. 「お風呂で代謝を上げる」は間違いだった!? 健康の常識を再点検 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


生活・知恵

「お風呂で代謝を上げる」は間違いだった!? 健康の常識を再点検

2016.03.29(火)


身体にイイと思ってた健康習慣が逆効果に…

 ストレスが多く、過労も心配な現代社会。どんな人でも、なんとなく健康が気になりますよね。テレビでは「身体にイイ!」「スッキリ!」といった商品が盛んに宣伝され、雑誌や本でも美容や健康に関する話題がしょっちゅう取り上げられています。でも、ちょっと待って。その知識、もしかして間違っているかもしれません。
 以下、「常識」とされているけど、実は間違っている健康知識をあげてみました。

●油は肥満のもと
「油は太る」と言われた原因は、50年代のアメリカで肥満や心臓病の原因が油である、と研究者が言い始めたから。これがなぜかというと、バターや肉が不足した第二次大戦中に、肥満や心臓病が減少したからです。しかし、実はその時期には砂糖も同じように不足していました。今では糖分の過剰摂取が肥満や心臓病の原因と分かっています。

●長時間の半身浴は代謝を上げる
お風呂に入ることで代謝が上がり、ダイエットできる! と思い込んでいる人は多いですよね。でも、代謝を上げることができるのは運動だけ。実際にはあまり長風呂をすると、汗をかきやすくなるなど、ありがたくない体質を促進してしまいます。お風呂は適温で、適度な時間がOK。

●コラーゲンを食べるとお肌がツルツルに
コラーゲンを食べるとお肌がツルツルになると信じられていますが、コラーゲンは体内に吸収されるときにアミノ酸に分解されるので、そのアミノ酸が髪やお肌に使われる保証はありません。お肌が気になる年齢の人なら尚さら、そのアミノ酸は関節などに使われる可能性大。よくタレントなどがコラーゲン鍋やフカヒレを食べて「お肌ツルツル~」と言ってますが、たぶんプラシーボです。

●水をたくさん飲むと血液サラサラになる
水分をたくさん摂っても、血中に入った水分はただ血管を流れて排出されるだけ。コレステロールなどを押し流してくれるわけではありません。もしたんぱく質などが尿から排出されるとしたら、それは「たんぱく尿」という病気。血液サラサラにするには食生活を改善するしかないのです。

●激しい運動はダイエットに効果的
あまりに集中して激しい運動をすると、かえって消化力を落としてしまい、太りやすくなることも。うっすら汗をかくくらいの適度な運動がベスト。

 思い込んでいるけど、意外に違っていた、という通説は多いもの。かえって逆効果になることもあるので、気を付けて。

(文・プル子)写真:reamonn/123RF


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6