. どこまでもソツのない男? 福山雅治:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載70 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


サブカルチャー

どこまでもソツのない男? 福山雅治:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載70

2015.09.30(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第70回 どこまでもソツのない男? 福山雅治

 月曜日に発表されるやいなや、川島なお美の訃報(長い間楽しませていただき、本当にありがとうございました……。心からご冥福をお祈りいたします)や千原ジュニアの結婚を吹っ飛ばし、アミューズの株まで暴落させてしまった、福山雅治&吹石一恵の結婚。

 それにしても昨年から、西島秀俊、向井理、東出昌大、内田篤人ときて、ついに福山まで。なにこの流れ。国をあげて、「世の女子たちの夢とか希望を打ち砕くキャンペーン」でも行われてるの? あるいは、災害か何かが近づいてて、みんな本能的に「番(つがい)にならなきゃッ」と焦ってるとか?(でもアタシには、いっこうに恋が芽生える気配ナシ……)

 そして今回は女子だけでなく、独身男子たちも「福山だけは仲間だと思っていたのに」「(まだ結婚しないのか、というプレッシャーに)『あの福山でさえ、まだ独身』という言い訳が使えなくなった」と落胆しているとのこと。福山、どこまで罪作りな男……。

 ちなみに、あまりにも浮いた噂がないことから、ひそかに「ゲイはないか」と言われていた(?)福山だけど、ゲイで「福山がイケる」という人に、アタシ、今までほとんど会ったことがないの。
 福山の顔が好きって人も絶対いるとは思うんだけど、「人気者すぎて、今さら『好き』と言うのが恥ずかしい」とか、そういうアレかしら(どうでもいい疑問)。

 かくいうアタシは、実は昔、めちゃくちゃ福山ラブだったわ。今、福士蒼汰くんが好きなのと同じくらい(わかりづらいたとえ)、福山のことが好きだったの!
ハッ! アタシ、名前に「福」がつく男に弱い?

 アタシが初めて福山を知ったのは、1991年にTBS系で放送された、内館牧子先生脚本、今井美樹主演のドラマ「あしたがあるから」。このドラマで福山は、ちょっと生意気で野心的な今井美樹の部下を演じていたんだけど、アタシもう、ひと目見てハートを射抜かれたわ……。
 福山、今も驚異的なかっこよさだし、歳をとったなりの魅力もあるけど、当時はもう少しやせてて、肌とかぴちぴちで、本当に素敵だったの! 「神はなんと美しいものをお造りになったのか」とわりと本気で思ったものよ(大げさ)。

 それまではほとんど映画やドラマに出たことがなく、CDの売り上げもあまりパッとしなかったらしい福山だけど、以後、「愛はどうだ」「ホームワーク」そして「ひとつ屋根の下」と立て続けにドラマに出演。曲もヒットするようになり、押しもおされぬ大スターに。
 そして青田買い体質のアタシは、福山が売れるにつれ、徐々に興味を失っていったんだけど、でも福山のことは今でも嫌いじゃない……というか、むしろ好き。

 ただ福山って、最初の頃はわりとやんちゃキャラで売ってた(?)のよね。
 初めて福山を知ったころ、アタシ、『明星』とかの福山のインタビュー記事を読み漁ってたんだけど、そこに確か「かなりのギャンブラー気質」「パチンコで1000円とかチマチマ賭けてるような人間は信用できない」みたいなことが書いてあったの(25年くらい前の記憶なので、かなりうろ覚えだし間違ってるかもしれないけど)。
 それを読んだとたん、賭けごとというものをほとんどせず、パチンコに1000円以上つぎこんだことのない(お金がもったいないから)アタシは「ああ……。この人にはお友だちになってもらえない……」と思ったものよ。

 でもその後、いつの間にか福山はちょっぴりインテリジェンスも感じさせつつ、ひょうきんで包容力ありげな、死角もソツもないキャラに。25年前のあれは、若くて血気盛んだっただけなのかしら。あるいはどこかでキャラ変更を決断したのかしら。

 そして「吹石一恵」という人選も絶妙。ヘタに売れっ子の女優さんとかだと、ファンもアンチも多いから大変だけど、「それなりにきれいで、それなりに知られているけど、それほどに売れているわけではない」ふっきーなら、同性からもあまり嫌われてなさそうだし、結婚によるダメージを最小限に抑えられそう……。

 というわけで、「ソツがないなァ」「見事だなァ」と感心しつつも、アタシ的にはさほど面白みを感じなかった、今回の結婚。
 いずれにせよ、お二人とも、末永くお幸せに!(雑な締め)

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

イメージ:福山雅治オフィシャルサイトより


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6