. 我が子を名門私立小学校に入れるべきか? - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)





生活・知恵

我が子を名門私立小学校に入れるべきか?

2014.09.22(月)


私立校のメリットとデメリット

 近年、私立小学校の増加と私立小学校に通わせる親が増えてきている。平成元年より私立小学校の数は50校ほど増加、入学者数にいたっては約1万5千人増で25%ほどの伸びをみせている。
 その背景には、学力低下やイジメ問題などがあるのだろう。イジメがなく高度な教育を受けられる私立小学校を親が選ぶのも頷ける。

 しかし私立学校は本当にイジメがないのだろうか? 最近では私立学校の神話が崩壊してきている。
 記憶に新しいところだと江角マキコの落書き騒動だ。この江角マキコと長嶋一茂の小競り合いは、同じ学校に通う子供間のイジメが原因だと言われている。
 またこちらは高校だが、大女優の娘が同級生をイジメて停学になったという疑惑も報道された。この騒動はどちらも同じ名門私立一貫校で起きた事件。上流階級の子供が通う学校に、イジメがないというのは幻想なのだ。
 学力を伸ばすという点でも私立は疑問が残る。有名私立小学校は大学までエスカレーター方式であることが多く、このような環境で本当に子供が勉強するだろうか。学力を伸ばしたいのならば、国立の小学校に通わせるのがベストだ。
 また様々な生徒がいる公立の方が、社会性が身に付くとの声もある。さらに、家から近く徒歩で通えるため、体力面でもメリットがある。近所の子供と仲良くなれるというのも、地味ながら大切なことである。

 もちろん私立には質の良い教師や充実した設備など、公立にはない強みが多くある。ネームバリューだけでなく、その学校が本当に良い学校なのか見極める必要がありそうだ。
 子供の一生を左右しかねない学校選び。少なくとも江角マキコのような親とは関わりたくないものだ。

(文・角刈りハーブティー)

オススメDVD:ある日突然に……〜君に「いじめ」は似合わない〜[DVD](株式会社オールイン エンタテインメント)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6