. 『おちょやん』の脚本と杉咲花の演技が素晴らしいよ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載345 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



芸能・エンタメ

『おちょやん』の脚本と杉咲花の演技が素晴らしいよ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載345

2021.01.14(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

第345回 『おちょやん』の脚本と杉咲花の演技が素晴らしいよ

 コロナ禍の影響で、前作『エール』の放送期間が延びたのを受け、例年より約2か月遅れて、2020年11月30日からスタートした朝の連続テレビ小説『おちょやん』。みなさんはご覧になっているかしら?
『おちょやん』は、「大阪のお母さん」とも呼ばれていた女優・浪花千栄子さんの生涯を題材としたもので、浪花さんをモデルとしたヒロイン・竹井千代を、杉咲花ちゃんが演じているわ。

 比較的現代ものが多かった1990年代~2000年代とは打って変わって、2010年代以降、「関西出身の女性の一代記もの」の比重が高い、NHK大阪放送局制作の朝ドラ。さらに最近は、「裕福な家庭出身の女性の物語」(『あさが来た』『べっぴんさん』『わろてんか』など)か、「ダメ親父に翻弄される、あまり豊かでない家庭出身の女性の物語」(『カーネーション』『スカーレット』など)のどちらかが多いんだけど、今回は後者。史実に基づいているとはいえ、トータス松本さん演じる千代の父・テルヲが、若い女に入れあげて娘を奉公に出したり、博打で作った借金のカタに娘を売り飛ばそうとしたり、歴代朝ドラのダメ親父の中でも、3本の指に余裕で入るくらいのクズっぷりだったわ。演じていたのがトータスさんだったから、まだ愛嬌があったけど、役者さんが違ったら、視聴者から相当憎まれたはず……。

 でもね! ドラマ自体は今のところ、かなり面白いの! 浪花さん自身は、奉公先でも最初に入った劇団でも、相当ひどい目に遭ったらしいんだけど、ドラマではさすがにそこまでの苦労は描かれず、適度にハラハラしながら、楽しく観られる感じ。脚本が、『半沢直樹』などを手がけられた八津弘幸さんゆえか、「千代が、毎週必ず一度はピンチに遭遇しながらも、週末には無事解決し、そこで新たな問題が発生する、あるいは次のステージに向かう」という作りになっていて、定期的にカタルシスを感じながらも、ちゃんと続きが気になるようにできているわ。

 そして、杉咲花ちゃんの安定感。過去に、すでに朝ドラでも大河でも重要な役をこなしている花ちゃんなので、さすがに新鮮味はないものの、安心して観られる感がすごい。今、二階堂ふみちゃんの、紅白での司会の完璧さが話題になってるけど、来年とか再来年あたり、咲ちゃんもソツなくやってのけそう……。

『おちょやん』、視聴率がちょっと伸び悩んでいるらしいけど、今からでも話には十分ついていけるので、興味がある人は、ぜひ観てみて!

<水曜連載>(今回木曜更新)

メイン画像:番組ロゴ

【前売販売開始】エスムラルダ参加ユニット「八方不美人」、キャバレーコザプレゼンツ【オトナの国スペシャル】2021/3/27(土)18:30-21:15 会場:沖縄こどもの国でイベントゲスト出演予定。詳細は、キャバレーコザのtwitterをごらんください。
https://twitter.com/cabaretkozaoki
「ソウゾウするちから~普通ってなんだろう Panasonic×プライドハウス東京レガシー共同企画~」現在、アーカイブを限定公開! Youtubeでどなたでも視聴可能! ぜひごらんください。

https://www.youtube.com/watch?v=o70l2yFJ9uM

デビューミニアルバム「八方不美人」、2ndミニアルバム「二枚目」発売中! 
楽天ブックス特設CD販売ページ
https://books.rakuten.co.jp/artist/100000000837805/

JOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像と「流砂の恋」「罰をくらえ愛で」配信中、Youtubeで大量MV公開!

twitter https://twitter.com/happofubijin
instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/
公式Youtubeチャンネル(登録してね!)

https://www.youtube.com/channel/UCqKkWYmusKHrfmOQtlWYn8Q

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著) 
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/135072


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6