. 『ロング・グッドバイ』その3:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載4 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



サブカルチャー

『ロング・グッドバイ』その3:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載4

2021.04.16(金)


杉作J太郎の
DVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画

2本目その3・『ロング・グッドバイ』

 ロマンポルノを初めて見たのは高校三年の夏休み、ひとり旅先の東京荻窪でだった。
 いま思えばとんだ「いなかっぺ大将」だが私は下駄を履いて生まれて初めてのひとり旅に出たのだ。
 1973年にアメリカで公開されたアメリカ映画『ロング・グッドバイ』を私が見るのはそれから5、6年後である。
 東京世田谷でひとり暮らしをしながら漫画の原稿料でなんとか生活できるようになった頃だった。
 漫画の原稿料でビデオデッキを買った。ビデオテープは高かったが三倍速だと6時間録画ができた。録画してある番組を見ながら、というよりもつけっぱなしで音だけ聞きながら六畳の部屋で夜通し漫画を描いていた。その頃はテレビの放送が朝まであるのは週末だけで平日は深夜1時か2時に放送が終わっていた。放送が終わった後、ラジオを聞くこともあったが毎晩面白いラジオがあるわけでもなかったし、逆に面白いラジオは面白すぎて漫画を描くペンが止まってしまった。
 その頃、私の漫画はかなり細かく描きこんだ。雑に描くときもあったがそれは原稿料や編集者との人間関係が反映された。新人の分際で図々しい話ではあるがロボットではなく生身の人間である。気乗りしない仕事に全身全霊で臨むのは難しい。
 気乗りする作品のときは描きこんでいた。町の風景などは歩き回って(いわゆるロケハン)これは、と思える町並みを写真に撮り、紙焼きしたその写真を見ながらGペンで夜通し描いていた。そのお供に録画してある番組というのはたいへんありがたかった。
 それにしても細かく描いていた。三分の一ページぐらいのコマを二日ぐらいかけて描くときもあった。原稿料、労賃としてはまったく採算がとれない。実際、生活していくのがギリギリというか、お手上げ寸前の生活が続いていた。そんなある日、平凡パンチでコラムの連載がスタートする。週刊だったので原稿料が月に4、5回入った。一気に生活水準はアップした。実際、当時のマガジンハウスの原稿料は業界では超トップの高額で、別に私はそれを願っていたわけでも狙っていたわけでも持ち込んだわけでもないが、ま、タイミングがよかったのだ。それと私が二度目の持ち込みで採用された月刊漫画ガロの作家が平凡パンチに集結していた。武智京太郎時代の平凡パンチは画期的なまでにガロ寄りだったのである。
 話を戻すと、その頃、私は別にこれと決めた番組でなくても録画していた。それを夜中に漫画描きながら見る、聞くため。そこで出会ったのが『ロング・グッドバイ』だった。主演のエリオット・グールドを知っていた程度で、原作は学生時代に文庫本を買いはしたが読みかけてすぐやめた。要するにつまらなく思えたのである。
 録画した『ロング・グッドバイ』は吹き替えしてあり、エリオット・グールドの声を森川公也がやっていた。
 話はなんかたいしたことのない感じだった。耳だけで聞きながらたまに画面を見る、程度だから最初から理解する気も鑑賞する気もないのだ。作品に対してはたいへん失礼な話だが主目的はペンを持つ手を動かすことであった。
 この項、続きます。

『ロング・グッドバイ』(1973年・ユナイト)
出演/エリオット・グールド、ニーナ・ヴァン・バラント、マーク・ライデル、ヘンリー・ギブソン、デビッド・キャラダイン、アーノルド・シュワルツェネッガー、スターリング・ヘイドン
脚本/リイ・ブラケット
撮影/ヴィリモス・スィグモント
音楽/ジョン・ウィリアムス
監督/ロバート・アルトマン
(この項、つづく)

<隔週金曜日掲載>

おすすめDVD/『ロング・グッドバイ』(発売元:20世紀スタジオ)
楽天ブックス ※同店品切、他店入手可
https://books.rakuten.co.jp/rb/12662377/

杉作J太郎(杉作J太狼XE) twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/毎月2日発売 5月号発売中でコラム「熱盛サウナおやじの伝言」連載中! コンビニ・書店・ネット書店にてぜひ!(電子書籍版や一部読み放題でバックナンバーもお読みいただけます)

【著者最新刊のお知らせ】
東映実録バイオレンス 浪漫アルバム(徳間書店)
【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/

【ラジオのお知らせ】
週に4回!! 愛媛・南海放送ラジオで、新番組「杉作J太郎のファニーナイト」放送中。火・水・木/19:00~21:30, 土/21:00~23:00。アプリ「radiko」のプレミアム会員なら日本全国で聞けちゃうし、タイムシフト(あとから聴くこと)もできちゃう! ラジオの未来のためにもみんな聴いてね!

◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

【杉作J太郎松山サミット】
松山から配信! 次回は2021/4/26(月)20時より。テーマ「これからの社会」以下のURLでオンライン配信チケット発売中。近田春夫/手塚能理子/レナ/ひなた狼/角田龍平/内田名人/杉作J太郎
https://blog.rnb.co.jp/matsuyamasummit/

【杉作先生のLINEスタンプ】
発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める(男の墓場改め)狼の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6