. デザイン性に優れた大容量携帯バッテリー:毎日「名創優品(MINISO/メイソウ)」生活8 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


生活・知恵

デザイン性に優れた大容量携帯バッテリー:毎日「名創優品(MINISO/メイソウ)」生活8

2015.11.14(土)


ケータイを複数回充電!! これは買って損をした感がない!!

 中国から日本に逆輸入されてきた、かつて「日本発」標榜していた中国の雑貨ショップ大手「名創優品(メイソウ)」。全世界では2年で急成長し1000店舗、ですが日本では都内5店舗(あると言われています)止まりと不振気味。かつては日本では中国での展開から「粗悪な類似品の店」ではないかとたたかれる対象でしたが、日本進出後は反省のニュアンスをこめて、品質の向上につとめているといいます。そんな、ネットでは「パクリ」とネタにされ続けているメイソウにも愛すべき商品があるのではないかと、1ヶ月間名創優品の日本では誰も知られていないグッズを「自費で」紹介し続けていくというオンリーワンかつ孤高な連載です。

 さて、携帯電話のバッテリーが切れることが死ぬほどいやな人って多いと思います。そんな方に、大容量バッテリーをご紹介しましょう。
 メイソウの自信作、10000mAhの大容量「モバイルバッテリー(デイリービジネス用」です(1600円+税)。メイソウには他にも8000mAhのものがあり、それも同額。そのため、こちらのほうが容量が多いぶん、なぜか割安となっています。

 計算上であればiPhone6が3.6回程度フル充電されるものとなります。出力はUSB端子(メス)が1.0Aと2.1Aの2つありますので、2台同時充電も可能です(タブレットは2.1A側へ接続したほうがいいでしょう)。

 本体のみでケーブルは付属していません。Androidなら通常充電に利用するUSB-MicroUSBのケーブル1本で、PC・USB充電器等からバッテリーへの充電、バッテリーからモバイル機器への電源供給を兼ねられますが、iPhone等の場合は本体付属のUSB-Lightningケーブルのほか、普段は使わないUSB-MicroUSBケーブルも1本用意しなければなりませんのでちょっと面倒ですね。

 気になる重量は275gでした。ソニーの10000mAhの製品と同じ重量(!)。一流メーカー品でもその重さになると考えると、こちらもさほど重くないということですね。厚みは最近のスマホの2倍くらいありますが、サイズ的にはスマホの半分強程度です。

充電は通電ライトのほか、4段階のLED表示で進捗もわかります。デザインは、角が少なくABS樹脂のマットな感じも頑丈で悪くありません。最近の機種にあるQuickCharge2.0規格等には対応していませんし、ケーブルがないのは面倒かもしれませんが、これは買ってもいいんじゃないでしょうか。製造月が書いてあるのも好感度高めです。僕はしばらくこれを使い続けるつもりです。

●名創優品はこちら
http://miniso.jp/

(文・編集部I)※毎日連載です。明日もお楽しみに。


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6