. キモカワUSBハブ:毎日「名創優品(MINISO/メイソウ)」生活18 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


生活・知恵

キモカワUSBハブ:毎日「名創優品(MINISO/メイソウ)」生活18

2015.11.28(土)


なにこれキモイ系USBハブはデザイン的には便利

 中国の日本風(ユニクロ&ダイソー的な)雑貨店とも言われている「名創優品(メイソウ)」。ひと昔前は変な日本語グッズと、探してもない謎の住所などでネットではおなじみでした。でも最近調べたら、Wikipediaには「ない」と書かれていた銀座の京屋ビル、ちゃんとありましたよ。そんなWikipedia執筆者だけへのメッセージはさておき、同社は年末までに世界で1,000店舗を目標としており、しかもこちら日本でも東京に進出しているのですが、中国に日本人が持ちがちな偏見、三流イメージを打ち消す意外と侮れない商品が多くあるのですね。そういったものや、面白い奇妙なグッズを紹介していく連載です(都合により昨日はお休みしました)。

 さて、本日ご紹介するのはまたUSB製品!「USB2.0ハブ(HOT USB HUB)」300円+税です。なにやら形状が枝豆のような、芋虫のような…。エロい大人の人が見たら、この丸い凸凹は何か大人のおもちゃと勘違いしかねないような、そんな不思議なデザインのハブです。バスパワーのみで起動する形ですね。

 これ、見た目は異形感半端ないですが、すごくよくできてますよ。USBポートが放射状に間隔が広がってる(しかも飛び出している)ので、抜き差しも楽なのです。

メイソウのUSB2.0ハブ

 写真2では(※)パッケージから出してない状態ですが、案外ありです。こんなキモかわいいUSBハブを使ってるとオフィスでも目立ちそうですね。

 すでに品名にある通りUSB自体は2.0規格となっていますので、それより上のハイスピード転送を要求される製品以外であれば、概ね問題ないでしょう。データ入出力速度は1.5/12/480Mbp(Mbpsの間違い?)と明記されています。

●名創優品はこちら
http://miniso.jp/

(文・編集部I) ※写真2が見えないサイトでごらんの場合は、以下のURLをアドレスバーにコピペしてください。
http://bucchinews.com/life/5488.html


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6