. ジョン・ライドンのトランプ支持はパンクか?:ロマン優光連載172 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


サブカルチャー

ジョン・ライドンのトランプ支持はパンクか?:ロマン優光連載172

2020.10.23(金)


ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第172回 ジョン・ライドンのトランプ支持はパンクか?

 最近、ジョン・ライドンがドナルド・トランプ支持を表明したことについて、ライドンのこの行動がパンクか? パンクでないの? みたいなどうでもいい話が一部で盛り上がってました。今回、編集氏からこのテーマを振られたわけなんですけど、自分はその記事を初めて見たときに「あー、ジョン言いそうー」と思っちゃったんですよね。ジョン・ライドンという人間の言動を長年眺めていれば、なんかそんな感想になる方が普通だと思うんですよ。ジョー・ストラマーが言ってたんならびっくりですけどね。もう、ジョー亡くなってるとかそういう話ではなく。
 ジョンって、頭と口の回転がいいだけで特に深く考えた上で発言とかするわけじゃないじゃないですか。基本的にその場その場で人が嫌がるようなこと、人の期待を裏切るようなことをドギツい言葉や気のきいた言い回しで言ってるだけの人ですよ。それは昔からです。
 ピストルズ時代についての発言読んでると、毎回違ってたりするでしょ。同じメンバー褒めたり、バカにしたり。その場その場でインタビュアーや読者の期待を裏切りそうなことをやっているからです。だから毒舌を期待をされてると、それを裏切ろうとするあまり、めちゃくちゃ普通にメンバーを褒めてしまうことになるわけです。あと、労働者階級出身のチンピラあがりで基本エリートが嫌い。周りのミュージシャンに反トランプみたいな人が多いから嫌がらせでトランプの支持を表明したり、エリートのバイデンをくさしてみたりしてるだけだと思います。
 性格の悪い天の邪鬼な発言でウケてきたジョンですけど、年を経るにつれ言葉の「反射神経」や「当て勘」が落ちてきたのか、スベることも増えてきてるわけですよ。炎上系インフルエンサーなみのつまらなさというか。まあ、そんな感じの発言だと思います。ようするに内容はないし、まともに相手にしてはいけない件です。
 あ、ジョンが自分を人種差別主義者でないと本気で思ってるとは思いますよ。庇ってるとかじゃなくて、ジョンの主観ではそうなってるという話で。トランプ支持を伝えるNMEの記事によると、ブロック・パーティーのケリー・オケレケにP・I・Lを再結成について質問された時に、取り巻きと一緒になって差別的なことを言いながら殴ったことで差別主義者であると非難されたということなんですが 、ジョン的にはダブを愛し、アフリカ・バンバータとコラボし、ネルソン・マンデラへの想いを歌詞にする自分が差別主義者なわけないと思ってるとは思うんですよ。
 今活動してないバンドの話を他人からされるのが嫌な人ってけっこう多いと思うんですよ。色々とデリケートな事情があったりするわけじゃないですか。ジョンもそれで何かムカついて、最大限に相手を傷つけるために人種差別的な言葉を選んで罵ったじゃないですかね。それが一番心をえぐるから。本人は「相手が白人だろうがアジア人だろうが、ムカつく奴には誰相手でも相手を一番傷つける言葉を選ぶだけだから、自分は差別主義者ではない」みたいに考えてんじゃないすかね。でも、相手の人間としての尊厳を辱しめるようなことを言ってしまうのは、相手を人間だと思ってないからできるわけで、客観的に見れば色んな人を差別してるだけの人なんでは。あと、単純に傲慢で子供じみた嫌なやつです。
 だいたい、今のジョン・ライドンは別にパンクスでも何でもなくて、「昔パンクバンドをやっていたコミカルな芸能人」なわけです。また、ずっとジョンを見てきてる人にとっては逆張りガキおじさんのいつもの逆張り発言でしかないわけですよ。あんなのパンクという観点で語るような記事でもなんでもない。それを、あの発言をするジョン・ライドンはパンクとか言い出す佐々木俊尚さんのようなおじさんが出てきて痛々しい感じです。
 佐々木さんが書いてるパンクの定義って、間違ってるわけではないんですよね。間違ってるわけではないというか、どっかに書いてあったことをそのまま書いてるだですよね。佐々木さんがパンクを定義してみせたってわけではないんですよ、どう見ても。なんというか清々しいまでに底が浅いいっちょかみで、ジョン・ライドンのことも、パンクのこともよく知らないけど、あの記事にパンクとかコメントしたらウケそうだから言ってみた感がいい塩梅に出ています。
 そこに町山智浩さんが絡んでいくわけなんですが、何か変なんですよね。佐々木さんは別にパンクの定義をしたわけではなく、他人の考えたパンクの定義に当てはめてみただけなのに、パンクの定義をしたと怒ってるのとかも変。落ち着いてください! パンクバンドやってるわけでもないし、パンクの専門家というわけでもないのに、何でかしらないけど町山さんはやたら怒ってて意味がわかんないっていうか、単に佐々木さんを前から敵視しているだけで、パンクのこととか別にどうでもいいのでは? パンク観、ジョン・ライドン観は他人のRTですませて、佐々木さん叩く発言優先だし。あと、ジョン・レノンのイマジンの時もそうだけど、そこまで音楽好きでない町山さんが佐々木さんに対しては音楽の話で絡むけど、もっと違う絡み方をした方がいいのでは?
 別にパンクのこと好きでもなさそうだし、特に詳しくもなさそうだし、思い入れもなさそうな佐々木さんや町山さんがパンクをお題にウケ狙い発言したり、それに喧嘩売ったりとかほんとにバカバカしい。よくわかってないくせにパンクにいっちょかみした発言したり、パンクとかそんな好きでもないくせに喧嘩売りたいがためにそこに絡んでいったり、本当に失礼なおじさんたちだと思います。
 一言でパンクといっても、それが指す範囲には色んなものが含まれています。クラスもパンクならば、GGアリンもパンクだ。人によって様々なパンク観があるのが普通だし、互いにパンク観の違いとかで譲れないこともあるのでしょう。でもね、パンクとか別にどうでもいい人が適当に○○はパンクとか言ってたら単に不快なだけです。イギー・ポップとか、リップ・クリームのジャジャさんが「あいつはパンク」とか言ってたら聞く気にもなります。これは彼らに権威があるからじゃなくて、今までの活動からくる説得力があるから聞く気になるわけですよ。それがね、あんなおじさんたちのパンク話とか本当にどうでもいいでしょ。 パンクとかロックとかプロレスとかいう言葉は、そのジャンルを詳しくもなければ好きでもない輩に雑な扱われ方をされがちな言葉だけど、その典型的なやつですな。

(隔週金曜連載)

Photo CC BY 2.0:Man Alive![PIL performing at the Ritz, Manchester, on Saturday 16th June 2018]/Photo by Flickr From Public Image Limited 
https://flic.kr/p/27nsaFC

★そろそろ電子書籍版が出るんじゃないかという噂も!?……現時点では、紙の本を書店・ネット書店で「ご注文」してご入手ください。★

「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作は電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」(発売中)では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 12月号は「男のフェミニストはヤバいやつが多い?」コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6