. よくわからない人のためのアウトロー組織カンタン解説《後編》 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


社会・経済

よくわからない人のためのアウトロー組織カンタン解説《後編》

2015.11.05(木)


>>前編より

山口組の分裂騒動が世間を騒がせています。ただ、組織の名前もわからないし、組織同士の関係もよくわからない! という人も多いはず。暴対法一部改正後、あまり一般人の耳に入ってこなったことも一因です。簡単ではありますが、ニュースを理解するためにも、ざっと解説していきますよ!(後編)

工藤会

福岡県北九州市に本部を置く工藤会。九州地方最大の組織で、米国財務省から「世界最大の犯罪組織であるヤクザのなかで最も凶暴な団体である」と指摘されています。その工藤会ですが、今年に入り組織のトップである野村悟が大きな話題を呼びました。逮捕容疑は所得税法違反。組織運営費として集めた金銭を私的に使っていながら、所得として申告せずに、5年間で8億円の所得隠しと3億円の脱税をおこなっていたようです。それにしてもスゴい金額ですね。

道仁会

1971年に複数の団体が合体し結成された道仁会は、福岡県久留米市に本部を置いています。好戦的な団体であり、結成してから今日まで多くの抗争事件を引き起こしています。過去には山口組や住吉会を相手として抗争事件を起こしたことがあり、数ある団体の中でもとりわけ恐ろしい組織であるとの評判が定着することに。また2000年代中盤からは九州誠道会を相手に激しい抗争を繰り広げ、2013年の抗争終結宣言までに、両者あわせて14人の死者が出ました。

九州誠道会(現:浪川睦会)

福岡県大牟田市に本部を置いていた旧・九州誠道会。工藤会などと並び、福岡県内に本部を置く指定組織五団体の一つでした。結成されたのは2006年で、道仁会二代目会長の松尾誠次郎の引退と、その後任人事案をめぐり組織内に亀裂が入ったことがそもそもの始まりでした。その後、2013年の解散宣言までに、道仁会相手に激しい抗争を繰り広げました。解散後も、同じ構成員らにより浪川睦会が設立されたため、実質的に九州誠道会は存続していることになります。

東組

東組は、大阪府西成区に本部を置きます。設立構成員数は150人ほどで、決して大規模とはいえません。しかし、数多くの組がいる西成において、大団体の傘下に収まることもなく、創立直後から独立状態を保ち続けてきた組織であるため、少数精鋭であると謳われてきました。特に山口組とは何度も抗争を引き起こしており、中でも有名なのが1987年におきた泉州抗争です。この抗争は半年間続き、5名の死者が出るに至りました。

他にも大きな団体はありますが、このように日本各地で多くのヤクザ組織が蠢いているようです。
現在のヤクザ事情として、血を流さないというものがあります。ここ数年組織同士の大規模な抗争は起こっていません。
山口組の分裂騒動は、久しぶりに血を血で洗う大抗争が起きるかも? ということで注目されているのです。

(文・FUTOSHI)
※当記事は社会知識取得を目的としたものです。


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6