. 石田ゆり子さんの思い出(14):杉作J太狼XE「美しさ勉強講座」連載134 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


サブカルチャー

石田ゆり子さんの思い出(14):杉作J太狼XE「美しさ勉強講座」連載134

2020.09.04(金)


軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!
杉作J太狼XE先生の「男の魅力がぐんとアップする美しさ勉強講座」

134時限目・石田ゆり子さんの思い出(14)

 むかし、菅原文太さんに一度だけお目にかかったとき。小一時間ばかりお話を伺った、その終わり頃。文太さんは俺に言ったのである。

「きみは少々、へらへらしすぎだな」

 それ以来、人の話を聞く時、「はい~ははは」「おおーっと、はははは」などといった、笑いながらの相槌はうたないようにしている。

「はあ、はあ」

 文字にすると喘いでるか悶えたりしてるみたいにも読めますが、そうではない。

「はい、はい。はあ。はい」

 クールな返事としての「はあ」である。「はい」である。

 これはお手本がありまして、古い話になりますが二十世紀の話になります。

 梨じゃないよ。

 西暦であります。

 二十世紀もどんけつまで行かない、1970年代。

 日曜日の22時から日本テレビ系列で放送されていたドキュメンタリー番組『知られざる世界』。この中で番組進行役ナレーターの佐藤慶さんはドキュメンタリーに登場する科学者、技術者たちの話を伺う、聞き手も務められた。その話を伺う時、

「はい。はい。はあ。はあ。はい。はあ」

 と、佐藤慶さんのクールな相槌が番組をピリッと引き締めていた。

 あーあ、明日から学校か。行きたくないなー。宿題なんかしたくないなー。テストなんか受けたくないなー。そんなふうに暗い気持ちになりかける日曜日の夜、佐藤慶さんのクールな、感情を排したような相槌はなにか、翌日からの学校生活のヒントをもらえたような気持ちになっていたのかもしれない。いや、当時はわからなかった。わかってなかった。が、ほかのことは忘れても忘れられない佐藤慶さんのあの声。おそらく、そうだったのだ。俺のこころにしみていたのだ。気持ちを引き締めていけよ、と。こころを落ち着けろ。うわついた考えを捨てろ。学校は楽しい場所ではない。学校に限らない。人が集まる場所が楽しいとは限らない。きびしい出来事もある。対立もある。敵になる人もいるだろう。楽しい場所だと思うからつらくなるのだ。人が集まる場所には闘いもある。闘いの日々が展開されるのだ。

 というような、そんななにかを俺は佐藤慶さんの声から感じていたのではなかろうか。

 なお、佐藤慶さんは石原プロモーションのテレビ映画『大都会・闘いの日々』で暴力団担当四課の課長を演じておられた。

 へらへらしてはいけない。

 闘いの日々なのである。

 菅原文太さんに注意されたのは1990年代の終わり頃だった。

 そのとき、佐藤慶さんの声を思い出した。番組はとうに終わり、佐藤慶さんはそれよりも前に番組ナレーターを辞められていたが、声の記憶は残っていた。

 石田ゆり子さんに、

「すてき」

 と俺が声を褒めていただいたのは2000年代になってからである。

 菅原文太さんと佐藤慶さんのおかげでそのときの俺の声はあった。

 そしてさらに、

「すてき」

 と言われても俺はその場で舞い上がったりはしなかったのである。舞い上がることなくクールに返事をした。それはまさに、佐藤慶さんが『知られざる世界』で聞き手を務められていたときと同じトーン、リズムだったはずである。

(つづく。2週間後、またお会いしましょう)

<隔週金曜日掲載>

写真/2016年2月25日・『僕だけがいない街』完成披露試写会

杉作J太狼XE twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/10月号発売中で「熱盛サウナおやじの伝言」連載中! コンビニ・書店・ネット書店で!(電子書籍版でバックナンバーがお読みいただけます)


【著者最新刊のお知らせ】
東映実録バイオレンス 浪漫アルバム(徳間書店)
【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/

【ラジオのお知らせ】
2枠で週に4回!! 愛媛・南海放送ラジオで、「痛快!杉作J太郎のどっきりナイト3」放送中。火・水・木/19:00~21:30, 週末は「痛快!杉作J太郎のどっきりナイトスピリッツ」土/21:00~23:00。アプリ「radiko」のプレミアム会員なら全国で聞けちゃうし、タイムシフト(あとから聴くこと)もできちゃう! 先生の声に浸っちゃおう!

◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

杉作先生のLINEスタンプが発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太狼XE:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろうXE
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める(男の墓場改め)狼の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/

ここまでの話がわかる、連載バックナンバーはこちら→
https://wp.me/p95UoP-3Z(URLがリンクしないサイトでごらんの方は、URLをコピペして検索窓に)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6