. 「児ポ法」単純所持禁止で新手の詐欺に要注意! - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


社会・経済

「児ポ法」単純所持禁止で新手の詐欺に要注意!

2014.07.15(火)


今年は「ポルポル詐欺」に注意!

 紆余曲折を経て、ついに7月15日に施行される改正児童ポルノ禁止法。主な改正点は、単純所持を禁止するというところ。この規定においては、様々な問題点が指摘されているが、とりあえずこの法案が運用されていくことになる。

 この改正によって懸念されていることが、新手の詐欺の急増だ。オレオレ詐欺などの振り込め詐欺全般を取材している週刊誌記者から話を聞いた。
「法案の可決によって、『あなたのパソコン履歴から違法な児童画像のダウンロードの形跡があります。口座まで○○円を振り込んでください』という詐欺メールが、一世を風靡するかもしれません。ワイドショーなどでも“ポルポル詐欺”とか名前をつけて、注意を促すでしょうね」
 男なら誰しも思い当たる節があるだろう怪しい画像ダウンロード。たしかに、うっかりと振り込んでしまう人もいるだろう。
 単純所持さえも禁ずる今回の改正法案だが、1年間は罰則の規定はない。もし、心当たりがあっても振り込まないように気をつけよう。

 このなかなかとんでもない詐欺メール。しかし、これはすぐに下火になるという。
「振り込め詐欺の主なターゲットは高齢者です。それに対してポルポル詐欺は若者、それも男性向け。詐欺に引っかかり易いのは高齢者と女性なので、思ったより稼げず詐欺集団はすぐにオレオレ詐欺に戻ると予想します」

 警視庁の発表によれば、昨年のオレオレ詐欺の被害総額は171億円。振り込め詐欺全般の被害総額は489億円。これは一昨年の被害総額の3割り増しだ。これだけ注意喚起されていても、無法者からすればまだまだ稼げる市場なのだ。
 ポルポル詐欺に限らず、振り込め詐欺には引き続き注意を払っていきたいところだ。

(文・角刈りハーブティー)写真:alphaspirit / 123RF

オススメ写真集:宮本佳林 ファースト写真集 『 佳林 』 [大型本](ワニブックス)
オススメ書籍:職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書) [新書](ディスカヴァー・トゥエンティワン)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6