. コロナのいる日常:ロマン優光連載159 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


サブカルチャー

コロナのいる日常:ロマン優光連載159

2020.04.24(金)


ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第159回 コロナのいる日常

 こういう状況ですから、家から出れないことでストレスを溜め込んでいる人もいれば、仕事上テレワークにできないために電車を利用して仕事に行かざるを得ずストレスを溜め込んでいる人もいます。ちなみに自分などは音楽や書き物だけで生計を得ていたわけでなく他に仕事もしていたのですが、自宅待機の日ができて職場にいく日数は大幅に減ったものの未だに出勤する日があります。
 新型コロナ情報を遮断することも怖いことだし、情報に触れすぎて精神面に負担を溜めるのも怖い。電車に乗っていると、以前よりは全然人が乗っていませんし、自分が使う路線に関しては退勤時は空いているわけです。みんなできるだけ間を空けているわけなのですが、ガラガラなのに普通に詰めてくる人も未だにいます。駅のエスカレーターでソーシャル・ディスタンスを守って乗っている、人が少ないので別にそれができる状況なのに、わざわざ詰めてくる人、二人で会話をしながら人の間に入ってくる人もいます。それは年齢に関係ありません。新型コロナの情報を気にしてない人、あまり情報を集めてない人なのかなと思うし、ストレス少なそうな気もしますが、他の局面でも感染の危険度高そうな行為をしていそうで心配になります。
 電車に限らず、家族総出で楽しそうに町を歩いてたりする人を見ると不安になりますよね。ただ、そういう人を情弱と嘲ったり、罵ったりしても何にもなりません。そういった人たちにも、わかりやすく情報が届かないと仕方がないのですから。テレビの情報も以前よりは「買い物は一人で」「人との間を二メートル空ける」みたいな具体的な説明が増えてきて、良かったと思います。でも、まだ足りてない。どこそこの街が人出が多かったりしたみたいな話(住宅地が多い町は必要品買いにいく人だけでも人通りは増えてしまうし、いつもよりは格段に減ってるのを写真のマジックで混雑に見せるのは論外)ではなくて、深く情報を掘ったりしない人、そういう環境にいない人のためのわかりやすい説明をどんどんしていくことがメディアがやるべきことじゃないでしょうか。

 Twitterなんかもピリピリしています。政策批判が増えていることについて言っているのではありません。10万円給付のように言っていくことで変わっていくことはあるのだから、言っていったほうがいい。自分の生き死にがかかっているのだから、声をあげるのは普通のことだと思います。言わなければ、変わらないのですから。実際、今まで政治的な発言をしていなかった人や、保守の人、政権を基本的に支持してきた人の中からも声はあがっているわけです。みんな一つになれと言うならば、政権の方が大衆の悲鳴に応えていくべきだと思います。
 それはさておき、新型コロナ情報ばかりTwitterで追っていると、わからないこと、解決できないことばかりだからストレス過多になってきますよね。怪しげな情報、過剰に攻撃的な言葉も流れ込んできます。そういう中に居すぎるとストレスでおかしくなってきます。本人には自覚がない場合もあるのではないでしょうか。ささいなことで喧嘩になってるのを見かけたりします。「ストレスがたまって、粗探ししたりあげあしとりしがちだけど、こういう時だから他人を思いやっていこう」という趣旨の発言をした人に、政治に対してお前は言うことはないのかって突っかかっていく人を見かけたんですけど、言われた人も政策批判、政権批判とかTwitterで普通にしてるんですよ。意味わかんないですよね。糸井重里の発言に対して、彼の過去の発言の文脈を踏まえた上で批判が集まったというのとは全然違うわけで。四六時中、Twitter上で政治に怒ってる必要はないわけです。そもそも、Twitterに限らず日常の中でのあり方の話だと思うし、こういう具合に人に突っかかるのを止めようと言われてるのでは。こういうのを見てしまうと本当にピリピリしてんなと思います。書かれてもないことを読み取ってしまうようになったら、Twitter休んだほうがいい。発言が気になったら相手のツイートを遡るぐらいするぐらいの余裕はないとダメだし、ささいな他人の言葉に過剰に攻撃的な人は疲れているのに気づいてないだけのような気がします。
 新型コロナのいる日常はまだ始まったばかり。心を健やかにやっていきたいものです。

(隔週金曜連載)

写真/新型コロナウイルス

★ロマン優光の新書最新作! ネット書店・全国書店でご購入いただけます★
「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作とも電子書籍版出ました。主要電子スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」6月号(発売中)では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6