. おばさん的なルックスになってしまう女性と、綺麗なままでいれる女性の差って?:鈴木詩子ダイエット連載16 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]


生活・知恵

おばさん的なルックスになってしまう女性と、綺麗なままでいれる女性の差って?:鈴木詩子ダイエット連載16

2016.11.15(火)


体力のないマンガ家・鈴木詩子が人並みに健康になる予定の連載

絶対にやせる! ダイエット王国
第16回 おばさん的なルックスになってしまう女性と、綺麗なままでいれる女性の差って?

 皆さん、最近調子はどうですか?

 前回、30代半ばを過ぎたら何かしらの努力をしないとヤバい、努力している人としてない人の差がどんどん開いていく、それは私みたいなたいした事ないルックスの女が中途半端な美人くらいだったら追い抜けるチャンスでもあるって事を書きましたが…今回はその続きです。

 30代半ば位から、坂道を転げ落ちるように劣化していわゆるおばさん的なルックスになってしまう女性と、ずっと綺麗なまま…ていうかむしろ若い頃よりコンディション上がってきてるんじゃないの? って仕上がりになる女性の差について考えてみたんですよ。
 例えば2人のスタートが、そこそこモテてきたクラスで中の上レベルの美人だったとするじゃないですか?
で、おばさんになってしまうタイプって結局、自分のモテにあぐらをかいて「私は可愛いから大丈夫」と満足し、何の努力もしないまま30代半ばを迎え、代謝が悪くなりどんどん太ったりむくんだりしていっても…まだそんな自分をなかなか受け入れられず、ちょっとヤバいなと焦りだしても今まで努力してきて無いから運動や食事制限も続かず、更に劣化して体型を隠すような服装をするようになり…ますますモッサリしてしまい、そして徐々に今まで自分よりブスだと下に見ていた女の方がチヤホヤされだして「キー!」となりそんな内面(妬み、嫉み)が顔にも反映してきて、またそのイライラを鎮める為に暴飲暴食をして、身も心も荒んでいくような負のスパイラルにハマってしまっているような気がするんです。

 一方、綺麗な人は自分に満足せず常にもっと美しくなろうと努力や研究をしているし、自分と常に向き合っているので自分に似合うメイクや服装もよく分かっているし、ちょっと太ってきてしまったり肌が荒れてしまっても直ぐに食事制限や運動で調整できる強い意志を持っていて…なんていうか今までの努力の賜物なんですよね。積み重ねが美しさを作っているんだと思うんです。

 私も、遅いスタートになってしまったけど…綺麗な人を見習ってそんなメンタルを身につけたい! 引き続き、ダイエット頑張りたいと思います!!

<隔週火曜連載>

【お知らせ】鈴木詩子のコミックスが映画に!『女ヒエラルキー底辺少女』、DVD好評発売中。ストレイドッグプロモーション(販売元ビクターエンタテインメント)から。セルの他、レンタル店にも出ています。是非ごらんください。
http://books.rakuten.co.jp/rb/14304611/

【鈴木詩子:プロフィール】…(すずきしいこ)漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなアイドルは嗣永桃子。著書に『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)

チヤホヤされたい女子高生・桃子は、いつだって残念な感じだった。でも、そんなのもうイヤ! 立ち上がった桃子の熱い想いは、クラスのみんなに届くのか!?
オススメコミック:『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)/著:鈴木詩子 発売中!
http://books.rakuten.co.jp/rb/6243475/
※書店・ネット書店にてご注文ください。

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160419150700


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6