」のプレミアム会員なら日本全国で聞けちゃうし、タイムシフト(あとから聴くこと)もできちゃう! ラジオの未来のためにもみんな聴いてね!

◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

【杉作J太郎サミット(配信)】
3月の予定 3/25(金) 12時間連続配信!(18時~翌朝6時)※アーカイブ視聴あり 2,000円。
★杉作J太郎サミットオンラインチケットはこちらから。

https://blog.rnb.co.jp/matsuyamasummit/

【杉作先生のLINEスタンプ】
発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める(男の墓場改め)狼の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

【おすすめ書籍】「東映実録バイオレンス 浪漫アルバム」(徳間書店)【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6