. 不妊治療、いつから行う? どうしてる? - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


生活・知恵

不妊治療、いつから行う? どうしてる?

2015.12.10(木)


あまり話されないことを可視化

「妊サポ」を運営するゲンナイ製薬は、妊活に関する意識・実態調査を発表した。(2015年11月、1,000サンプル、ネットリサーチ)

 最近は結婚する人も若くないことが多く、つい妊活も後回しにされがち。気が付くと年齢的な問題が近づいている…という人も多い。ましてやこのようなプライベートな事項は共通の話題に上がることもないので、ネットリサーチで情報がわかるのはありがたい。この調査のなかでも当サイトでは気になる不妊治療のところを抜粋してとり上げたい。まず、不妊治療が頭をよぎる時はどのような時か。妊活開始からのタイミングは…。目立つところだけ抜粋すると

1ヶ月後 24.7% 
3ヶ月後 9.8%  (ここまでの累積比率36%)
6ヶ月後 18.9% (同59.6%)
12ヶ月後 13.5% (同76.9%)
3年以上 7.6% (同100%)

(妊活中に不妊治療を行おうと思ったことがある人275名)

 このリサーチによれば妊活開始1ヶ月で約1/4、12ヶ月で3/4が意識、3年以上で全員が意識するということのようだ。 

さらに、どのような不妊治療を受けたかの部分を紹介しよう。

タイミング法 81.7%
排卵誘発剤などの薬物療法 65.6%
人工授精 48.1%
体外受精 36.5%
卵管障害の治療 16.0%
その他 3.1%

(不妊治療を受けたことがある人131名)

 これは、自分がどのくらいの人たちがやっているステージにいるのかがわかっていいリサーチですね。タイミング法が8割強、人工授精は約半数であることがわかります。
 妊活・不妊…あまり考えてないまま年齢を重ねてしまいがちですが、少なくとも妊活については、結婚していい年齢の人は予め情報を得ておくことも必要なのではないでしょうか。この調査の細かい結果レポートは「妊サポ」のサイトにPDFでありますので、気になる人は見てみてはいかがでしょうか。

(ゲンナイ製薬調べ)
(文・編集部)写真:dolgachov / 123RF


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6