. 大阪市主催・舞台芸術支援事業『大大阪舞台博覧会2022』が参加アーティストを募集 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



芸能・エンタメ

大阪市主催・舞台芸術支援事業『大大阪舞台博覧会2022』が参加アーティストを募集

2021.09.21(火)


大阪の芸術文化の次世代を担うアーティストへ、活動支援を!

大阪市立芸術創造館は、大阪市主催・舞台芸術支援事業『大大阪舞台博覧会2022』の参加者を募集している。エントリー締め切りは2021年10月31日(日)24時。
開催日は2022年1月15日(土)。

募集団体数は、10団体。応募資格
・大阪市内在住/在勤の方が所属する団体又は個人であること
・大阪市立芸術創造館に用意された舞台、照明、音響を活用して、広く市民が鑑賞できる公演を実施できること
・2022年1月14日(金)に行うリハーサル、及び1月15日(土)に行う公演に参加できること
・大阪市民を対象とした自身の専門分野のワークショップ(90分・対象20人・2022年2月予定)を開講できること(内容は別途選定があり、採択を決定する)
・募集団体数を超えて応募を受け付けた場合、過去に出演したことのない新規団体を優先します

応募作品の条件
・演目は15分前後の短編演劇作品とする
・作品は発表済・未発表は不問。長編の抜粋や試作でも可
・公演終了後、大阪市が記録映像を制作・公開するため、記録映像として全編公開が可能な作品に限る
・原則として素舞台で上演可能なものに限る
・全団体が共通舞台で上演するため、持込の置き道具・音響・照明などに関する制限あり
・置き道具は、上演時間内で設営・転換可能なもののみ使用可
・公演前日(1月14日)に場当たり・リハーサル(1組につき45分目安)を行う
・照明・音響オペレーターは主催者手配の技術スタッフが共通で担当する(出演者側で担当したい場合は事前に要申請)
・感染症対策を遵守して上演可能であること(出演人数、演出内容等)
・コロナ禍の影響によってやむを得ない場合、公演を映像配信等に変更する場合がある

応募は公式サイトのエントリーシートで、以下の必要事項を記入。
【必要事項】:団体名、代表者名、電話番号、メールアドレス、ジャンル/作風、活動歴
【提出資料】:団体PVもしくは過去公演の映像(映像がない場合、画像資料と説明でも可)、団体プロフィール・自己PR、公演概要または出演予定人数等、開講できるワークショップ案

詳細な審査、審査員、スケジュール、特典詳細は当サイトでは紙数の関係で割愛するので、イベントに興味ある大阪のアーティストの方は、公式サイトで必ず詳細を確認のこと。なお、サイトでは昨年の動画等を見ることができる。 

【公式サイト】https://www.artcomplex.net/doh/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6