. 自転車の罰則強化で危惧される「脱・自転車」 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


社会・経済

自転車の罰則強化で危惧される「脱・自転車」

2015.05.24(日)


2回目の注意で5,700円かかるならもう乗らない!?

 2015年6月、改正道路交通法で自転車の罰則が強化される。自転車運転者が道交法108条3の4にあたる危険行為(※別記)を3年以内に2回以上繰り返す場合、試験つきの講習(有料=標準額5,700円)を3時間受けなければならないなどするものだ。受講しないと受講命令違反で5万円以下の罰金となる。

 これを受けてネットでは「警察の点数稼ぎだ」などという声も上がっているが、自転車事故のトラブル自体は増えており、規制強化は止むないところだ。

 危惧されるのが自転車離れだ。
「講習の部分が重すぎます。定期的に自転車狙いのネズミ捕りが行われるでしょうから、まず1回引っかかった人は『あと1回でもう自転車やめた』となるはずです。講習行かずに罰金になったら、その金額でママチャリなら5台自転車買えちゃいますし」(警察に詳しいライター)

 報道を見て、もう自転車をやめることを決めた人もいる。
「警察に切符を受けたり、(義務ではないが)自転車保険で維持コストが上がることを考えるとスクーターでもいいような気がして、乗り換えを決めました。特に、規制の厳しくなりそうな都心部では自転車のメリットは激減するでしょうね」(新宿区在住・会社員)
「乗りながらのスマホづかいも安全義務違反になるらしいので、歩きます。歩きスマホなら、マナーはともかく捕まらないですからね」(北区在住・パート)

 今回の規制強化でマナー向上し駅前放置自転車問題や無灯火、走行マナーは解決に向かうかもしれないが、「自転車離れ」は業界の今後の課題となりそうだ。

<補足>※道交法108条3の4にあたる危険行為

信号無視、遮断踏切立入り、指定場所一時不停止等、歩道通行時の通行方法違反、ブレーキ不良自転車運転、酒酔い運転、通行禁止違反、歩道走行時の徐行違反、通行区分違反、路側帯通行時の歩行者の通行妨害、交差点安全進行義務違反等、交差点優先者妨害等、環状交差点安全進行義務違反等、安全運転義務違反

(文・編集部I)写真:Auttachod Theansila/123RF

※コメント訂正しました


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6