. 日本だけじゃない! 実は世界で起きている異常気象 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


社会・経済

日本だけじゃない! 実は世界で起きている異常気象

2014.02.14(金)


日本だけじゃない世界の異常気象

 東京を中心に関東地方に2月8日、何十年ぶりと言われる大雪が降った。が、明けて月曜日も千葉県では大雪となり、何と今週末も都内で大雪が降っている。この異常気象も「地球温暖化」が原因だと言われている。世界中で海の海水温度が高いことが影響して、偏西風を奇妙に蛇行させて気象をおかしくしているという。

 この異常現象は日本だけではなく、イギリスでは長雨が続きテムズ川が氾濫、ロンドン近郊の住宅地では床上浸水の被害が出ているという。異常な多雨はイギリスだけではなくイタリアのローマでも続いており、こちらも洪水の被害が出ている。
 しかし、中国奥地では干ばつが続いていて、一滴の水も無いとも報道されており、南半球のブラジルやオーストラリアでは熱中症被害者が続出するほど、ありえない猛暑が続いているらしい。世界は広いと思わせるが、こんなに世界規模で異常気象が続いている。

 アメリカ東海岸を襲った大寒波はハイウェイを凍らせて事故が相次ぎ、ニューヨークの水道管を破壊したり空港が凍結状態になって離発着できなくなった。このことでアメリカの保守層は地球温暖化問題を棚上げし、石油関連産業に携わる人間やロビイストは「石油をもっと使わないと世界が冷え込んじゃうんだ」なんてキャンペーンを張る勢いだ。

 しかし西海岸はカリフォルニアを中心にこの冬はかなり熱くなり、雨が全く降らない状態が続いていて山火事が頻発している。この事実はなかなかニュースとして拡大しない。地球規模の異常現象よりも、経済が大事ということか。

(文・編集部)画像:(C)Herman Lumanog/123RF.COM "Tacloban City, Philippines- January 8, 2014 A January 5, 2014 photo show survivors of Typhoon Haiyan lighted candles to their departed loved ones when Typhoon Haiyan local name Yolanda struck central Philippines last November 8, 2013 killing more than"

オススメゲーム:『SIMPLE DS シリーズVol.13 THE 嵐のドリフト・ラリー』[Nintendo DS](D3PUBLISHER)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6