. 東京にオリンピック誘致決定! ホントにみんな望んでいるの? - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


社会・経済

東京にオリンピック誘致決定! ホントにみんな望んでいるの?

2013.09.28(土)


真夏に日本人さえ続々倒れる東京で大丈夫?

「オリンピックが東京開催決定!」「もうずっーと待ち望んでました」「暗い話ばかり続いているから久しぶりに明るいニュースが飛び込んできた」と民放各局はモチロン、NHKも大特集したりしている7年後のオリンピック。これに対して異を唱えようとする動きがあれば「非国民」扱いだ。漫画家のやくみつる氏がTVインタビューでオリンピックに関して、後ろ向きな発言しかしないとネットで話題になったりもしていた。しかし、ホントにみんなオリンピックを東京で開催決定して良かったと思っているのだろうか。

 ちょっと考えてみて欲しいが、前回行なわれた東京オリンピックは昭和39年。今から49年前の10月10日に行なわれた。秋のまっただ中で過ごしやすい時期だ。さらにその頃は夏でも連日35℃の猛暑が続いたりはしておらず、ヒートアイランド現象などとも無縁であった。
 しかし今のオリンピックはアメリカの視聴率に合わせるために、真夏の8月前半に開催されることは決まっている。他の季節はアメリカではスポーツイベントがギッシリ詰っていて入り込めないからだ。オリンピックは基本的にアメリカ国民のために開催されるイベントといって過言ではない。アメリカのTV局、企業がもっともお金を協賛するわけで、金を出す代わりに口を出すシステムが出来上がっているのだ。スポーツをするのに最悪な地獄の夏に模様されるオリンピック…。時間もアメリカ時間に合わせるため、、ソウルオリンピックの時のように、男子100m決勝が朝の10時にスタートとなるのだ。これで東京オリンピックと言えるのだろうか?

 今年オリンピックが行なわれたロンドンは、夏でも平均気温が20℃を超えな いとかいわれている地域だが、近年は30℃近くなって暑さ対策が大変だといわれていた。今年の東京は猛暑日が何日続いたか、熱中症でどれくらいの人間が救急車で運ばれたことか忘れたのだろうか? じっとしていても倒れた人が続出したのに、ましてやマラソン応援とかで炎天下の路上に応援とかで集まった群衆の中で倒れる人とか出たら競技どころじゃなくなるだろう。
 各競技会場はそれぞれ屋根付きになったりドーム型に改築するようだが、中でクーラーをガンガン回すのだろうか? その電気は何処から供給源も未定で、原発再稼動の問題も再燃することが予想される。
 結局盛り上がるのは、オリンピック特需で儲かることが解っている土建屋、不動産関係者だけなのだ。たった2週間の世界の運動会のために4千億円以上使うのは本当に正しいのだろうか?
 開催までの7年もの間、日本の何処にも地震は起こらないか? 17年間で阪神淡路、中越、東日本と大地震が連チャンで起きていることは忘れてはいけない。
 心配性のオッサンがこんな戯言をほざいても屁にもならんことは承知で再び問いたい。「みんなホントにオリンピックを東京で開催するのを望んでいたの?」

(文・編集部)

おすすめ書籍:TOKYOオリンピック物語(小学館)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6