. 【穴場】本物の滝を独占しながら温泉につかれる旅館がある! - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



生活・知恵

【穴場】本物の滝を独占しながら温泉につかれる旅館がある!

2015.12.29(火)


デカイ滝を半裸で鑑賞!

 静岡県にある伊豆の河津には、河津七滝の中で最も大きい高さ30m(伊豆最大級)の「大滝」を事実上独占して見ながら温泉に入れるというある意味贅沢な旅館がある。これは滝マニアなら行くべき宿! だが冬はやや空いている! ので、ブッチ編集部ではこの宿をぜひご案内したいのだ。気になるこの宿の名は「天城荘」という。映画「テルマエ・ロマエ」でもロケ地に使われたというから、知っている人は知っているかもしれない。

 よく「滝の流れる浴場」は温泉地のホテルで見るが、ほとんどは人工的なもの、つまりは偽物だ。こちらは天然…というか本物の名瀑(!)しかもしぶきがかかってくるかのうような近距離から、全景の見えるところまでいくつもの露天浴槽があるからスゴイ。残念なことに、現在はこの滝へ至る一般遊歩道が2011年の台風により通れないままの状態となっている。ただし館内の私有地からの道は補修されているため、事実上旅館宿泊・立ち寄り入浴者だけが見ることができる状態だという。

 そのため入浴者以外の人影はまったくなく、ライトアップされた大滝を見上げながらの温浴はプライベート感満点の大迫力。水着着用がルールとなっているが、混浴だ。もっと混んでもいいくらいだが、冬場はオンシーズンではないことから空いてる。外国人観光客も多く訪れるこちら、唯一無二のロケーション。ぬるめの湯もあるため、長時間滝を眺め続けることも可能だ。

 なお、こちらの宿は山奥のため一部携帯電話の接続には難がある。またTOUJI(湯治)風というのを看板に掲げており、布団の上げ下げは基本的にやってくれないこととなっている(※事前に申し込んだ場合はチェックイン時点で敷いた状態にしてくれる)。人とあまり絡みたくない人向けか。客室はやや古めなので、予め理解した状態で伺いたい。予約は楽天トラベルをはじめ通常の宿泊予約サイトで行える。

(文・編集部I)


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6