. 格安SIM愛用者がいつも使っている通話用アプリは? - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



ネット・携帯

格安SIM愛用者がいつも使っている通話用アプリは?

2016.06.13(月)


格安SIMユーザーに学ぶ、激安通話のためのスマホアプリ

MMDLabo株式会社が同社が運営するMMD研究所にて、格安SIMの音声通話プランを利用している15歳以上の男女891人を対象に2016年6月3日~6月5日、「格安SIM利用者の音声通話利用に関する調査」が実施した。

それによれば、当サイトではざっくりとした内容となるが、結果としては
「音声通話でよく利用している通話手段」は通常電話の利用が約7割(71.0%)、チャットアプリの通話利用は4割(39.7%)となっている。案外、スマホに入っている通常の電話機能で普通に通話している人が多いことがわかるのだが、この調査のなかで当編集部が着目したのは「通話用アプリ」の利用。対象が格安SIM利用者だけに、シビアに節約に努めているはずで、以下のアプリ上位は、より節約を考える人なら、格安SIMユーザーでなくとも参考になるはず。

・通話で利用しているチャットアプリの上位

「LINE」(チャットアプリ利用者354人の76.8%)、「Skype」(同34.5%)、「Messenger(Facebook)」(同17.2%)、「Facetime」(同15.3%)、「カカオトーク」(同13.6%)の順。

この下に「Viber」や「ハングアウト」が来る。

(編集部注:チャットアプリは基本は文字ベースの会話だが、簡易にインターネットのパケットを利用して低額もしくは無料電話が使えるものが多い。<※一部有償で一般電話網に接続できるサービスがあるものも> 通常の無料会話は互いに同じアプリを入れることが必要で、電話番号ではなくID等で接続する。おまけ的な要素のため、音質は全体に低め)。

・050IP電話アプリの利用率上位

「050 plus」(050IP電話アプリ利用者201人の44.8%)、「SMARTalk」(同25.4%)、「LaLa Call」(同24.9%)、「050Call」(同16.4%)、「050 Free」(同15.4%)。

この下に「BIGLOBEフォン・モバイル」や「ServersMan 050」が来る。 (編集部注:050IP電話とは、050で始まる電話番号がスマホの電話番号とは別に付与されるIP(=インターネット・プロトコル)を利用した電話。一般電話網と接続されており便利。音声は音声回線ではなくデータパケットでやり取りされるため、スマホがデータ契約のみでも通話が可能になる。音声品質はアプリ・回線による)。

・通話割引電話アプリの利用率上位

「楽天でんわ」(通話割引電話アプリ利用者213人の70.0%)、「BIGLOBE電話」(同14.6%)、「みおふぉんダイアル」(同13.6%)、「DMMトーク」(同7.5%)、「通話料いきなり半額」(同7.0%)。

この下に「U-CALL」が来るがあとは「その他/格安SIMサービス会社以外の電話アプリを使用」となり、下位の選択肢はない。全体に楽天でんわの圧倒的なシェアとの差が激しい印象。(編集部注:通話割引電話アプリとは、現状の電話番号のまま、アプリを介して最初に他社の中継回線につなぐことで安くなるもので、電話回線のみの利用のため、音質低下が少ないことが特徴)。

ということで、各ジャンル上位1位のアプリ「LINE」「050 plus」「楽天でんわ」あたりは、これら格安SIMユーザーにとってアンケート対象者以外にも全般的にシェアが高いと推定される。彼らの携帯電話料金を下げる努力に学び、携帯電話代(データではなく通話料金)が現状で高いと嘆いている当サイト読者は必要に応じて各アプリをチェックしてみてほしい。

(文・編集部I MMD研究所調べ)写真:通話割引電話アプリ利用者の7割という高いシェアを持つ「楽天でんわ」アプリ


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6