. 浅田舞ちゃんの写真集発売に思う:“ドラァグクイーン”エスムラルダ連載43 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


サブカルチャー

浅田舞ちゃんの写真集発売に思う:“ドラァグクイーン”エスムラルダ連載43

2015.03.26(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第43回:浅田舞ちゃんの写真集発売に思う

いよいよ今週末は、フィギュアスケートの世界選手権ね。今回、日本女子は村上、宮原、本郷選手が、男子は小塚、無良、羽生選手が出場。真央ちゃんも町田くんもおらず、次世代のエース・宇野くんと山本くんも出ないということで、アタシにとってはちょっと淋しい大会なんだけど、なんとかみんなで頑張って、三枠確保してほしいわ……(ご存知ない方のために説明すると、今年の成績によって、来年の世界選手権に出場できる各国の選手の人数が決まるのよ!)。

そんな中、3月23日に、真央ちゃんの姉・浅田舞ちゃんが、グラビア写真集『舞』を発売。
舞ちゃんといえば、このところ、恋愛事情が話題になったり、ダイビング中のプライベートなスナップ写真が流出し、スタイルの良さ(というか、巨乳)が明らかになったり、「一時期、真央と仲が悪かった」「グレて家出したり、髪を金色に染めたりしたことがある」とテレビ番組で赤裸々に語ったり、何かとお騒がせ気味。今回の写真集も、「キューバ、グアム、名古屋で撮り下ろした渾身の一冊」(「キューバ」「グアム」の後に「名古屋」が続くと、なんかこう、グッとくるものがあるわね……)とか「断崖絶壁で魅せた黒水着でのセクシーショットや、黒と赤のドレス姿での妖艶シーンなど、26歳の色香を凝縮した内容」と謳われていて、かなりセクシー寄りのものになっている気配が濃厚。

先シーズンまでは「プレッシャーにさらされる真央を、時に優しく、時に厳しく励ます、母代わりであり親友のようでもある、美しく素敵な姉」イメージだった舞ちゃんの突然のキャラ変に、超真央ファンのアタシは「真央ちゃんのためにも、そういうのやめてー!」と思ったり、「織田くんのタレントとしてのポテンシャルの高さに、舞ちゃんが焦りを感じているのかしら」と心配したりしたものだけど……。2月に放送されたバラエティ番組「しくじり先生」の動画を観て、少し考えを改めたわ。アタシみたいな無責任な他人が、「真央ちゃんのためにも、品行方正でいて」的な考えを押し付けてきたせいで、舞ちゃんはずっと我慢を強いられ、苦しんでいたのよね……。

「兄弟は他人のはじまり」ってことわざもあるけど、兄弟姉妹の関係ってほんと、難しいわよね。まったく別の人格で個性も違うのに、勝手に比べられたり、同一視されたり。特に、同性で進む道も同じで、しかも国民的人気を誇る天才スケーターを妹に持ったら、確かにグレたくもなるかも。むしろ今まで(真央ちゃんが競技人生をお休みするまで)、自分が抱えているモヤモヤを隠し通してきた舞ちゃん、偉い……?

というわけで、もし舞ちゃんが今、本気で「タレントとして生きていきたい」と思っているなら、アタシ、応援するわ!(とはいえ、たぶん写真集は買わないけど)
 ただ、真央ちゃんのためでなく、舞ちゃん自身のために、プライベートを切り売りするのはほどほどにした方がいいと思うわ。承認欲求を満たされずにきた子って、そこにつけ込まれて他人にいいように使われたり、承認を得るために暴走したりしがちなので、おばさん、ちょっと心配よ……。
 美しさもスタイルの良さも「浅田真央の姉」というブランドも、(安売りせず)賢く利用して、どうか上手に芸能界をわたっていってちょうだい!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

連載バックナンバー(最新10件)はこちら → 
http://urx.nu/iP7G(コピペして検索窓に)

オススメ写真集:「舞 浅田舞写真集」(集英社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13145569/


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6