. 2本目・『ロング・グッドバイ』その2:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載3 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



サブカルチャー

2本目・『ロング・グッドバイ』その2:杉作J太郎のDVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画…連載3

2021.04.02(金)


杉作J太郎の
DVDレンタル屋の棚に残したい100本の映画

2本目その2・『ロング・グッドバイ』

 1973年にアメリカで公開されたアメリカ映画『ロング・グッドバイ』を日本の人が見たのが1974年2月。だが私がそれを見たのは10年以上あとだった。1985年ごろだった。
 思えば高校生の頃からハードボイルド的なものに惹かれていた。東映の実録ヤクザ映画全盛期だった。東宝は山口百恵さんの映画、松竹は寅さんだった。日活はロマンポルノでこれは高校生が堂々と入るわけにはいかない。だがたいへん見たかった。女性のハダカが見たいというのではなく、性行為が見たかった。もちろん演技である。俳優さんの演技である。それでも見たかった。なぜだろう。人間の本能であろう。いずれ性行為をして、子供を産むための学習である。学校で教えてくれないのだからしかたがない。親に訊くのもなんか気まずい。エロ本というのは言わばその教科書であるが天井裏に隠していたらこっぴどく怒られたことがある。家に帰ったら玄関の前で積まれ、焼かれていたのだ。ただそのときの父親の言葉はいま思えば立派だった。エロ本を保持していることを咎めるものではなかった。
「ねずみが巣を作っていたぞ!」
 たしかにそうだったのだろう。実家の天井裏をねずみが駆けている、その音はよく聞いた。たまに人間ではないかと思うくらいの大きな音もしていたがおそらくイタチである。
 エロ本自体を読むなというのではない、と言われた気もするが私の胸に押し寄せるのは悲しみだけだった。たいせつな、当時の私にとっては命の次の次の次ぐらいにたいせつだったエロ本が。グラビアが。エロ漫画が。炎の中で消えていく。  話が逸れに逸れているが、ロマンポルノを地元松山で見るのは難しそうだった。本当かどうかわからないが教育委員会が見回りをしているという噂があった。おそらく噂だったはずだがもしも万一、
「きみ、高校生じゃないの?」
 教育委員会でなくても、劇場の窓口で摘発されるおそれもある。いま思えば、大人になってから来るように、と言われて終わりだった気がする。が、当時はそういう気持ちにはなれなかった。話、逸れてますがこの項、続きます。

『ロング・グッドバイ』(1973年・ユナイト)
出演/エリオット・グールド、ニーナ・ヴァン・バラント、マーク・ライデル、ヘンリー・ギブソン、デビッド・キャラダイン、アーノルド・シュワルツェネッガー、スターリング・ヘイドン
脚本/リイ・ブラケット
撮影/ヴィリモス・スィグモント
音楽/ジョン・ウィリアムス
監督/ロバート・アルトマン

(この項、つづく)

<隔週金曜日掲載>

おすすめDVD/『ロング・グッドバイ』(発売元:20世紀スタジオ)
楽天ブックス ※同店品切、他店入手可
https://books.rakuten.co.jp/rb/12662377/

記事バックナンバー:https://wp.me/p95UoP-ik

杉作J太郎(杉作J太狼XE) twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/毎月2日発売 5月号発売中でコラム「熱盛サウナおやじの伝言」連載中! コンビニ・書店・ネット書店にてぜひ!(電子書籍版でバックナンバーもお読みいただけます)

【著者最新刊のお知らせ】
東映実録バイオレンス 浪漫アルバム(徳間書店)
【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/

【ラジオのお知らせ】
週に4回!! 愛媛・南海放送ラジオで、2021年3月30日より新番組「杉作J太郎のファニーナイト」放送中。火・水・木/19:00~21:30, 土/21:00~23:00。アプリ「radiko」のプレミアム会員なら日本全国で聞けちゃうし、タイムシフト(あとから聴くこと)もできちゃう! ラジオの未来のためにもみんな聴いてね!

◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

【杉作J太郎松山サミット】
松山から配信! 次回は未発表ですが、HPを随時チェック!
https://blog.rnb.co.jp/matsuyamasummit/

【杉作先生のLINEスタンプ】
発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める(男の墓場改め)狼の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6